コーンブレッドスタッフィング
08 Salads and Sides,  30 アメリカ南部料理

Cornbread Stuffing コーンブレッドスタッフィング

 スタッフィング(Stuffing)とは、ターキーや鶏肉を丸一羽焼くときに、内臓部分の空いているスペースに入れる「詰め物」のことです。感謝祭でローストターキーを作るときに、スタッフィングも同時に作って添えられることが多いです。しかし、実際にスタッフィングを、ターキーの内臓部分に詰めることは稀で、ベーキングディッシュに入れて、別々の焼くことの方が圧倒的に多いです。このように別々に焼く場合、スタッフィングとは言わないで、ドレッシング(Dressing)ということも多いです。ドレッシングは、もはや詰めることを前提にしてないので、スタッフィングよりも、水分が多く、しっとりと焼き上げることもあります。しかし実際のとことろは、スタッフィングとドレッシングと言葉は、それほど厳密に区別しない使われることが多いです。

 スタッフィングの材料は、パンが使われたり、豆が使われたり、お米が使われれ足りします。アメリカ南部のスタッフィングは、伝統的にコーンブレッドがよく使われます。コーンブレッドだけだと、少し食感が軟らかすぎるので、フランスパンなどの普通のパンも少し混ぜて使われます。その他、ピーカンなどのナッツを加えたり、ターキーのレバーを入れたり、牡蠣が入っていることもあります。今回は、イタリアンソーセージを入れて、スパイスをきかせた味付けにしてあります。

コーンブレッドスタッフィング

 作り方は、材料を順序よくまぜていくだけなので、それほど難しくはありません。まず、ベーコンとイタリアンソーセージを炒めて、ほぐしていきます。

コーンブレッドスタッフィング

 ソーセージに火が通ったら、一度フライパンから取り出し、同じフライパンにミルポアとニンニクを炒めます。

コーンブレッドスタッフィング

 ボールに炒めたソーセージとベーコン、野菜を入れます。

コーンブレッドスタッフィング

 コーンブレッドを手で細かく砕いて加えます。

コーンブレッドスタッフィング

 さらにフランスパンもちぎって入れます。

コーンブレッドスタッフィング

 チキンブロスと卵、スパイス、塩を入れてよく混ぜ合わせます。

コーンブレッドスタッフィング

 ベーキングディッシュに入れて、摂氏180度のオーブンで30分程度焼いて出来上がりです。

コーンブレッドスタッフィング

Prep: 25 minutes
Bake: 30 minutes
Serves: 6-8

  • コーンブレッド(千切ったもの) 475 ml
  • フランスパン(千切ったもの) 120 ml
  • ブレックファスト ソーセージ(生) 230 g 又は イタリアン ソーセージ 230 g

    Breakfast Sausage: 豚挽肉を薄いパテのように成形した、朝食用のソーセージ

  • 玉ねぎ(中) 1
  • 葉付セロリ 1
  • 人参(中) 1
  • ニンニク 2
  • ベーコン 4
  • バター 大匙 3
  • チキンブロス 710 ml

    Chicken Broth: 鶏肉をベースにしたブロス(ダシ)で、ブロスの中で最もよく使われる。自宅で手作りするのが大変な場合は、缶詰やパック詰めにされた市販品を使うか、チキンコンソメの素などを好みの濃さに溶かして、利用する。

  • 黒胡椒 小匙 1
  • 塩 小匙 1
  • タイム(乾燥) 小匙 1
  • セージ(乾燥) 小匙 1
  • パプリカ 小匙 2
  • ガーリック パウダー 小匙 1
  • オニオン パウダー 小匙 1
  • 卵 3
  1. 玉ねぎ、セロリ、人参は微塵切り、ニンニクは細かい微塵切り、ベーコンは細切りにする。ソーセージは2センチぐらいの厚さに切る。
  2. フライパンにバターとベーコンを入れて熱する。バターが溶けてきたら、ソーセージを崩しながら焼く。ベーコンとソーセージに火が通ったら、フライパンから取り出しておく。
  3. 同じフライパンで、ニンニク、玉ねぎ、セロリを入れ、しんなりするまで炒める。
  4. ボールにソーセージとベーコン、炒めた野菜を入れる。さらに細かくちぎったコーンブレッドとフランスパンを入れて混ぜる。チキンブロスと卵を加え、全体を混ぜ合わせて、スパイスと塩で味を調える。
  5. オーブンを350F°(180C°)に温める。
  6. ベーキングディッシュに4. を入れて、30分程度焦げ目がつくまでオーブンで焼く。
Breakfast Sausage ブレックファスト ソーセージ

Prep: 30 minutes
Cook: 15-20 minutes
Serves: 30 pieces

  • 豚挽肉 890 g
  • ポルトリー シーズニング 小匙 1 ½

    Poultry Seasoning: 数種類のハーヴをベースにしたシーズニング。鶏肉のみならず、肉料理全般に相性がよい。市販されているものの多くは、塩分が含まれているので、塩分の量には注意したい。

  • 白胡椒 小匙 1
  • 塩 小匙 1
  • 冷水 60 ml
  • 植物油 大匙 2
  1. 挽肉と塩、スパイス類をよく混ぜ合わせる。粘りがでてきたら、水を加えてさらによく混ぜる。
  2. 1.を大匙2杯ずつとり、団子状に丸め、さらに平たく円形の伸ばしてパテを作る。
  3. 2.のパテを、油を敷いたフライパンで、両面が狐色になるまで焼く。
Chicken Broth チキンブロス

Prep: 20 minutes
Cook: 3-4 hours
Serves: 2000 ml

  • 鶏ガラ 600 g
  • 玉ねぎ(中) 2
  • 人参(中) 1
  • 葉付セロリ 2
  • パセリ 2
  • ローリエ 1
  • ニンニク 1
  • タイム 2
  • 黒胡椒 小匙 ½
  1. 鶏ガラは内臓、余計な脂肪などは取り除く。
  2. 玉ねぎはくし切り、にんじんとセロリは適当な大きさの乱切りにする。
  3. 全ての材料を鍋にいれ、材料が十分にかぶるくらいの水を入れる。蓋をしばらく強火にかける。沸騰したら火を弱め、あくと余計な脂分を取り除きながら、蓋をとって弱火で2~3時間程度、煮詰める。
  4. 鶏肉から骨が簡単にとりのぞけるようになったら、火をとめる。ざるにあけてスープをこす。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です