ブレッドプディング
22 ソースと調味料,  41 ケイジャンとクレオール

Pecan Praline Sauce ピーカンプラリネソース

プラリネ (praline) は、アーモンドやヘーゼルナッツに砂糖をキャラメル状にして絡めたキャンディーのようなフランスのお菓子です。フランスからの入植者とともに、アメリカのニューオリオンズにもたらされたプラリネは、ミルクや黒砂糖を使って、より簡単に作れるアメリカ式のプラリネとして定着しました。プラリネという発音は、ドイツ語がもとになっているので、英語ではプラリーンと発音します。(さらにアメリカ南部の英語は訛っているので、パララインと私の耳には聞こえます。ここでは、より日本語として馴染みのある言い方にしたいので、プラリネと呼ぶことにします。)アーモンドやヘーゼルナッツの代わりに、アメリカ南部原産のピーカンを使った、ピーカンプラリネは、とてもポピュラーなアメリカ南部のお菓子になりました。

このピーカンプラリネをソースにしたのが、ピーカンプラリネソースです。一見すると、キャラメルソースと変わらないように見えますが、砂糖を焦がすようなことはせず、黒砂糖や生クリームなどの乳製品を使って作ります。アイスクリームやパンケーキ、ブレッドプディングやチーズケーキのかけると、あっという間に南部風のデザートに様変わりします。

ブレッドプディング

砂糖に熱を加えて、キャラメルソースを作るのは、タイミングを見極める必要がり、少し難しいのですが、アメリカ式のプラリネソースは、材料を加えて、混ぜるだけなので、とても簡単にできます。

まず、ピーカンは粗い微塵切りにします。フライパンに乾煎りするか、オーブントースターで軽くローストしておくと、風味が増します。

無塩バター、生クリーム、三温糖、モラセスを鍋にいれて、中火にかけます。モラセスがない場合は、三温糖の代わりに、黒砂糖を使うと、濃厚な仕上がりになります。焦げないようにかき混ぜながら、バターを溶かします。

ブレッドプディング

バターがとけて、軽く沸騰してきたら、バーボンウイスキーを加えます。もちろん、それ以外のウイスキーやラム酒、ブランデーなどのお酒でも構わないし、お酒は入れなくても構いません。お酒のアルコールを飛ばしたら、火を止め、ピーカンを加えて軽く混ぜ合わせれば出来上がりです。

ブレッドプディング
Pecan Praline Sauce ピーカンプラリネソース
準備時間 : 10分
調理時間 :ガスコンロの上で5分
難易度★★☆
【 材料 235 ml 】
ピーカン —————————— 50 g
無塩バター ————————— 55 g
三温糖 ———————————- 45 g
モラセス —————————— 大匙 1
生クリーム ————————— 60 ml
バーボンウイスキー ———— 小匙 2
【 作り方 】
ピーカンは粗い微塵切りにして、軽く乾煎りしておく。
無塩バター、三温糖、モラセス、生クリームを鍋に入れて。中火にかける。バターが溶けて沸騰してきたら、ウイスキー入れて、アルコールを飛ばしてから、火を消す。
のピーカンをソースに加えて、軽くかき混ぜる。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。