キーライムパイ
13 Pies, Tarts, and Quiche,  30 アメリカ南部料理,  33 フロリビアン

Key Lime Pie キーライムパイ

 キーライム(key lime)は、フロリダ州のキー半島でとれる小粒のライムです。見た目はスダチに似ています。普通のライムよりも酸味が強く、このライムを使ったキーライムパイは、アメリカ南部でとてもポピュラーなパイです。と言っても、キーライムはフロリダ州の外ではアメリカでもなかなか手に入らないので、普通のライムで作ることが多いです。

 アメリカでもなかなか手に入らない貴重なキーライムですが、これとおそらく同じものと思われる、メキシコ産のキーライムが、日本でも通販で手に入ることを発見しました。早速注文して、キーライムパイを作ってみました。

 一般的なアメリカのレシピは、酸味の強い果汁をふんだんに使い、練乳を300gくらい入れて作ります。今回は、ヨーグルトを入れて少し練乳の量をおさえてあります。それでも味はほとんど変わらない気がしますので、ヨーグルトを入れるのはお薦めです。

Prep: 45 minutes
Chill: 3-4 hours
Makes: 9-inch (23cm) pie shell

パイクラスト

  • グラハム クラッカー クラスト(焼いたもの) 1

    Graham Cracker Crust: グラハム粉(全粒粉)を原料にした graham crackerを砕いて、バターを加えて生地を作り、パイ型で焼いたもの。

ライム クリーム

  • ライム ジュース 100 ml
  • ライムの皮(摩り下ろす) 小匙 1
  • プレーンヨーグルト 120 ml
  • コンデンス ミルク(加糖) 200 g
  • 卵黄 4

ホイップ クリーム

  • 生クリーム 200 ml
  • 砂糖 30 g
  • ライムの薄切り(好みで) 1
  • ライムの皮(摩り下ろす) 小匙 1
  1. オーブンを350F°(180C°)に温める。
  2. ライム クリームを作る。ボールに卵黄、ヨーグルト、コンデンスミルク、ライムジュース、ライムの皮を入れ、よくかき混ぜる。
  3. 2.の卵液を焼きあがったパイクラストにそそぎ、温めておいたオーブンで、卵液が固まるまで15分程度焼く。
  4. 5.を焼きあがったパイ生地にそそぎ、表面を平らにならす。クリームの表面にラップで覆いをし、完全に冷めたら、冷蔵庫で冷やす。
  5. 焼きあがったら、粗熱をとり、冷蔵庫でよく冷やす。
  6. 生クリームに砂糖を少しずつ加えながら泡立てて、ホイップクリームを作る。
  7. 5.のパイの上にホイップクリームを塗り、好みライムの薄切りとライムの皮を飾る。
Graham Cracker Crust グラハム クラッカー クラスト

Prep: 15 minutes
Bake: 5-10 minutes
Makes: 9-inch (23cm) pie shell

  • グラハム クラッカー (粉) 125 g

    Graham Cracker Crumbs: グラハム粉(全粒粉)を原料にした graham crackerを砕いたもの。包丁やフードプロセッサーを使って粉々にしてもよいが、既にパン粉のように粉々にして箱にはいったものがアメリカでは市販されている。

  • 砂糖 大匙 2
  • 無塩バター(溶かす) 大匙 5 ½
  1. オーブンを350F°(180C°)に温める。
  2. パイ皿にバター(分量外)を塗る。
  3. 粉状のグラハム クラッカーと砂糖をよくまぜ、さらに溶かした無塩バターを少しずつ加える。全体がしっとりした感じになったら、用意しておいたパイ皿に上に生地を移し、表面をスプーンで押し付けるようにして、満遍なくならす。パイ皿の側面にも、クラッカー生地がいきわたるようにする。
  4. 3.のクラッカー生地を、温めておいたオーブンで、表面に軽く焦げ目がつくまで、10分程度焼く。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です