レモンローズマリーローストチキン
05 Poultry and Meats

Lemon Rosemary Roasted Chicken レモンローズマリーローストチキン

丸鶏にローズマリーとレモンの風味をきかせて、オーブンでローストしました。丸鶏をそのままローストするのは、最初は少しハードルが高いように感じるかもしれませんが、慣れればそれほど難しくありません。一度ローストした鶏肉は、その後もスープにしたり、チキンサラダにしたりして再利用できるので、意外と経済的だったりもします。小さな鶏肉から、徐々に慣れていけば、鶏肉より大きなターキーも焼けるようになります。

鶏肉は、冷凍のものを使う場合、まずはしっかりと解凍させます。解凍する時間が十分にない場合は、水につけておくと、かなり早く解凍することが出来ます。解凍した鶏肉は、内臓がきちんと取り除かれていることを確認して、軽く水洗いします。その後、ペーパータオルを使って、表面の水気をよく拭き取っておきます。

レモンローズマリーローストチキン

鶏肉を焼くとき、表面に油を塗ることによって、外側がクリスピーな仕上がりになり、きれいな焦げ色がつきます。オリーブオイルなどの食物油を使うこともありますが、今回はローズマリーとレモンの風味をきかせた、無塩バターを使います。

まず、質問で軟らかくした無塩バターに、摩り下ろしたレモンの皮とレモンの果汁、黒胡椒、塩、微塵切りにしたニンニクを加えます。

レモンローズマリーバター

全体をよく混ぜ合わせます。

レモンローズマリーバター

鶏肉の内臓部分のくぼみには、玉ねぎ、果汁を絞ったあとのレモン、パセリ、ローリエを入れます。

レモンローズマリーローストチキン

おしりの部分から、中に詰めて、鶏肉の形を整えます。

表面に、刷毛などを使って、用意しておいたバターを塗ります。モモ肉は手羽の部分など、隠れている部分にも、丁寧に塗ります。

レモンローズマリーローストチキン

タコ糸で、もも肉をそろえて縛ります。手羽の部分は焦げやすいので、おしりの下におりこむようにして、形を整えます。

レモンローズマリーローストチキン

ロースティングパンの底には、玉ねぎを薄切りにして、土台にします。ローリエの葉を一枚いれておきます。

レモンローズマリーローストチキン

玉ねぎの上に、形を整えた鶏肉をのせます。ロースティングパンには、チキンブロスを流し入れるようにしておきます。

レモンローズマリーローストチキン

摂氏200度に温めたオーブンで、鶏肉に軽く焦げ目がつくまで焼きます。その後、温度を摂氏180度に下げて、鶏肉にしっかりと火が通るまで焼きます。途中で様子をみて、ロースティングパンに残っている水分が蒸発しないように注意します。水分が少なくなったら、ブロスか水を足します。火が通っているかどうか確かめるには、専用の温度計を使うと便利です。モモ肉の一番太い部分に刺して、摂氏75度になればOKです。温度計が骨に直接あたると、正しい温度が計れないのです注意します。

レモンローズマリーローストチキン

焼き上がった鶏肉は、15分程度、アルミホイルをかけて、予熱で蒸らします。上から、バスタオルなどをかけておくと、さらに保温効果が高まります。

レモンローズマリーローストチキン

焼き上がった鶏肉を器にもり、ハーブやレモンのスライスなどで、周囲を飾ります。

レモンローズマリーローストチキン

鶏肉の切り分け方については、こちらの投稿にもまとめてあるので、参考にしてください。まず、もも肉と手羽の部分を、鶏肉の胴体から切り離します。骨の関節部分を探して、その部分に包丁を充てると、楽に切断できます。モモ肉はさらに、骨の関節部分から、半分に切ります。

レモンローズマリーローストチキン

続いて、胸肉を切ります。まず鶏肉の胸肉の中央部分に縦に包丁をいれます。骨に包丁があたるので、そのまま胸肉の片方をそぎ落すように切り取ります。

レモンローズマリーローストチキン

さらに、食べやすい大きさにスライスします。

レモンローズマリーローストチキン

盛り付けるときは、部位ごとにわけてお皿に並べると、見た目を美しいで、選びやすいです。

レモンローズマリーローストチキン
【 材料 4 人前
  • 丸鶏 1800 g
  • 塩 小匙 1
  • 黒胡椒 小匙 2
  • ニンニク 3
  • レモン 1
  • ローズマリー 2
  • レモン ½
  • 無塩バター 55 g
  • 玉ねぎ(中) 1
  • ローリエ 2
  • イタリアンパセリ 3
  • チキンブロス 355 ml

    Chicken Broth: 鶏肉をベースにしたブロス(ダシ)で、ブロスの中で最もよく使われる。自宅で手作りするのが大変な場合は、缶詰やパック詰めにされた市販品を使うか、チキンコンソメの素などを好みの濃さに溶かして、利用する。

【 作り方 】
  1. 鶏肉は尾の部分と内臓がとりのぞかれていることを確認し、内側も含めてよく洗う。その後、ペーパータオルで水気をふき取っておく。
  2. ローズマリーは葉をとって、微塵切りにする。レモンは皮を摩り下ろし、果汁を絞っておく。ニンニクは微塵切りにする。玉ねぎは、2分の一量をくし型にきっておく。
  3. 無塩バターに塩、黒胡椒、ニンニクの微塵切り、レモンの皮と果汁、ローズマリーの葉の微塵切りをよくあわせ、鶏肉の表面に満遍なくなじませる。
  4. 鶏肉の内部に、くし型に切った玉ねぎ、半分に切ったレモン、イタリアンパセリ、ローリエをつめる。もも肉の部分をタコ糸で縛り、形を整える。
  5. オーブンを摂氏200度に温める。
  6. 残りの玉ねぎを厚さ1センチほどの輪切りにして、ロースターパンの上に並べて、ローリエ一枚を添える。その上に鶏肉をおき、鉄板に薄くチキンブロスを流し入れる。
  7. 温めておいたオーブンで鶏肉を30分程度焼く。表面に軽く焦げ目がついてら、温度を摂氏180度に下げて、さらに1時間15分程度焼く。途中で何度か様子を見て、ロースターパンの水分が少なくなったら、ブロスか水を足す。モモの部分に温度計をさして確認し、摂氏75度になり、完全に中まで火がとおるまで焼く。
  8. 焼き上がったら、ロースターパンごと、上からアルミホイルで覆って、15分以上予熱で蒸らす。
Chicken Broth チキンブロス
  • 鶏ガラ 600 g
  • 玉ねぎ(中) 2
  • 人参(中) 1
  • 葉付セロリ 2
  • パセリ 2
  • ローリエ 1
  • ニンニク 1
  • タイムの葉 3
  • 黒胡椒 小匙 ½
【 作り方 】
  1. 鶏ガラは内臓、余計な脂肪などは取り除く。
  2. 玉ねぎはくし切り、にんじんとセロリは適当な大きさの乱切りにする。
  3. 全ての材料を鍋にいれ、材料が十分にかぶるくらいの水を入れる。蓋をしばらく強火にかける。沸騰したら火を弱め、あくと余計な脂分を取り除きながら、蓋をとって弱火で2~3時間程度、煮詰める。
  4. 鶏肉から骨が簡単にとりのぞけるようになったら、火をとめる。ざるにあけてスープをこす。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です