スペイン風オムレツ
50 スペイン料理

Spanish Tortilla スペイン風オムレツ

スペインで tortilla、トルティーヤとかトルティージャなどと呼ばれる、フライパンで分厚く焼き上げる、スペイン風のオムレツです。オムレツなどの卵料理は、アメリカでも日本でも、朝食で食べるものというイメージが一般的です。しかし、スペインでは、トルティーヤなどの卵料理は、タパスの定番メニューであり、メインディッシュとしても食べられれることも多いそうです。このジャガイモを使ったトルティーヤは、スペインで最もポピュラーなオムレツで、シンプルに塩味だけで食べるのが、本場の食べ方だそうです。

作り方は慣れるまで少しコツがいるのですが、それだけに上手く焼けたときは感動します。少し小さめのテフロン加工のフライパンを使うのがお薦めです。今回は直径24センチのフライパンを使い、卵を7個使っています。一回の7個も卵を使うというのは、かなり多いように感じるかもしれませんが、小さく切り分けて食べるものなので、意外とすぐになくなってしまいます。

まず、ジャガイモと玉ねぎを準備します。玉ねぎは薄切りに、ジャガイモは粗めの千切りにします。玉ねぎはオプショナルなので、ジャガイモだけで作ることもあります。玉ねぎを入れた方が、甘みがあるので、食べやすいような気がします。

フライパンにオリーブオイルを入れて、まず玉ねぎを炒める。今回は、オムレツを焼く、24センチのフライパンとは別に、少し大きめの鍋を使って炒めています。オリーブオイルの量はかなり控えめにしていますが、本場のスペインでは、かなり多めのオリーブオイルを使い、炒めるというよりも、揚げるという感覚に近いようです。

スペイン風オムレツ
スペイン風オムレツ

玉ねぎがしんなりしたら、ジャガイモを入れて、さらに炒めます。ジャガイモに火が通ればOKです。

スペイン風オムレツ

ボールに卵を割り入れます。

スペイン風オムレツ
スペイン風オムレツ

炒めた、玉ねぎとジャガイモを入れます。塩で味を調えて、軽くかき混ぜます。

スペイン風オムレツ

オムレツを作るフライパンに、少しオリーブオイルを入れて、中火かけます。フライパンが温まったら、火を弱めて、卵液を流しいれます。

スペイン風オムレツ

弱火にかけながら、卵の淵が固まってきたら、軽くかき混ぜながら、火を通していきます。同時に、周囲の卵液を少し中央によせながら、形を整えます。

スペイン風オムレツ

卵の淵と底の部分が固まってきたら、フライパンより少し大きめのお皿などをかぶせて、フライパンとお皿をしっかりおさえて、フライパンごとオムレツをひっくり返します。

スペイン風オムレツ

お皿に、オムレツをのせてから、そのままオムレツをもとのフライパンに戻して、オムレツの裏面にも火を通します。

スペイン風オムレツ
スペイン風オムレツ

オムレツに火が通ったら出来上がりです。今後はオムレツをひっくり返さないで、そのままの方向でお皿に盛り付けます。

スペイン風オムレツ
【 材料 4-6 人前
  • じゃがいも(中) 3
  • 玉ねぎ(中) 2
  • 卵 7
  • 塩 小匙 1
  • オリーブ オイル 60 ml
【 作り方 】
  1. ジャガイモは皮をむいて、粗目の千切りに、玉ねぎは薄切りにする。
  2. 卵をボールに割り入れて、塩を加えてよく混ぜる。
  3. フライパンを中火にかけ、オリーブオイルを入れて、1.のジャガイモと玉ねぎを炒める。しんなりしたら、2.の卵液に加えて、軽く混ぜ合わせる。
  4. フライパンにオリーブオイルを大匙2杯程度入れて、強火にかける。油が温まったら弱火にして、3.の卵液を流しいれる。
  5. 軽く卵液をかき混ぜてから、弱火でじっくりと火を通す。鍋に面している部分が固まったら、フライパンより一回り大きなお皿をかぶせて、ひっくり返すようにして、皿にオムレツを移す。さらにそのままスライドするようにして、フライパンにオムレツを戻し、反対側をじっくりと焼く。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です