21 ドリンク,  40 アメリカ南部料理

Brazilian Lemonade ブラジリアンレモネード

練乳を入れて作る、クリーミーな爽やかさが特徴的な、ブラジル風のレモネードです。レモネード (lemonade) とアメリカでは呼ばれていますが、ブラジルではレモンは一般的ではないので、使われるのはライムです。正確には、ライムエード (limeades) と呼ぶべきかもしれませんが、慣習的に レモネード と呼ばれています。もともとブラジルでは、スイスレモネード (Swiss Lemonade) と呼ばれているそうです。スイスのブランド、ネッスル社のコンデンスミルクが、幅広く使われていることに由来があるようです。実際に、ライムやレモンのような酸味が強い柑橘系の果物を、厳密に区別することは、現実的でなないのかもしれません。一説には、lime の語源はポルトガル語のレモンを意味する limão だとされています。

コンデンスミルクを入れることの他に、このレモネード (ライムエード) の作る方の特徴は、果物の皮を最大限いかして作ることです。従って、出来れば、皮まで安心して食べれるものを使った方がいいと思います。残念ながら、国産のライムを入手することはなかなか難しいので、ライムの代わりにカボスやシークワーサーを利用してみるのもお薦めです。

皮の農薬が気になる場合は、重曹を少量溶かした熱湯で、一度皮ごと丁寧に洗うといいそうです。実際に落ちているのかどうかはわかりませんが、熱湯で洗っても、果物の風味が落ちることはないので、やってみる価値はあります。

ライムは少量を飾り用にスライスしておきます。

残りは、ミキサーにかけるので、一口大程度に切っておきます。

ミキサーに、刻んだライム、砂糖、かぶるくらいの水を入れます。完全に粉砕するのではなく、ほんの数秒間だけミキサーにかけて、ライムの香りをたたせるようにします。ミキサーにかけすぎると、皮の苦みが強くなってしまうので、注意してください。

果実を笊でこして、ライムの香りが移った水分だけを利用します。

練乳を加えて、混ぜ合わせます。飾り用のライムも加えます。

氷と水を加えて、好みの濃さに調節します。

Brazilian Lemonade ブラジリアンレモネード
準備時間 : 15分
加熱時間 :ガスコンロの上で10-15分
難易度★☆☆
【 材料 2 人前 】
ライム ———————————- 2 個
砂糖 ————————————– 50 g
コンデンスミルク (加糖) —– 80 ml
—————————————- 適宜
—————————————- 適宜
【 作り方 】
ライムは飾り用に、少量を薄切りにする。残りはミキサーにかけやすいように、大きめの角切りにする。
角切りにしたライムと砂糖、ライムがかぶるくらいの水をミキサーに入れて、数秒間だけ攪拌する。笊でこして、ライムを取り除く。
のライムジュースとコンデンスミルクをグラスに入れてかき混ぜる。飾り用のライムと、氷と水を入れて、好みの濃さに調節する。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。