07 Beans and Rice,  36 テックスメックス

Beef Chili Beans

シチュー用の牛肉を小さめに切って、じっくり煮込みます、牛肉の味がそのまま生きたちょっと贅沢なチリです。

Prep: 15 minutes
Cook: 3-4 hours
Serves: 6-8

  • シチュー用牛肉 445 g
  • 玉ねぎ(中) 2
  • ニンニク 2
  • 植物油 大匙 2
  • グリーン 又はレッド パプリカ(中) 1
  • ビール 235 ml
  • チキンブロス 235 ml

    Chicken Broth: 鶏肉をベースにしたブロス(ダシ)で、ブロスの中で最もよく使われる。自宅で手作りするのが大変な場合は、缶詰やパック詰めにされた市販品を使うか、チキンコンソメの素などを好みの濃さに溶かして、利用する。

  • トマト水煮缶(角切り) 405 g
  • トマトペースト 大匙 1
  • ローレル 1
  • オレガノ 小匙 1
  • タイム(乾燥) 1 小匙
  • オニオン パウダー ½ 小匙
  • クミン(粉) 小匙 1
  • カイエンヌ ペッパー 小匙 ½
  • 黒胡椒 小匙 ½
  • 白胡椒 小匙 ½
  • 塩 小匙 1
  • ウースター ソース 

    Worcestershire Sauce: アメリカのウースターソースは、日本のものと比べると濃度と甘味が少なく、香りが強く酸味がきいている。ソースとしてそのまま使うのではなく、料理の味付けに使うことが多い。Lea & Perrins (リーペリン)と呼ばれるイギリス産のソースが、日本で手に入るものととしては最も近い。

  • ブラックビーン(缶詰) 435 g

    Black Beans: ブラジルやキューバなど、中南米でポピュラーな小粒の黒い豆。

  • ピントー ビーンズ(缶詰) 435 g

    Pinto Beans: チリなどのメキシコ料理でよく使われる豆。日本で売られているうずら豆とよく似ているが、味はかなり違う。煮豆に適しているうずら豆はかなり糖分が高く、チリ コン カルネなどに使われるピントービーンズは薄ら豆よりもさっぱりとしてくせがない。

  • 刻んだ青ねぎ、チェダーチーズ、ブラックオリーブなど(適宜) 
  1. 牛肉は1センチ程度の角切りに、玉ねぎとニンニクはみじん切りにする。
  2. 厚手の鍋に植物油とニンニクを入れて熱し、香りがたったら、玉ねぎをいためる、玉ねぎがしんなりしたら、牛肉を加え、牛肉の色が変わるまで炒める。
  3. 2.にビールを加えて混ぜ合わせる。さらにチキンブロスとトマトを加える。トマトペースト、ローレル、スパイス類、塩、ウースターソースを加えて、肉が軟らかくなるまで、弱火で3時間程度煮る。
  4. 3.に豆の缶詰を水気をきって加える。味がなじむまで、さらに一時間程度弱火で煮る。
  5. 好みで、刻んだねぎ、チェダーチーズ、ブラックオリーブなどを添える。
Chicken Broth チキンブロス

Prep: 20 minutes
Cook: 3-4 hours
Serves: 6

  • 鶏一羽 又は骨付きの鶏肉 890 g
  • 玉ねぎ(中) 2
  • 人参(中) 1
  • 葉付セロリ 2
  • パセリ 2
  • ローレル 2
  • ニンニク 3
  • タイム 2
  • 黒胡椒 小匙 ½
  1. 鶏肉の内臓、皮、余計な脂肪を取り除き、適当な大きさに切り分ける。
  2. 玉ねぎはくし切り、にんじんとセロリは適当な大きさの乱切りにする。
  3. 全ての材料を鍋にいれ、材料が十分にかぶるくらいの水を入れる。蓋をしばらく強火にかける。沸騰したら火を弱め、あくと余計な脂分を取り除きながら、蓋をとって弱火で2~3時間程度、煮詰める。
  4. 鶏肉から骨が簡単にとりのぞけるようになったら、火をとめる。鶏肉から骨が簡単にとりのぞけるようになったら、火をとめる。ざるにあけてスープをこす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です