05 肉料理,  30 アメリカ料理

Meatloaf ミートローフ

ミートローフは、ひき肉をローフ型などに入れて、オーブンで焼いた料理です。作り方は、日本のハンバーグに似ていますが、ハンバーグよりも簡単で、失敗も少なく、見た目も華やかです。ポットラックなどの、カジュアルな集まりで、誰かが必ずもってくる、と言ってもよいほど、ポピュラーな料理です。最近のレシピでは、表面にケッチャプをベースにしたソースをコーティングするものが多いです。好みで、ミートローフにベーコンをトッピングすることもあります。残ったミートローフは、スライスして、サンドイッチなどにも使えるので、応用範囲も広い料理法です。

今日アメリカで主流なミートローフは、牛ひき肉を使い、玉ねぎやパピリカなどの野菜を刻んで入れてものが多いです。その他、鶏肉やターキーのひき肉をつかったり、ベジタリアン用に豆類などを使う、ミートローフもあります。

牛ひき肉が手に入らない場合は、合いびき肉でもいいと思います。または、牛モモ肉などの塊肉を、フードプロセッサーで挽いて使うこともできます。

牛挽肉

ミートローフ用のソースを作ります。BBQソースと同様に、ケッチャプをベースに、マスタード、モラセス、りんご酢などを加えて作ります。ソースの材料を鍋に入れて中火にかけ、時々かき混ぜながら、火を通しえて、バターが溶けたら出来上がりです。

つなぎには、フランスパンや食パンなどを、細かくして牛乳に浸してから使います。牛乳に浸したパンに、作ったソースを大匙2杯程度、卵、塩、黒胡椒、ガーリックパウダーを加えて軽く混ぜます。

牛ひき肉に、微塵切りにした玉ねぎ、摩り下ろしたニンニク、微塵切りにしたピーマンとイタリアンパセリなどのハーブを加えます。

パン粉と牛乳、卵、ソースなど加えます。

全体をしっかりと混ぜ合わせます。

ミートローフは、ローフ型に入れて焼いてもよいですが、最近のレシピの傾向は、ローフ型に入れないで、ベーキングディッシュなどの上で、俵型に形成させるものが多いです。ローフ型を使わないメリットとしては、肉の余分な脂肪分が外に流れ出るので、さっぱりと仕上がり、つなぎの量が少なくても、型崩れしにくくなります。逆に、肉汁をできるだけ閉じ込めて、しっとりと焼き上げたい、というようなときは、ローフ型に入れるといいでしょう。

摂氏180度に温めたオーブンで、表面に火が通るまで、40分程度焼きます。一度取り出して、ソースを表面に刷毛で塗ります。

さらに10分程度焼いて、中までしっかりと火を通します。肉用の温度計を使って、摂氏71度になるのが目安です。

器に打ちして、刻んだパセリを散らして、出来上がりです。焼き上がりは、肉汁が外に流れやすく型崩れしやすいので、焼き上がってから、10分以上おいてから、切り分けます。

Meatloaf ミートローフ
準備時間 : 20分
加熱時間 :摂氏 180度のオーブンで 55-60分
難易度★★☆
【 材料 4-6 人前 】
牛ひき肉 —————————— 670 g
フランスパン 又は食パン —– 60 g
牛乳 ————————————– 120 ml
オリーブオイル ——————- 大匙 1
玉ねぎ (中) ————————– 1 個
ニンニク —————————— 1 片
ピーマン —————————— 3 個
—————————————- 1 個
黒胡椒 ———————————- 小匙 1/2
ガーリックパウダー ———— 小匙 1/2
—————————————- 小匙 ½
フレッシュハーブ、イタリアンパセリ、香菜、青ネギなど(微塵切り) 大匙 2

ソース
ケチャップ ————————— 120 ml
ディジョンマスタード ——– 小匙 2
ウースターソース —————- 大匙 1
モラセス —————————— 大匙 1
三温糖 ———————————- 小匙 2
バター ———————————- 大匙 1
ガーリックパウダー ———— 小匙 1
黒胡椒 ———————————- 小匙 1
【 作り方 】
オーブンを摂氏180度に温める。
パンを細かくちぎり、牛乳にひたしてふやかす。
ニンニクはおろし金で摩り下ろす。玉ねぎ、ピーマン、ハーブを微塵切りにする。
ソースを作る。鍋にソースの材料を中火にかける。かき混ぜながら、バターが溶けるまで火を通す。
ひき肉、 の野菜、 のパン粉と牛乳、卵、塩、スパイス、4. のソースを大匙2杯程度をボールに入れて、よくまぜあわせる。
をベーキングディッシュや鉄板にのせて、俵型に形成する。温めておいたオーブンで、40分程度焼く。表面に火が通ったら、一度取り出して、 のソースを表面に刷毛で塗る。再度オーブンに入れて、中まで火がを通るまで、さらに10分程度焼く。
表面に刻んだパセリを散らす。15分以上おいてから、切り分ける。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。