ブラックビーンとキヌアのサラダ
08 Salads and Sides,  36 テックスメックス

Black Bean Quinoa Salad ブラックビーンとキヌアのサラダ

 スーパーフードとして名高いキヌアとブラックビーンを主体とし、メキシコ風のスパイスを効かせたサラダです。キヌアはその栄養価の高さから、世界中で見直されている雑穀の一つですが、最近は日本でも北海道で生産されており、随分と認知が高まってきました。水分をよく吸収するので、ブロスを使って調理すると、美味しさも倍増します。今回はスパイシーなドレッシングに負けないよう、ビーフブロスを使ってみましたが、ブロスを使わないで、水だけで調理しても、おいしくいただけるはずです。

 キヌアの調理の仕方は、ご飯の炊き方によく似ています。まず簡単に洗ったあと、笊にあけて水気を切ります。その後鍋にキヌアとブロスや水を鍋に入れて、軽く塩を加えて強火にかけます。

 沸騰したら弱火にして15分程火を通します。

キヌア

 火がとおったら、蓋をして予熱で5分ほど蒸らします。軽く、フォークなどで全体をほぐしておきます。

 他の材料を用意します。

 全ての材料を混ぜ合わせます。

ブラックビーンとキヌアのサラダ

Prep: 15 minutes
Cook: 12-15 minutes
Serves: 4-6

  • キノア 150 g
  • ビーフブロス 又は 水 320 ml 又は 水 315 ml
  • 塩 小匙 ½
  • ブラックビーン(缶詰) 405 g

    Black Beans: ブラジルやキューバなど、中南米でポピュラーな小粒の黒い豆。

  • コーン(缶詰) 230 g
  • グリーン パプリカ(中) 1
  • トマト(中) 1
  • 香菜 3
  • ニンニク 2

ドレッシング

  • ライム ジュース 475 ml
  • オリーヴ オイル 60 ml
  • 塩 適宜 
  • 黒胡椒 適宜 小匙 ½
  • ガーリック パウダー 小匙 ½
  • レッドペッパー 小匙 ½
  • クミン(粉) 小匙 ½
  1. キヌアを調理する。まずキヌアを洗ってざるにあける。鍋にビーフブロスとキヌア、塩を入れて強火で沸騰するまで火にかける。沸騰したら弱火にし、蓋をして15分くらい火をとおす。火をとめて、蓋をしたまま、5分程度予熱でむらす。
  2. 玉ねぎはみじん切りにする。ブラックビーンとコーンは笊にあけて汁気を切る。ピーマンとトマト、香菜は粗めのみじん切りに、ニンニクは出来るだけ細かいみじん切りにする。
  3. ドレッシングの材料を全てよく混ぜ合わせる。
  4. 食べる直前に全ての材料を合わせる。
Beef Broth ビーフブロス

Prep: 20 minutes
Cook: 3-4 hours
Serves: 6

  • オックステイル 890 g
  • オリーヴ オイル 120 ml
  • 玉ねぎ(中) 1
  • 人参(中) 2
  • 葉付セロリ 2
  • 赤ワイン 235 ml
  • パセリ 2
  • ベイリーフ 3
  • ニンニク 3
  • タイム 小匙 ½
  • 黒胡椒 小匙 ½
  1. オーブンを350F°(180C°)に温める。
  2. オックステイルは余分な油をそぎ落とし、玉ねぎはと人参は適当な大きさに切る。セロリは葉の部分は切り取り、茎の部分だけを乱切りにする。オリーブオイルをしいた鉄板に並べ、オーブンに入れて30分程度表面を焼く。
  3. 2.のオックステールと野菜を深めの鍋にうつす。鉄板に残った油をキッチンペーパーでとる。
  4. 鉄板に赤ワインそそぎながら、こびりついた焦げている部分を木べらで丁寧に取り除く。赤ワインと、セロリの葉、残りの材料を鍋にいれ、材料が十分にかぶるくらいの水を入れる。
  5. 鍋を火にかけて、長時間じっくりと煮込む。オックステールの肉が骨が簡単にとりのぞけるようになったら、火をとめる。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です