チーズズッキーニスコーン
11 Biscuits and Scones

Cheese Zucchini Scones チーズズッキーニスコーン

ズッキーニとチーズが入ったセイボリーなスコーンです。甘くないので、朝食や軽い軽食などに、気楽に食べられます。ズッキーニはとても淡泊な野菜なので、このようにベーキングに加えると、セイボリーな味付けにも甘い味付けにも両方に使えるとても便利な野菜です。くせがないので、ズッキーニが入っていることは、言われないとわからないかもしれません。しかしズッキーニを加えると、緑色が美しいアクセントになり、独特な歯ごたえも楽しめる、とてもユニークなスコーンになります。

チーズズッキーニスコーン

最初にズッキーニを準備します。今回は、150グラム程度のものを1本使いました。グレイターで細かくして、塩を少量まぶしておきます。グレイターがない場合は、包丁で細かく千切りにします。

チーズズッキーニスコーン

ボールに、小麦粉、ベーキングパウダー、刻んだハーブを入れて、よく混ぜ合わせます。小麦粉は中力粉でも薄力粉でもOKです。ハーブはフレッシュなタイムを使いましたが、乾燥のものでも大丈夫です。

チーズズッキーニスコーン

無塩バターを細かく切って、粉類に練りこみます。泡立て器やマッシャーなどを使って、バターの塊がなくなるようにして、粉とバターを混ぜ合わせていきます。バターの塊がなくなって、全体がパサパサとした感じになればOKです。

チーズズッキーニスコーン

グレイターで摩り下ろしたチーズを入れてさらに混ぜます。チーズは好みのナチュラルチーズを使ってください。今回使ったのはチェダーチーズです。

チーズズッキーニスコーン

水気を軽くしぼった、ズッキーニを加えます。

チーズズッキーニスコーン

全体をよくまぜます。

チーズズッキーニスコーン

別の器に、卵と牛乳を入れて、軽く混ぜ合わせます。

チーズズッキーニスコーン

混ぜ合わせた卵液を、ボールに入れて、生地を一つにまとめます。あまり練りすぎないように注意します。生地が粉っぽいようだったら、牛乳を少量加えます。逆に水気が多くて、成形しにくいようだったら、少量の小麦粉を加えて調整します。

チーズズッキーニスコーン

大きめの業務用のラップにつつんで、生地を成形します。

チーズズッキーニスコーン

直径おおよそ20センチ程度の円盤状にします。

チーズズッキーニスコーン

生地を放射状に8等分します。

チーズズッキーニスコーン

ベーキング用の紙を敷いた鉄板に並べて、摂氏200度に温めたオーブンで、軽く焦げ目がつくまで、20分程度焼きます。

チーズズッキーニスコーン

焼き上がったら、ラックにのせて冷まします。

チーズズッキーニスコーン
チーズズッキーニスコーン
【 材料 8 個分
  • ズッキーニ 1
  • 塩 少々 
  • 小麦粉 295 g 又は 中力粉 270 g
  • ベーキングパウダー 小匙 2
  • 無塩バター 40 g
  • チェダーチーズ(細かくしたもの) 75 g

    Cheddar Cheese: アメリカで最もポピュラーなチーズのうちの一つ。熟成が進んだシャープなものからマイルドなものまで、幅広い品種がそろっている。オレンジ色をしたレッドチェダーとクリーム色をしたイエローチェダーがあるが、色が人工的に着色されているだけで、味には大差はない。

  • タイムの葉 (微塵切り) 小匙 2
  • 牛乳 大匙 2
  • 卵 1
【 作り方 】
  1. ズッキーニはグレイターで摩り下ろして、塩をまぶしておく。
  2. 小麦粉、ベーキングパウダー、塩、刻んだハーブをボールに入れて、よく混ぜ合わせる。
  3. 2.の粉類と細かく刻んだ無塩バターを、生地がしっとりした感じになるまでよく混ぜ合わせる。
  4. 3. の粉類に1. のズッキーニの水気を絞って加える。さらにグレイターで摩り下ろしたチーズを加えて、よく混ぜ合わせる。
  5. オーブンを摂氏200度に温める。
  6. 別の器に、卵と牛乳を入れて、軽く混ぜる。
  7. 4. に6. の卵液を加え、生地を一つにまとめる
  8. 7. の生地をラップにはさんで、直径約20cmの円形に整形したあと、放射状に8等分する。
  9. ベーキング用の紙を敷いた鉄板に、8. のスコーンを並べて、温めておいたオーブンに入れて、軽く焦げ目がつくまで、20分程度焼く。焼き上がったら、ラックの上で冷ます。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です