エッグホワイトキッシュ
02 Breakfast and Brunch,  30 アメリカ南部料理

Egg White Quiche with Mushrooms 茸のエッグホワイトキッシュ

お菓子をよく作っていると、カスタードクリームなど、卵黄だけを使うものが多く、卵白が余りがちです。幸いにも卵白は冷凍保存が可能なので、余った卵白は冷凍しておいて、他の料理やお菓子に使うことができます。卵白のみ、もしくは卵黄よりも卵白を多く使うお菓子もありますが、最も効率的に卵白を使うのは、卵料理に使うことです。エッグホワイトマフィンエッグホワイトフリタータなど、卵白だけでも、全卵を使った場合と、引けを取らないくらいに、美味しい一品に仕上がります。

今回紹介するのは、椎茸などの茸を入れて焼いた、卵白だけで作ったキッシュです。卵白の白さをいかすために、チーズはフェタチーズを使っています。実のところ、残り物で作ったとは思えないほど、上品なキッシュに仕上がりました。今まで数々の材料を入れて、様々なキッシュを焼いてきましたが、このホワイトエッグキッシュが、一番好きかもしれません。ドライな白ワインとの相性がとてもよさそうです。

エッグホワイトキッシュ

作り方は、全卵で作るキッシュと、基本的には同じです。キッシュの生地はショートクラストペストリー (shortcrust pastry) とも呼ばれる、アメリカの一般的なパイ生地です。詳しい作り方はこちらの投稿を参考にしてください。

パイ生地は、冷蔵庫でねかせた後、麺棒を使って、タルト型より一回り大きな円形にのばします。

パイ生地
キッシュ

周辺の生地を内側に折り込むようにして、型になじませます。焼いている間に底が膨らまないように、フォークで穴を数か所あけておきます。

キッシュ

ベーキングシートをタルトの内側に敷いて、その上から、お米などを入れて重石にします。摂氏210度に温めた高温のオーブンで、15分程度焼きます。焼き上がったら、重石をはずし、ラックの上などにのせて冷ましておきます。

キッシュ
キッシュ

焼いている間に、中に詰める具材を作ります。今回は玉ねぎと、椎茸を使いました。茸は椎茸の他、シメジやマイタケなど、あるものでいいと思います。

玉ねぎは薄切りにして、オリーブオイルをひいたフライパンで、しんなりするまで炒めます。

エッグホワイトキッシュ

さらに、食べやすい大きさに切った茸を入れて、炒めます。

エッグホワイトキッシュ

茸がしんなりとしたらOKです。

エッグホワイトキッシュ

ボールに、クリームチーズと生クリームを入れて、よく混ぜ合わせます。

エッグホワイトキッシュ

卵白を入れて、塩、胡椒、タイムで味をつけます。タイムはドライなものでも、フレッシュなものでOKです。

エッグホワイトキッシュ

卵白とクリームをよくかき混ぜておきます。

エッグホワイトキッシュ

オーブンで半焼きにしたタルト型に、最初にフェタチーズの3分の1量を敷きます。

エッグホワイトキッシュ

その上に、炒めた玉ねぎと茸をのせます。

エッグホワイトキッシュ

さらにフェタチーズの3分の1量、スプラウトの半量をのせます。

エッグホワイトキッシュ

卵白とクリームをまぜあわせたものを流し入れます。最後に残りのスプラウトとフェタチーズをトッピングします。

エッグホワイトキッシュ

オーブンの温度は摂氏180度に下げてから、タルト型をオーブンに入れて、40程度焼きます。卵白に火が通り、中央が硬い感じになったらOKです。

エッグホワイトキッシュ

冷めてから、器にもりつけます。フレッシュはタイムをトッピングすると色合いが美しいです。

エッグホワイトキッシュ
【 材料 9-inch (23 cm) タルト型
  • シングルパイ クラスト 1

    Single Crust Pastry: パイ型の下層部だけにパイ生地を敷き詰めて焼くタイプのパイ生地。フィーリングを詰める前に完全にパイを焼いておくもの、パイを半焼きの状態にしてから、フィーリングを詰めて再び焼くもの、生の生地にフィーリングを詰めて、パイ生地とフィーリングを同時に焼き上げるものがある。

  • 玉ねぎ(中) 1
  • きのこ(シメジやマイタケなど) 100 g
  • オリーブ オイル 大匙 1
  • スプラウト (ブロッコリーやマスタードなど) 30 g
  • クリームチーズ 大匙 2
  • 生クリーム 60 ml
  • 卵白 8
  • フェタチーズ 145 g
  • 塩 適宜 
  • 黒胡椒 適宜 
  • タイムの葉 (乾燥 又は 生葉) 小匙 ½
【 作り方 】
  1. オーブンを摂氏210度に温める。
  2. 玉ねぎと茸は薄切りにする。
  3. パイ生地を薄く伸ばして、タルト型に敷き詰める。その上にアルミホイルを敷いて米などで重石をする。
  4. 温めておいたオーブンで、重石をしたまま、15分程度焼いて、パイ生地を半焼きにする。焼き上がったら、ラックの上で冷ましておく。
  5. フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかける。2. の玉ねぎを入れて炒める。しんなりしたら、茸を加えて、さらに炒める。
  6. ボールにクリームチーズと生クリームを入れて、よく混ぜ合わせる。さらに卵白、塩、胡椒、タイムの葉を入れて、よくまぜる。
  7. 4. のタルト型に、フェタチーズの3分の1量を敷き詰める。その上に、炒めた玉ねぎと茸を並べる。さらに、フェタチーズの3分の1量、スプラウトの半量を並べる。
  8. 6. の卵液を7. のタルト型の上に注ぐ。最後に、残りのフェタチーズとスプラウトをトッピングする。
  9. オーブンの温度を摂氏180度に下げてから、8. のタルト型を40分程度、卵に火が通るまで焼く。
Single Pie Crust シングルパイ クラスト
  • 薄力粉 165 g
  • 無塩バター 大匙 4 ½
  • ショートニング又は ラード 大匙 1 ½
  • 冷水 
【 作り方 】
  1. 小麦粉に細かく刻んだバター、ショートニングを加え、バターの塊がなくなるまで、フォークで押さえつけるようにして、混ぜ合わせる。
  2. 1.に氷で冷やした水(約 大匙 2-4杯)を、生地全体がしっとりとまとまるまで、少しずつ加えながら混ぜる。
  3. 生地をラップにつつんで一時間程度冷蔵庫で冷やす。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です