11 Biscuits and Scones

Salted Caramel Apple Scones 塩キャラメルのアップルスコーン

林檎を加えて焼いたスコーンに、塩味をきかせたキャラメルソースをトッピングしました。林檎はアメリカでも最も手軽なフルーツの一つなので、林檎を使ったベーキングのレシピは無限にあります。林檎が入ったスコーンというのは、それほど一般的な組み合わせではありませんが、林檎のフレッシュな甘酸っぱさがアクセントになって、とてもよく合います。アイシングなどのトッピングは省力しても全く問題ありませんが、このようなキャラメルソースを加えると、ぐっとおしゃれなスコーンになります。キャラメルソースは、本来は温度調整が難しいのですが、このレシピはアメリカ式のキャラメルソースなので、実はとても簡単です。

スコーンの作り方は、最初に粉類を混ぜ合わせることから始めます。小麦粉、三温糖、シナモン、ベーキングパウダー、塩をボールに入れて、全体を軽く混ぜ合わせます。

続いて、細かく切った無塩バターを、粉類に練りこんでいくようにして、混ぜ合わせます。

バターの塊がなくなって、全体がパサパサとしたような感じになれば、OKです。

少し小さめのいちょう切りにした林檎を加えて、混ぜ合わせます。

別の器に、卵と牛乳を入れて、軽く混ぜ合わせます。

粉類を入れたボールに、卵液を加えて、生地を一つにまとめます。

粉っぽさがなくなればOKです。

生地を大きめのラップにくるんで、一つにまとめます。

直径20センチ程度の、円盤状に成形します。

よく切れる包丁で、生地を放射状に8等分します。

ベーキングシートを敷いた鉄板に、均等にスコーンを並べます。摂氏200度に温めたオーブンで、20分程度、軽く表面に焦げ目がつくまで焼きます。

焼き上がったら、ラックの上にのせて、冷ましておきます。

キャラメルソースを作ります。鍋に無塩バター、三温糖を入れて、中火にかけます。バターがとけたら、牛乳を加えて、時々かき混ぜながら、キャラメル状になるまで煮詰めます。

とろっとした感じになればOKです。最後に塩を加えます。塩は質のよいものを使って下さい。

キャラメルソースとスコーンが十分に冷めてから、キャラメルをスプーンでスコーンに垂らすようにして、トッピングします。

【 材料 8 個分
  • 薄力粉 300 g 又は 中力粉 280 g
  • 砂糖 大匙 2
  • ベーキングパウダー 小匙 2
  • 塩 小匙 ¼
  • シナモン(粉) 小匙 1
  • 無塩バター 大匙 75 g
  • りんご(中) 1
  • 牛乳 80 ml
  • 卵 1

塩キャラメルグレーズ

  • 無塩バター 大匙 3
  • 三温糖 大匙 3
  • 牛乳 60 ml
  • 塩 小匙 ¼
【 作り方 】
  1. 小麦粉、ベーキングパウダー、三温糖、シナモン、塩をよくまぜあわせる。
  2. 1. の粉類と細かく刻んだバターを、生地がしっとりした感じになるまでよく混ぜ合わせる。
  3. 林檎を小さめのいちょう切りにして、1. の粉類に混ぜ合わせる。
  4. オーブンを摂氏200度に温める。
  5. 別の器に、牛乳と卵を入れて混ぜ合わせた後、3. の生地に加える。粉ぽっさがなくなるまで、生地をさっくりと混ぜ合わせる、
  6. 5. の生地をラップにはさんで、直径約20センチ程度の円形に成形した後、よく切れる包丁で、放射状に8等分にする。
  7. 6. をベーキング用の紙を敷いた鉄板に並べ、軽く焦げ目が付くまで、15分~20分焼く。
  8. キャラメルグレーズを作る。鍋に無塩バター、三温糖を入れて、中火にかける。バターがとけたら、牛乳を加えて、時々かき混ぜながら、キャラメル状になるまで煮詰める。最後に塩を加える。
  9. 焼き上がったらスコーンは、ラックの上で冷ましておく。
  10. キャラメルとスコーンが十分に冷めたら、キャラメルをスコーンの上に少しずつ垂らすようにして、トッピングする。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です