デビルドエッグ
08 Salads and Sides,  30 アメリカ南部料理

Light Deviled Eggs ライトデビルドエッグ

デビルドエッグはイースターを祝う食卓で、好んで作られるサイドディッシュの一つです。イースターだけではなく、カジュアルなポットラックなどでも、必ず誰かが持ってくると言ってもよいほど、ポピュラーな料理です。材料は卵だけなので、とても簡単に誰でも作れるし、多くの人に好まれています。

一般的なデビルドエッグのレシピでは、卵の黄身をマヨネーズで味付けをしたもの多いですが、このレシピはマヨネーズを使わないで、ギリシアヨーグルトを使っています。マヨネーズをつかわないことによって、ライトな仕上がりになっていますが、アンチョビが入っているので、物足りなさはありません。

デビルドエッグ

作り方は、普通のデビルドエッグと基本的には同じです。まず卵を固ゆでにします。

茹で上がったら、皮をむいて、半分にスライスします。

デビルドエッグ

卵の黄身をボールに入れます。

デビルドエッグ

フォークなどを使って、黄身を潰します。

微塵切りにした玉ねぎ、細かくペースト状にしたアンチョビ、スウィートレリッシュ、微塵切りにしたパセリをボールに入れます。ヨーグルトとオリーブオイル、レモン汁は別の器に入れて、よくかき混ぜてから、加えます。全ての材料をよく混ぜ合わせて、塩と黒胡椒で味を調えます。

デビルドエッグ

混ぜ合わせた黄身を、白身のくぼみに入れます。スプーンですくいながら入れるか、もしくは絞り袋を使います。最後に、パプリカと刻んだイタリアンパセリをトッピングします。

デビルドエッグ
【 材料 12 個分
  • 卵 6
  • ギリシアヨーグルト 大匙 2
  • オリーブ オイル 40 ml
  • レモン汁 大匙 1
  • スウィート レリッシュ 大匙 1

    Sweet Relish : きゅうりのピクルスを微塵切りにしたもの。タルタルソースやポテトサラダに加えて使う。サラダ用に少し大きめに刻んだタイプのものの市販されている。

  • ディジョン マスタード 大匙 ½

    Dijon Mustard: 酸味が強いフランス風のマスタード。黒いマスタード シードを原料にしている。サラダのドレッシングに加えられることが多い。

  • 玉ねぎ(小) ¼
  • アンチョビフィレ 1
  • 黒胡椒 適宜 
  • 塩 適宜 
  • パプリカ 小匙 ½
  • イタリアンパセリの微塵切り(適宜) 
【 作り方 】
  1. 固ゆでのゆで卵をつくり、半分に切る。
  2. 玉ねぎは細かい微塵切りにする。アンチョビは細かく切った後、まな板の上でペースト状にする。
  3. ゆで卵の黄身を取り出し、ボールに入れて、細かくつぶす。
  4. さらにギリシアヨーグルトとオリーブオイル、ディジョンマスタード、レモン汁を小さな器に入れて、よく混ぜ合わせておく。
  5. 3. のゆで卵の黄身に、スウィートレリッシュ、みじん切りにした玉ねぎとイタリアンパセリ、アンチョビ、4. のヨーグルトと胡椒と塩を加えて混ぜ合わせる。
  6. 絞り袋に3.を入れて、半分に切った卵の中央に絞りいれる。最後に好みでパプリカとイタリアンパセリをトッピングする。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありあがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です