13 ビスケットとスコーン,  35 アメリカのお菓子

Orange Cranberry Scones オレンジクランベリースコーン

フレッシュなクランベリーとオレンジの果汁を加えて焼いたスコーンです。クランベリーは、感謝祭のターキーのソースに使われたり、クリスマスのお菓子に加えられたりする、濃い赤い色が美しい、アメリカのホリデイシーズンを象徴するようなベリーです。酸味が強いので、そのままでは食べにくいのですが、オレンジと香りをきかせて、甘く味付けして、使われることが多いです。フレッシュなクランベリーは、インターナショナルなスーパーなどで売っています。クリスマスシーズンには、ぜひお菓子に使ってみたい、食材の一つです。

スコーンは、まず、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩をボールに入れて、軽く混ぜ合わせます。

細かく切った無塩バターを、泡立て器などを使って、粉類に練りこんでいきます。

バターの塊がなくなって、パサパサとした感じになったら、クランベリーと摩り下ろしたオレンジの皮を加えます。クランベリーが大きい場合は、半分に切ってから使います。

全体を軽く混ぜまわせます。

卵とオレンジの果汁を混ぜ合わせます。

ボールに加えて。全体を混ぜます。

粉っぽさがなくなればOKです。

業務用の大きめのラップに包んで、平たい円形に形成します。

直径20センチ、厚さ1.5センチぐらいです。

包丁を使って、放射状に8等分にします。

ベーキングシートなどを敷いた鉄板の上に、均等に並べます。摂氏180度に温めたオーブンで、20分程度、軽く焦げ目がつくまで焼きます。

焼き上がった、ラックの上で冷まします。

アイシングを作ります。粉砂糖に、オレンジの果汁を加えて、よくかき混ぜます。

スコーンが冷めたら、アイシングを垂らすようにして、トッピングします。

【 材料 8 個分
  • クランベリー 130 g

    Cranberries: 小さなサクランボーのような外見をした、酸味の強い果実。そのままマフィンやクイックブレッドに混ぜて使用されたり、生の果実を煮詰めてソースを作り、感謝祭の七面鳥の付け合せに添えられる。

  • 薄力粉 295 g 又は 中力粉 270 g【 材料 8 個分
    • クランベリー 130 g

      Cranberries: 小さなサクランボーのような外見をした、酸味の強い果実。そのままマフィンやクイックブレッドに混ぜて使用されたり、生の果実を煮詰めてソースを作り、感謝祭の七面鳥の付け合せに添えられる。

    • 薄力粉 295 g 又は 中力粉 270 g
    • 砂糖 大匙 0
    • ベーキングパウダー 小匙 2
    • 塩 小匙 ¼
    • バター 75 g
    • オレンジ ジュース 80 ml
    • オレンジの皮(摩り下ろす) 小匙 2
    • 卵 1

    アイシング

    • 粉砂糖(アイシング用) 大匙 4
    • オレンジ ジュース 大匙 1
    【 作り方 】
    1. クランベリーは、大きめのものを半分に切って、大きさをそろえておく。
    2. 小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩をよくまぜあわせる。
    3. 2.の粉類と細かく刻んだバターを、生地がしっとりした感じになるまでよく混ぜ合わせる。
    4. 3. に1. のクランベリーと、摩り下ろしたオレンジの皮を混ぜる。
    5. 別の器に、オレンジジュースと卵を入れて混ぜ合わせてから、4. の粉類に加え、生地を一つにまとめる。
    6. オーブンを摂氏200度に温める。
    7. 5. の生地をラップに包んで、直径20センチ程度の円盤型に整形した後、包丁で放射状に8等分にする。
    8. ベーキングシートなどを敷いた鉄板に並べ、軽く焦げ目が付くまで、20分~30分程度焼く。焼き上がったら、ラックの上で冷ます。
    9. 粉砂糖にオレンジジュースを少しずつ加えて、アイシングを作る。
    10. 焼き上がったスコーンが冷めてから、9. のアイシングをトッピングする。
    ブログランキングに参加しています。
    沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です