ココナッツマカルーン
15 Brownies and Cookies

Coconut Macaroons ココナッツマカルーン

マカロンと言えば、フランス式のサンドウィッチクッキーを思いうかべる人が多いですが、アメリカのマカロンは、マカルーン(macaroon)と呼ばれ、ココナッツを使ったメレンゲを使ったクッキーです。そのままでも美味しいですが、チョコレートをトッピングすることもよくあります。アメリカでも、French Macaronはとてもポピュラーなクッキーですが、アメリカのココナッツマカルーンとは区別されています。

マカルーン(macaroon)もフランスのマカロン(macaron)も、イタリアのmaccarone が語源と考えられています。(wiki) 形は違いますが、どちらも、メレンゲをベースにした、ナッツが入ったクッキーです。アメリカのマカルーンがココナッツを使うのは、プエルトリコなど、中南米の影響を受けているからと考えられます。

ココナッツマカルーン

ココナッツマカルーンは、シンプルな材料で作るので、とても簡単にできます。最初に卵白を泡立てて、メレンゲを作ります。

ココナッツマカロン

メレンゲと、コンデンスミルク(加糖)とココナッツフレークを混ぜ合わせます。

ココナッツマカルーン

スプーンなどを使って、ベーキングシートなどを敷いた鉄板に、生地を丸く形成しながら並べていきます。片手を水に濡らしながら、少し押しつぶすようにしていくと上手くいきます。摂氏160度のオーブンで、15分程度焼けば完成です。焼き上がりは崩れやすので、鉄板の上で少し冷ましてから、クッキーを移動させるようにします。

ココナッツマカロン
【 材料 20-30 個分
  • 卵白 3
  • クリームオブタータ 小匙 ¼

    Cream of Tartar: ワインを作った後に残る酸から作った安定材。メレンゲに加えると型崩れし難くなる。

  • ココナッツ フレーク 240 g
  • コンデンス ミルク(加糖) 175 g
【 作り方 】
  1. メレンゲを作る。砂糖を2,3回に分けて加えながら、卵白をしっかり泡立てる。最後にクリームオブタータを加える。
  2. 1.にコンデンスミルクとココナッツフレークを入れて混ぜ合わせる。
  3. オーブンを摂氏160度に温める。
  4. 鉄板にクッキーシートを敷く。一つ一つの間隔を十分にとりながら、生地を小匙山盛り1杯程度とり、円形に形成しながら、鉄板に生地を並べる。
  5. 温めておいたオーブンで、10分から15分程度、軽く焦げ目がつくまで焼く。焼き上がりは崩れやすいので、鉄板の上でそのままおいて冷ます。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です