08 Salads and Sides,  30 アメリカ南部料理

Green Been Casserole

Prep: 25 minutes
Bake: 15-20 minutes
Serves: 6-8

  • インゲン豆(冷凍) 600 g
  • 玉ねぎ(中) 
  • マッシュルーム 120 g
  • バター 大匙 4
  • 中力粉 大匙 2
  • チキンブロス 235 ml

    Chicken Broth: 鶏肉をベースにしたブロス(ダシ)で、ブロスの中で最もよく使われる。自宅で手作りするのが大変な場合は、缶詰やパック詰めにされた市販品を使うか、チキンコンソメの素などを好みの濃さに溶かして、利用する。

  • 牛乳 235 ml
  • 白胡椒 適宜 
  • 塩 適宜 
  • ナツメグ(粉)  小匙
  • パン粉 大匙 4
  • パルメジャーノ(粉) 大匙 4

    Parmigiano Reggiano: ハードタイプのイタリアのチーズ。摩り下ろしてパスタに添えるたり、用途は幅広い。

  1. インゲン豆を3センチ程度の大きさに切る。玉ねぎは微塵切り、マッシュルームは薄切りにする。
  2. フライパンにバター大匙2を熱し、玉ねぎを炒める。しんなりしたら、マッシュルームとインゲン豆を加えて、3分程炒める。塩と胡椒で軽く味付けしておく。
  3. オーブンを400F°(205C°)に温める。
  4. ルーを作る。ソースパンにバター大匙4,を入れて中火で熱し、バターが溶けたら小麦粉を加えて、一度火を止める。木べらで小麦粉とバターをよく練る。
  5. 4.の鍋を弱火にかけて、チキンブロスを徐々に加えながら、よく練りあわす。さらに牛乳を加えて、とろみが出てくるまで弱火で煮る。塩、胡椒とナツメグで味を調える。
  6. ベーキングディッシュに2.の野菜を入れて、5.のルーを上からかける。表面にパン粉と細かくしたパルメジャーノをふる。
  7. 温めておいたオーヴンで表面に焦げ目がつくまで焼く。
Chicken Broth チキンブロス

Prep: 20 minutes
Cook: 3-4 hours
Serves: 6

  • 鶏一羽 又は骨付きの鶏肉 890 g
  • 玉ねぎ(中) 2
  • 人参(中) 1
  • 葉付セロリ 2
  • パセリ 2
  • ローリエ 2
  • ニンニク 3
  • タイム 2
  • 黒胡椒 小匙 ½
  1. 鶏肉の内臓、皮、余計な脂肪を取り除き、適当な大きさに切り分ける。
  2. 玉ねぎはくし切り、にんじんとセロリは適当な大きさの乱切りにする。
  3. 全ての材料を鍋にいれ、材料が十分にかぶるくらいの水を入れる。蓋をしばらく強火にかける。沸騰したら火を弱め、あくと余計な脂分を取り除きながら、蓋をとって弱火で2~3時間程度、煮詰める。
  4. 鶏肉から骨が簡単にとりのぞけるようになったら、火をとめる。ざるにあけてスープをこす。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です