ブレッドプディング
14 Cobblers, Crumble, and Puddings,  30 アメリカ南部料理

Bread Pudding ブレッドプッディング

日本ではパンプディングと呼ばれている、残ったパンをカスタード液につけて焼いたお菓子のことを、アメリカではブレッドプッディング (bread pudding) と呼びます。作り方は、ほとんど同じですが、アメリカのブレッドプディングは、日本のパンプディングに比べると、パンを少し長めにカスタード液に浸して、パンの原型が残らないくらいにして、焼くことが多いような気がします。様々なフルーツやナッツをたっぷりと入れるので、ちょっとしたディナーのデザートにも十分に通用するくらいに、豪華な一品になります。

そのままでも十分美味しいですが、今回はピーカンを使った、アメリカ南部式のプラリネソースを添えています。このアメリカ式のプラリネソースは、とても簡単に作れるので、覚えておくと便利なソースです。

ブレッドプディング

最初にカスタード液を作ります。卵、牛乳、シナモン、ナツメグ、三温糖、バニラエキストラクトを入れて混ぜ合わせます。バニラエキストラクトは、入れなくても構いません。

ブレッドプディング
ブレッドプディング

パンを準備します。食パン、フランスパン、ブリオッシュなど、パンの種類は何でもいいです。古くなって乾燥したパンの方が、カスタード液を吸収しやすく、美味しいブレッドプディングが作れます。

ブレッドプディング

カスタード液にパンを入れて、30程度をおいて、よくカスタード液を吸収させます。

ブレッドプディング

他の材料を準備します。レーズンはお湯に浸してふやかしてから、水気をきっておきます。缶詰の黄桃は水気を切ってから、角切りにします。ナッツは粗目の微塵切りにします。材料は基本的に手元にあるものを臨機応変に使うことができます。フルーツは、缶詰のパイナップルやチェリーなどを使ってもいいし、フレッシュな林檎や苺、ベリーなどでもいいです。ドライフルーツはクランベリーや無花果などでも同様に使えます。ナッツも、胡桃、ピーカン、アーモンドなど、好みのものを組み合わせるといいでしょう。

ブレッドプディング

全ての材料を軽く混ぜ合わせます。

軽くバターを塗った耐熱の容器に、生地を流し入れます。

ブレッドプディング

摂氏180度に温めたオーブンで、45分程度、軽く表面に焦げ目がつく程度に焼きます。

ブレッドプディング

プラリネソースを作ります。無塩バター、生クリーム、三温糖、モラセスを鍋にいれて、中火にかけます。モラセスがない場合は、三温糖の代わりに、黒砂糖を使ういいと思います。

ブレッドプディング

バターが溶けたら、ウイスキーを入れて、アルコールを飛ばしまて火を止めます。ウイスキーの代わりに、ラム酒やブランデーを使ってもいいし、もちろん入れなくても構いません。

ブレッドプディング

軽くトーストして微塵切りにした、ピーカンを加えて、軽く混ぜ合わせれば出来上がりです。プラリネソースは、パンケーキやチーズケーキ、フレンチトースト、アイスクリームなどに添えても絶品です。

ブレッドプディング
【 材料 9-inch (23 cm) スクエアベーキングディッシュ
  • 卵 4
  • 三温糖 45 g
  • 牛乳 535 ml
  • バニラ エクストラクト 小匙 1
  • シナモン(粉) 小匙 1
  • ナツメグ(粉) 小匙 ¼
  • フランスパン、ブリオッシュ、食パンなど 200 g
  • 干し葡萄 大匙 4
  • 黄桃(缶詰 425g) 1
  • ナッツ(ピーカン、胡桃、アーモンドなど) 60 g
  • ピーカンプラリネソース 235 ml
【 作り方 】
  1. 大きめのボールに卵を割り、牛乳、三温糖、バニラエクストラクト、シナモン、ナツメグを加え、よく混ぜ合わせる。
  2. パンを1.5センチ程度の角切りにしてから、2.のボールに入れる。30分程度おいて、よく卵液を吸収させる。
  3. オーブンを摂氏180度に温める。
  4. レーズンはお湯に浸してふやかしておく。缶詰の黄桃は水気をきって、角切りにする。ナッツは粗い微塵切にする。
  5. 4. のレーズン、ナッツ、缶詰の黄桃を2. の卵液に加えて、軽く混ぜ合わせる。
  6. 焼型にバター(分量外)を塗り、5. の生地を流しいれる。
  7. 温めておいたオーブンで、45分程度、表面に焦げ目がつき、中まで火が通るまで焼く。
Pecan Praline Sauce ピーカンプラリネソース
  • ピーカン 50 g

    Pecans: アメリカ南部に広く自生している、ピーカンパイをはじめ、南部料理に幅広く利用されているナッツ。味は胡桃に似ているが、胡桃よりはややさっぱりとしている。

  • 無塩バター 55 g
  • 三温糖 45 g
  • モラセス 大匙 1

    Molasses: 砂糖を精製するときに出来るシロップ。非常に濃い黒蜜のようなシロップ。

  • 生クリーム 60 ml
  • バーボンウイスキー 小匙 2
【 作り方 】
  1. ピーカンは粗い微塵切りにして、軽く乾煎りしておく。
  2. 無塩バター、三温糖、モラセス、生クリームを鍋に入れて。中火にかける。バターが溶けて沸騰してきたら、ウイスキー入れて、アルコールを飛ばしてから、火を消す。
  3. 1. のピーカンをソースに加えて、軽くかき混ぜる。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です