13 ビスケットとスコーン,  35 アメリカのお菓子

Jalapeno Cheese Scones ハラペーニョチーズスコーン

チーズと青唐辛子を加えて焼いた、ちょっとスパイシーなセイボリースコーンです。スコーンはお砂糖が入った甘い味付けのものが多いですが、このような塩味の効いた、セイボリーなものもあります。セイボリーなスコーンは、アメリカのビスケットと似ていますが、スコーンには卵が入っているので、ビスケットよりも、さくっとした食感があるのが特徴です。このスコーンは、刻んだ青唐辛子や、ガーリックパウダー、パプリカなどのスパイスと、フレッシュなハーブを加えて焼く、とても風味豊かなスコーンです。通常のスコーンより、少し小さめのサイズで作ってあるので、ちょっとした軽食や、スナックにも最適です。

作り方は、一般的なアメリカのスコーンの作り方とほとんど変わりありません。卵と牛乳を加える前に、細かくしたチーズと、ハーブ、スパイスを加えるのが特徴です。

  1. 小麦粉、ベーキングパウダーを混ぜ合わせる。
  2. 刻んだバターを、小麦粉とベーキングパウダーに練り合わせる。
  3. チーズ、刻んだハーブ、スパイスを加える。
  4. 卵と牛乳を別の器で混ぜ合わせた後、生地に加える。
  5. 生地を一つにまとめて、形成する。
  6. 鉄板に並べて、オーブンで焼く。

ボールに小麦粉とベーキングパウダーを入れて、軽く泡立て器で混ぜ合わせます。小麦粉の塊がなくなったら、細かくした無塩バターを加えます。

バターの塊がなくなったら、グレイターで摩り下ろしたチーズ、微塵切りにしたハーブ、種を取って刻んだ青唐辛子、黒胡椒、ガーリックパウダー、パプリカを加えます。ハーブは、イタリアンパセリ、香菜、タイム、チャイブ、青ネギなど、好みのものを使います。

軽く混ぜ合わせます。

別の容器で、卵と牛乳を混ぜ合わせてから、ボールに入れます。

粉っぽさがなくなるまで、かき混ぜます。水分が足りないようだったら、少量の牛乳を加えます。逆に、生地が軟らかすぎるようだったら、小麦粉を加えます。

大きめのラップにのせて、形成します。

ラップに包むようにして、円形にします。

厚さ約2センチ、直径約17センチの、円盤状に形成します。

放射状に8等分します。

ベーキング用のシートなどを敷いた鉄板に、均等に並べます。摂氏200度に温めたオーブンで、軽く焦げ目がつくまで、15分から20分程度焼きます。

焼き上がったら、ラックの上で冷まします。

Jalapeno Cheese Scones ハラペーニョチーズスコーン
準備時間 : 25分
加熱時間 :摂氏 200度のオーブンで 15-20分
難易度★★☆
【 材料 8 個分 】
薄力粉 ———————————- 200 g
—- 又は 中力粉 ———————— 180 g
ベーキングパウダー ———— 小匙 2 ½
—————————————- 少々
無塩バター ————————— 大匙 3
ハラペーノ (青唐辛子) ——– 1 本
フレッシュハーブ、イタリアンパセリ、チャイブ、タイムなど (微塵切り) 大匙 2
チェダーチーズ(細かくしたもの) 75 g
ガーリックパウダー ———— 小匙 ½
黒胡椒 ———————————- 小匙 ¼
パプリカ —————————— 小匙 1
タイムの葉 (微塵切り) ——– 小匙 2
牛乳 ————————————– 大匙 2
—————————————- 1個
【 作り方 】
小麦粉、ベーキングパウダー、塩をよくまぜあわせる。
の粉類に細かく刻んだ無塩バターを加え、バターの塊がなくなるまで、よく混ぜ合わせる。
ハーブは微塵切りにする。青唐辛子は、種をとって、微塵切りにする。 の生地に、細かくしたチーズと、ハーブ、青唐辛子、ガーリックパウダー、黒胡椒、パプリカを加え、混ぜ合わせる。
オーブンを摂氏200度に温める。
別の器に、卵と牛乳を入れて、軽く混ぜる。
の卵液を加え、生地を一つにまとめる
の生地をラップにはさんで、直径17cmの円形に整形したあと、放射状に8等分する。
をベーキングシートなどを敷いた鉄板に並べ、軽く焦げ目が付くまで、15分~20分程度焼く。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。