13 ビスケットとスコーン,  45 アメリカ南部のお菓子

Coconut Lime Scones ココナッツライムスコーン

ココナッツを加えた生地に、ライムの香りをきかせて焼いた、ココナッツライムスコーンです。サクサクとしてココナッツの歯ごたえと、ライムの爽やかさがよくあいます。スコーンの生地の砂糖の量は控えているので、アイシングが甘さのアクセントになっています。基本的な作り方は、一般的なアメリカ式のスコーンと同じです。加える具材によって、さまざまなバリエーションが気楽に楽しめるのが、アメリカ式のスコーンのよいところです。

最初に、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーをボールに入れて、混ぜ合わせます。小麦粉は、薄力粉でも中力粉でもOKです。砂糖や小麦粉の塊がなくなるようするのが、ポイントです。

細かく切った無塩バターを、泡立て器などを使って、粉類に練りこんでいきます。バターの塊がなくなって、パサパサとした感じになったら、OKです。

ココナッツフレークとゼスターで摩り下ろしたライムの皮を加えて、混ぜ合わせます。皮ごと安心して使えるライムは、入手が少し難しいので、カボスやシークワーサなど、他の柑橘類を使っても、同じように作ることができます。

ライムの果汁、卵、牛乳を器に入れて、軽く混ぜ合わせます。

生地に少しずつ加えながら、混ぜ合わせていきます。

全体的に粉っぽさがなくなり、一つにまとまればOKです。あまり、練りすぎないようにするのがポイントです。生地が軟らかすぎるようだったら、少量の小麦粉を加え、反対に、生地が硬すぎるようだったら、牛乳を少し加えて、調整します。

ラップに包んで、円形に成形します。

厚さ2センチ、直径20センチ程度の円盤状にします。

放射状に8等分します。

ベーキング用の紙を知った鉄板に、均等に間隔をあけて、並べます。

摂氏200度に温めたオーブンで、12分程度、軽く焦げ目がつくまで焼きます。

焼き上がったら、ラックの上で冷まします。

アイシングを作ります。器に粉砂糖とライムの果汁を入れて、よく混ぜ合わせます。

スコーンが冷めたら、スプーンなどを使って、アイシングを垂らすようにして、飾り付けます。

最後に、摩り下ろしたライムの皮を散らして、出来上がりです。

Coconut Lime Scones ココナッツライムスコーン
準備時間 : 25分
加熱時間 :摂氏 200度のオーブンで 12-15分
難易度★★☆
【 材料 8 個分 】
薄力粉 ———————————- 300 g
—- 又は 中力粉 ———————— 270 g
砂糖 ————————————– 大匙 2
ベーキングパウダー ———— 小匙 2
無塩バター ————————— 75g
ココナッツフレーク ———— 40 g
ライムの皮 (摩り下ろす) —– 小匙 1
ライムの果汁 ———————— 60 ml
—————————————- 1個
牛乳 ————————————– 大匙 1

アイシング
粉砂糖 (アイシング用) ——– 45 g
ライムの果汁 ———————— 大匙 1
ライムの皮 (摩り下ろす) —– 適宜
【 作り方 】
小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖をよくまぜあわせる。
の粉類に細かく刻んだバターを、生地がしっとりした感じになるまでよく混ぜ合わせる。
の生地に摩り下ろしたライムの皮、ココナッツフレークを混ぜる。
オーブンを摂氏200度に温める。
器にライムの果汁、卵、牛乳を入れて、軽くかき混ぜる。 の粉類に少しずつ加えながら、生地をかきまぜて、一つにまとめる。
の生地をラップにはさんで、直径20センチ程度の円盤状に整形した後、放射状に8等分にする。ベーキング用の紙を敷いた鉄板に、均等に並べる。
温めておいたオーブンで、軽く焦げ目がつくまで、12分から15分程度焼く。焼き上がったら、ラックの上で冷ます。
アイシングを作る。器に粉砂糖とライムの果汁を入れて、よく混ぜ合わせる。
スコーンが冷めたら、 のアイシングをスプーンで少量垂らすようにして、トッピングする。最後に摩り下ろしたライムの皮を、表面に散らす。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。