チーズビスケット
11 Biscuits and Scones,  30 アメリカ南部料理

Cheese Biscuits チーズビスケット

バターミルクを使って、ふっくらと焼き上げるアメリカ南部風のビスケットを、チーズとフレッシュなハーブを加えて焼きあげました。実際には、バターミルクではなくて、ヨーグルトを使っていますが、ヨーグルトはバターミルクと同じように、重曹の働きを促進させて、生地をふっくらとしあげることができます。出来上がりも、バターミルクで作った場合に比べても、劣りません。

チーズビスケット

作り方は、通常のビスケットや、パイ生地を作るときと同じように、まずバターやラードなどの油脂類を、小麦粉に練りこんでいきます。ボールに、小麦粉とベーキングパウダー、重曹、塩を入れて。軽く混ぜ合わせた後、バターやラード、又はショートニングを入れます。

チーズビスケット

泡立て器やマッシャーなどをつかって、油脂を小麦粉に練りこみます。バターの塊がなくなって、全体がパサパサした感じになればOKです。

チーズビスケット

微塵切りにしたイタリアンパセリと青唐辛子、細かくしたチーズを加えて、全体を混ぜます。ハーブもチーズも、好みのものを自由に組み合わせて入れるといいと思います。青唐辛子は、いれなくても構いません。イタリアンパセリのかわりに、青ネギやディル、タイムやオレガノなどでもいいです。チーズは、アメリカではチェダーチーズがポピュラーですが、モッツアレラチーズやゴーダチーズなどでもいいです。ただし、乳化剤の入った、ピザ用チーズなど、プロセスチーズはお勧めしません。

チーズビスケット

別のボールで、プレーンヨーグルトと牛乳を混ぜ合わせてから、生地に少しずつ加えていきます。全体に粉っぽさがなくなって、一つにまとまったらOKです。あまり捏ねすぎないように注意します。

チーズビスケット

打ち粉をした調理台で、生地を平たくのばしていきます。

チーズビスケット

1.5センチ程度の厚さにのばしたら、粉をふった型抜きでくりぬきます。

チーズビスケット

ベーキングシートなどを敷いた、鉄板に上に、間隔をあけて並べます。摂氏210度に温めたオーブンで、15分程度、軽く焦げ目がつくまで焼きます。

チーズビスケット
チーズビスケット

焼き上がったら、ラックの上で冷まします。

チーズビスケット
【 材料 8-12 個分
  • 薄力粉 260 g
  • ベーキングパウダー 小匙 3
  • 重曹 小匙 ½
  • 塩 小匙 ¼
  • バター 大匙 3
  • ショートニング又は ラード 大匙 2
  • チーズ(細かくしたもの) 115 g
  • ハラペーノ(青唐辛子) 1

    Jalapeno: “世界一辛い唐辛子”などといわれることがあるが、種をのぞけば、実際はそれほど辛くない。青いものと赤いものとがあり、清涼感のある青ハラペーニョが好んで使われることが多い。日本で手に入る青唐辛子を必要に応じて代用するとよいだろう。

  • イタリアンパセリ 4
  • プレーンヨーグルト 60 ml
  • 牛乳 120 ml
【 作り方 】
  1. 青唐辛子は、種を取り除いて、細かい微塵切りにする。イタリアンパセリも、葉の部分を中心に細かい微塵切りにする。
  2. 小麦粉、ベーキングパウダー、重曹、塩、をよくまぜあわせる.
  3. 2. の粉類と細かく刻んだバター、ショートニングを生地がしっとりした感じになるまでよく混ぜ合わせる。
  4. 細かく摩り下ろしたチーズと刻んたハーブと青唐辛子を加え、よく混ぜ合わせる。
  5. オーブンを摂氏210度に温める。
  6. 牛乳とヨーグルトとよく混ぜ合わせて、3.の生地に加え、軽く混ぜ合わせてひとつにまとめる。
  7. 生地を1.5センチ程度の厚さにのばした後、粉をつけたビスケット型でくりぬくか、好みの大きさに切る。
  8. ベーキング用のシートを敷いた鉄板に並べ、軽く焦げ目が付くまで、12分~15分焼く。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です