クリームスピナッチ
08 サラダと副菜,  30 アメリカ料理

Creamed Spinach クリームスピナッチ

クリームスピナッチは、ほうれん草をチーズの入ったホワイトソースであえた料理です。ステーキなどボリュームのある肉料理の付け合わせとして、アメリカでは定番メニューです。色鮮やかなグリーンが美しく、チーズが入ったクリーミーなソースとほうれん草がよく合います。

クリームスピナッチ

今回は、約200グラム入っている普通のほうれん草を、4パック使いました。一見びっくりするくらい大量のほうれん草ですが、茹でて水気を切って使うと、出来上がりの量はそれほど多くありません。出来るだけ、色鮮やかな緑色を残したいので、茹で時間はごくわずかにして硬めに茹でます。ほうれん草は冷凍のものを使っても、ほぼ同じように作ることができます。冷凍のほうれん草を使う場合も、200グラム入りのパッケージを4袋使います。

アメリカのほうれん草は、生で食べるサラダ用のほうれん草が主流なので、日本のものに比べると、すこし軟らかめのほうれん草です。さらにクリームスピナッチで通常使われるのは、ベビースピナッチとよばれ、大きく成長する前に収穫される、若いほうれん草です。ベビースピナッチは、探せば日本でも売っていますが、このレシピに必要な量を確保するのは、かなり大変です。従って、このレシピでは、一般的なスーパーで売られている、普通のほうれん草を使っています。普通のほうれん草をそのまま使うと、ほうれん草の葉脈部分の硬さが気になるので、葉脈部分と取り除き、軟らかい葉の部分だけを使っています。

クリームスピナッチ

葉脈を取り除いた後、葉の部分だけを、適当な大きさにちぎります。

ほうれん草は少量の熱湯を入れた鍋に入れて、茹でるというよりは、蒸すような感覚で、短時間でしんなりさせます。

クリームスピナッチ

しんなりしたら、笊にあけて水気を切ります。

手で触れるくらいに冷めたら、さらに水気を絞っておきます。

クリームスピナッチ

冷凍のほうれん草を使う場合は、葉脈の部分だけ取り除くことが難しいので、解凍した後に、硬い部分は細かく刻んでおきます。その後、同じように、固く絞るようにして、ほうれん草の余計な水気を絞っておきます。

クリームスピナッチ
クリームスピナッチ

続いて、ルーを作ります。まず、微塵切りにした玉ねぎとニンニクを、バターで炒めます。

クリームスピナッチ

玉ねぎがしんなりしてきたら、小麦粉を加えて、よく混ぜ合わせます。

クリームスピナッチ

牛乳を少しずつ加えていき、焦げないようによくかき混ぜます。

クリームスピナッチ

とろみがでてきたら、クリームチーズを加えて、溶かします。

クリームスピナッチ

水気をよく切った、ほうれん草を加えます。

クリームスピナッチ

塩、胡椒、ナツメグ、パルメジャーノチーズチーズを入れて、味を調えれば、出来上がりです。

クリームスピナッチ
クリームスピナッチ
Creamed Spinach クリームスピナッチ
準備時間 : 20分
調理時間 :ガスコンロの上で10-15分
難易度★★☆
【 材料 4-6 人前 】
ほうれん草 ————————— 780 g
玉ねぎ (小) ———————- ½ 個
ニンニク☆☆ ———————— 1片
バター ———————————- 大匙 3
中力粉 ———————————- 大匙 2
牛乳 ————————————– 475 ml
クリームチーズ ——————— 100 g
—————————————- 適宜
黒胡椒 ———————————- 適宜
ナツメグ (粉) ———————- 大匙 ½
パルメジャーノチーズ (粉) 大匙 2
【 作り方 】
ほうれん草は、硬い茎の部分をとりのぞく。沸騰した湯に入れて、硬めにゆでる。しんなりとしたら、ざるにあけて、水気を切り、粗熱をとる。
ペーパータオルなどに包んで、ほうれん草の水気を絞る。
玉ねぎは微塵切りに、ニンニクは細かい微塵切りにする。
鍋にバターと玉ねぎ、ニンニクを入れてよく炒める。しんなりしたら、小麦粉を加えてよく混ぜる。
牛乳を少しずつ加える。とろみがでてきたら、クリームチーズを加えてとかす。
のほうれん草を加えて混ぜる。塩、胡椒、ナツメグ、パルメジャーノチーズを加えて、味を調える。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。