08 サラダと副菜

Blue Cheese Potato Salad ブルーチーズポテトサラダ

ブルーチーズをマヨネーズベースのドレッシングに混ぜてつくる、濃厚な味のポテトサラダです。アメリカ南部の一般的なポテトサラダは、ゆで卵とピクルスが入っているものが一般的です。その一方で、じゃが芋はアメリカの主要な作物なので、実に様々なじゃが芋を使ったサラダがあります。ブルーチーズがドレッシングに入ると、チーズの濃くでとても濃厚なサラダになります。このサラダは、じゃが芋の他に、冷凍のグリーンピース、かりかりになるまで焼いたベーコンを加えています。

じゃが芋は皮をむいて、食べやすい大きさに切って茹でます。鍋に水をはって茹でてもいいですが、今回は、電子レンジで加熱しています。

ベーコンは、細切りにするか、角切りにして、フライパンでかりかりになるまで炒めます。焼き上がったら、ペーパータオルの上にのせて、脂を切っておきます。

その他の野菜を用意します。セロリ、玉ねぎ、イタリアンパセリなどのハーブを微塵切りにします。冷凍のグリーンピースはお湯で戻しておきます。

ドレッシングの材料を混ぜ合わせておきます。細かく砕いたブルーチーズ、プレーンヨーグルト、マヨネーズ、レモン汁、ディジョンマスタード、蜂蜜を器に入れて、軽く混ぜ合わせておきます。

全ての材料をボールに入れて、全体を混ぜ合わせます。

器にもって、さらに刻んだハーブとブルーチーズを少量トッピングします。少し、冷蔵庫で冷やした方が、味がなじんで美味しくなります。

【 材料 4-6 人前
  • じゃがいも(中) 6
  • ベーコン 3
  • 玉ねぎ(小) 1/3
  • セロリ(中) 1
  • グリーンピース(冷凍) 大匙 3
  • 塩 適宜 
  • 黒胡椒 適宜 
  • マヨネーズ(ビン詰のもの又は自家製) 60 ml
  • プレーンヨーグルト 60 ml
  • ブルーチーズ(細かくしたもの) 40 g

    Blue Cheese: ゴルゴンゾーラやロックフォールなどの青かび系チーズの総称。ドレッシングやサラダに加えるために、細かくしたものがアメリカでは広く手に入るが、ブロック状のものを使う場合は、チーズリナーなどで細かくしてから使うとよい。

  • レモン汁 大匙 1
  • 蜂蜜 小匙 1
  • ディジョン マスタード 小匙 1

    Dijon Mustard: 酸味が強いフランス風のマスタード。黒いマスタード シードを原料にしている。サラダのドレッシングに加えられることが多い。

  • パセリ又は青ネギ(微塵切り)  大匙 2
【 作り方 】
  1. じゃがいもは皮をむいて、食べやすい大きさにきって、やわらかくなるまでゆでる。
  2. ベーコンは細切りにして、かりかりになるまで、フライパンで焼く。
  3. 冷凍のグリーンピースはお湯につけて、解凍させておく。
  4. 玉ねぎとセロリは細かいみじん切りにする。玉ねぎは水にさらしてから、水気をよくきっておく。
  5. マヨネーズ、ヨーグルト、ブルーチーズ、レモン汁、蜂蜜、ディージョンマスタードを小さめの器に入れて、軽く混ぜ合わせておく。
  6. 大きめのボールに全ての材料を入れて、よく混ぜ合わせる。
Homemade Mayonnaise 自家製マヨネーズ
  • 植物油 235 ml
  • 卵黄 1
  • 卵 1
  • りんご酢 大匙 1
  • ディジョン マスタード 小匙 1

    Dijon Mustard: 酸味が強いフランス風のマスタード。黒いマスタード シードを原料にしている。サラダのドレッシングに加えられることが多い。

  • 塩 適宜 
【 作り方 】
  1. 全卵と卵黄、マスタード、りんご酢をボールに入れて軽く混ぜる。
  2. 植物油を大匙一杯程度加えながら、泡立て器で攪拌する。焼くまぜったら、さらに植物油を大匙一杯程度いれて、しっかりとまぜる。この作業を繰り返しながら、卵を乳化させ、全体が白っぽくとろみがつくようにする。
  3. 最後に塩で味を軽く調える。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。