05 Poultry and Meats

Chicken Loaf チキンローフ

 アメリカのミートローフは牛ひき肉が主体のものが多いですが、これは鶏ひき肉をベースにしてつくる、イタリア風のチキンローフです。今回はレッドパプリカを使っていますが、野菜はあるものでいいと思います。たくさんのチーズとハーブがはいるので、かなり濃厚な味になります。チーズはぜひナチュラルチーズを使って下さい。ミートローフと同様に、焼きあがったら15分程度は冷ましてから切り分けるようにするのがポイントです。

Prep: 20 minutes
Bake: 60-65 minutes
Makes: 1 loaf

  • 鶏挽肉 670 g
  • 玉ねぎ(中) 1
  • レッド パプリカ(中) 1
  • セロリ(中) 1
  • オリーヴ オイル 大匙 2
  • 卵 1
  • ケチャップ 大匙 2
  • ウースター ソース 大匙 1

    Worcestershire Sauce: アメリカのウースターソースは、日本のものと比べると濃度と甘味が少なく、香りが強く酸味がきいている。ソースとしてそのまま使うのではなく、料理の味付けに使うことが多い。Lea & Perrins (リーペリン)と呼ばれるイギリス産のソースが、日本で手に入るものととしては最も近い。

  • ディジョン マスタード 小匙 1

    Dijon Mustard: 酸味が強いフランス風のマスタード。黒いマスタード シードを原料にしている。サラダのドレッシングに加えられることが多い。

  • パルメジャーノチーズ(摩り下ろす) 50g

    Parmigiano Reggiano: ハードタイプのイタリアのチーズ。摩り下ろしてパスタに添えるたり、用途は幅広い。

  • チーズ(細かくしたもの) 75 g
  • パン粉 50g
  • 黒胡椒 小匙 1 ½
  • 塩 小匙 1
  • オレガノ 小匙 ½
  • タイム(乾燥) 小匙 ½
  1. オーブンを350F°(180C°)に温める。
  2. 玉ねぎとセロリ、パプリカを微塵切りにする。
  3. フライパンでオリーブオイルを熱し、2.の野菜を軽くいためる。
  4. 鶏挽肉と炒めた野菜、その他の全て材料をボールに入れて手でよく混ぜ合わせる。
  5. 5.をバターを塗ったローフ型に入れて、温めておいたオーブンで、中まで火が通るまで50分程度焼く。焼きあがったら、オーブンの中で15分以上冷ます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です