13 ビスケットとスコーン,  45 アメリカ南部のお菓子

Angel Biscuits エンジェルビスケット

エンジェルビスケット (angel biscuits) は、ベーキングパウダーと重曹で膨らます、南部風のビスケットと、イースト菌で発酵させるディナーロールの、両方の特徴を併せ持つ、ビスケットです。イースト菌を使って焼くので、通常のビスケットをさらにふわふわにしたような焼き上がりですが、ビスケットのようなさっくりとした、食感もあります。最近のレシピでは、フライパンに入れて、焼くかたちのものが多いです。フライパンで焼くと、底面に適度な焦げ目がついて、クリスピーな仕上がりになるので、メリットです。

作り方は、どちらかと言えば、ビスケットに似ています。小麦粉は、中力粉を使います。最初に、中力粉、塩、ベーキングパウダー、重曹をボールに入れて混ぜ合わせます。

細かくした、無塩バターとラードを加えて、練り合わせます。ラードの代わりにショートニングでもいいです。

バターの塊がなくなって、全体がパサパサした形になればOKです。

イースト菌の代わりに、いつもホシノの天然酵母を使ってパンを焼いているので、今回もホシノの天然酵母を使います。50グラム入っている天然酵母の3分の一量、17グラム分の天然酵母を生地起こししてから使います。生地起こしの方法は、こちらを参考にしてください。

生地起こしした天然酵母に摂氏35度程度のぬるま湯を少々加えて、120mlに量を調整します。さらに130mlの牛乳、蜂蜜を加えて、よく混ぜ合わせておきます。牛乳も室温にもどして、少し温めておくと、発酵しやすくなります。

牛乳と蜂蜜を混ぜ合わせた天然酵母を、粉類を入れてボールに加えます。

全体を一つにまとめるように、混ぜ合わせます。

軽く霧吹きで水をかけて、ラップをして、乾燥させないようにします。温かい室内において、2倍程度の膨らむまで、発酵させます。

生地の空気を抜いてから、打ち粉を使いながら、麺棒で、厚さ2センチ程度の厚さに伸ばします。

打ち粉をつけた型抜きで、くり抜きます。専用のカッターがない場合は、グラスや空き缶などを利用するといいと思います。

軽くラードやショートニングを塗ったフライパンの上に、ビスケットを均等に並べます。乾燥させないようにラップをして、温かい室温で、全体が一回り大きくなるまで、発酵させます。

摂氏220度の高温に温めたオーブンに、フライパンを入れて、15分程度焼きます。軽く表面に焦げ目がついたら焼き上がりです。

焼き上がったら、熱いうちに、表面に溶かしバターを塗ります。

Bacon Cheese Biscuits ベーコンチーズビスケット
準備時間 : 20分
調理時間 :摂氏 220度のオーブンで 12-15分
難易度★★☆
【 材料 8-12 個 】
薄力粉 ———————————- 260 g
ベーキングパウダー ———— 小匙 3
重曹 ————————————– 小匙 ½
—————————————- 小匙 ¼
ガーリック パウダー ———- 小匙 1
パプリカ —————————- 小匙 1
黒胡椒 ———————————- 小匙 ½
タイム(乾燥) ———————— 小匙 1
バター ———————————- 大匙 3
ベーコン —————————- 3枚
チーズ(細かくしたもの) —– 115 g
フレッシュハーブ、イタリアンパセリ、チャイブ、青ネギなど (微塵切り) 大匙 3
プレーンヨーグルト ———— 60 ml
牛乳 ————————————– 120 ml
【 作り方 】
ベーコンをフライパンにのせて、中火にかけ、両面に軽く焦げ目がつくまで焼く。焼き上がったら、ペーパータオルの上にのせて、余分な脂をきっておく。
小麦粉、ベーキングパウダー、重曹、塩、ガーリックパウダー、パプリカ、タイム、黒胡椒をボールに入れて、よくまぜあわせる.
の粉類に細かく刻んだバターを加え、バターを練りこむようにして、よく混ぜ合わせる。
細かく摩り下ろしたチーズ、細かく刻んだベーコン、ベーコンを焼いたときの脂を少量加え、よく混ぜ合わせる。
オーブンを摂氏210度に温める。
牛乳とヨーグルトとよく混ぜ合わせて、3.の生地に加える。さらに刻んだハーブを加えて、全体を軽く混ぜ合わせてひとつにまとめる。
必要に応じで打ち粉を使いながら、生地を2センチ程度の厚さにのばした後、粉をつけたビスケット型でくりぬくか、好みの大きさに切る。
ベーキング用のシートを敷いた鉄板に並べ、温めておいたオーブンで、軽く焦げ目が付くまで、12分~15分焼く。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。