08 サラダと副菜

Celery and Apple Salad セロリと林檎のサラダ

セロリと林檎を薄切りにして、ビネグレットドレッシングであえた、シンプルでさっぱりとしたサラダです。セロリと林檎を使ったアメリカのサラダとしては、ウォルドーフサラダが有名です。 ウォルドーフサラダと同様に、胡桃などのナッツを入れていますが、 ウォルドーフサラダはマヨネーズがベースなので、濃厚な ウォルドーフサラダ とは、全く違ったサラダにしあがっています。仕上げに添える、スライスしたパルメジャーノチーズがアクセントになっています。

セロリは斜めに薄切りにします。林檎もセロリと同じくらいの大きさの、薄切りにします。胡桃やピーカンナッツなどのナッツは、微塵切りにした後、フライパンで軽く乾煎りしておくと、風味がよくなります。少量のイタリアンパセリも、微塵切りにして加えます。もし、セロリの葉があったら、微塵切りにして、少し加えてもいいと思います。

ドレッシングの材料を器に入れて、軽く混ぜ合わせます。レモンの果汁、オリーブオイル、ディージョンマスタード、蜂蜜、塩、黒胡椒を使います。

混ぜ合わせたドレッシングを加え、全体を混ぜ合わせて出来上がりです。

器にもって、スライスしたパルメジャーノチーズをトッピングします。

【 材料 4 人前
  • セロリ(中) 1
  • りんご(中) ½
  • ピーカン 又は 胡桃(みじん切り) 45 g

    Pecans: アメリカ南部に広く自生している、ピーカンパイをはじめ、南部料理に幅広く利用されているナッツ。味は胡桃に似ているが、胡桃よりはややさっぱりとしている。

  • イタリアンパセリの微塵切り 大匙 1
  • パルメジャーノチーズ 適宜

ドレッシング

  • レモン汁 大匙 1
  • オリーブ オイル 60 ml
  • ディジョン マスタード 小匙 ½

    Dijon Mustard: 酸味が強いフランス風のマスタード。黒いマスタード シードを原料にしている。サラダのドレッシングに加えられることが多い。

  • 蜂蜜 大匙 ½
  • 塩 適宜 
  • 黒胡椒 適宜 
【 作り方 】
  1. セロリは斜めに薄切りにする。林檎は種と芯をとって、セロリと同じくらいの大きさに、薄切りにする。
  2. ナッツは微塵切りにして、フライパンで乾煎りする。イタリアンパセリは微塵切りに、パルメジャーノはスライサーで薄切りにする。
  3. ドレッシングを作る。レモン汁、オリーブオイル、ディージョンマスタード、蜂蜜、塩、黒胡椒を器に入れて、軽く混ぜ合わせる。
  4. ボールにセロリ、林檎、ナッツ、パセリを入れて、ドレッシングであえる。器におり、スライスしたパルメジャーノチーズを添える。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。