05 肉料理

Jamaican Jerk Chicken ジャマイカンジャークチキン

西インド諸島のジャマイカの名物料理、ジャークチキン (jerk chicken) です。地理的にも近く、ジャマイカからの移民も多いので、アメリカでもジャマイカ料理はかなり人気です。ジャマイカの料理は、スペインと西アフリカからの文化の影響を受けている点など、アメリカ南部の料理とも共通点も多いです。さらにジャマイカは、19世紀、イギリスの植民地を経由して、多くのインド人の労働者が移住してきたため、インドの食文化を受けており、スパイスの使い方に特徴があります。とくに、オールスパイスは、ジャマイカ料理にかかせないものになっており、アメリカではオールスパイスのことを、ジャマイカンペッパーと呼ぶこともあります。

ジャークチキンは、オールスパイスやニンニクや玉ねぎなどをペースト状にした、ジャークソースをマリネして、グリルしたものです。チキンが最もよく使われますが、ビーフやマトン、様々な野菜もジャークソースで味付けして、グリルします。ジャーク (jerk) の語源は、細切りにした肉を意味するスペイン語で、ビーフジャーキー (beef jerky) のジャーキーも同じ語源です。最近のレシピでは、醤油を加えて作るものが多いです。

ジャークソースの材料は、比較的日本でも手に入りやすいものが多いので、作りやすいです。ジャマイカでは、スコッチボネットペッパー (Scotch bonnet peppers) と言う丸い形をした唐辛子をよく使いますが、これは、青唐辛子や鷹の爪で代用するといいでしょう。その他、ライムの果汁、タイム、青ネギ、玉ねぎ、ニンニク、ショウガなどを使います。ジャークソースは、ソースの材料が多いので、色々な食材が混ざり合って、かなり複雑な味付けになりますが、スパイシーな料理が好きな人には、食べやすいと思います。

ソースの材料を全て、ミキサーに入れます。野菜やハーブ、スパイスの他に、ライムの果汁、植物油、モラセス、醤油を加えます。モラセスの代わりに、黒砂糖や三温糖でも大丈夫です。水分が少ないと攪拌しにくいので、少量の水を加えて調節します。

全体がペースト状になれば、OKです。

鶏肉にジャークソースをなじませるようにして、冷蔵庫で6時間程度ねかせてマリネします。鶏肉は、好きな部位を使うといいと思います。

バーベキューをするときなどは、グリルで鶏肉を焼きます。今回は、鉄板に並べて、オーブンで仕上げています。摂氏180度に温めたオーブンで、鶏肉に火が通るまで、45分程度焼きます。

くし型に切ったライムを添えて、青ネギの微塵切りをトッピングします。

Jamaican Jerk Chicken ジャマイカンジャークチキン
準備時間 : 30分
加熱時間 :摂氏 180度のオーブンで 45分
冷却時間 :6時間
難易度★★☆
【 材料 4 人前 】
鶏肉 (骨付き) ———————- 900 g

マリネ液
ニンニク —————————— 1 片
生姜 (薄切り) ———————- 2 枚
玉ねぎ (小) ————————– ¼ 個
タイムの葉 ————————— 3 枝
青ねぎ (微塵切り) ————– 大匙 2
オールスパイス (粉) ———- 大匙 1
赤唐辛子 (鷹の爪) ————– 1 本
黒胡椒 ———————————- 小匙 ½
—————————————- 小匙 1
モラセス —————————— 大匙 1
醤油 ————————————– 小匙 2
ライムの果汁 ———————— 大匙 1
植物油 ———————————- 60 ml
【 作り方 】
マリネ液の材料をミキサーに入れる。水分が少ないようだったら、水を少量加えて、全体がペースト状になるまで、攪拌する。
鶏肉に のマリネ液をよく練りこむようにしてまぶす。ラップをして、冷蔵庫で6時間程度ねかす。
オーブンを摂氏180度に温める。
ベーキングディッシュや鉄板に の鶏肉を並べる。
温めておいたオーブンで鶏肉を45分程度、表面に軽く焦げ目がついて、中まで火が通るまで焼く。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。