02 朝食とブランチ,  53 イタリア料理

Eggs in Purgatory 煉獄の卵

トマトを煮込んだソースに、卵を割り入れて作る料理のことを、アメリカでは一般的にシャクシュカ (Shakshuka) と言います。シャクシュカは、もともと北アフリカがルーツのスパイシーな料理ですが、煉獄の卵 (Uova in Purgatorio) は、イタリア版のシャクシュカです。シャクシュカは本来、中東風のスパイスをきかせた味付けにするものですが、イタリア版のシャクシュカは、シンプルなマリナラソースで作り、パルメジャーノチーズで風味をつけます。好みで、カイエンヌペッパーや微塵切りにした鷹の爪を加えてもいいでしょう。「煉獄」という、かなりおどろおどろしい名前がついていますが、マリナラソースが沸々と煮えたぎっている様相は、火山の溶岩が沸々と湧き上がっている感じに、少し似ています。シャクシュカと同様に、半熟状に仕上げた卵を、マリナラソースと混ぜ合わせながら、フランスパンなどにつけながら頂きます。

煉獄の卵の作り方は、とても簡単です。まず、ニンニクを微塵切りにして、オリーブオイルをひいたフライパンに入れて、中火にかけます。

ニンニクの香りがたってきたら、トマトの水煮缶を加えて、軽く混ぜ合わせます。

オレガノ、タイム、塩、黒胡椒で味をつけます。好みで、カイエンヌペッパーや鷹の爪などを加えてもいいでしょう。

直径3センチ程度のくぼみを作って、卵を割り入れます。

卵の白身が固まるまで、弱火で火を通します。

仕上げに、摩り下ろしたパルメジャーノチーズ、微塵切りにしたイタリアンパセリやバジルなどのハーブをトッピングします。

Eggs in Purgatory 煉獄の卵
準備時間 : 10分
加熱時間 :ガスコンロの上で15-20分
難易度★☆☆
【 材料 2 人前 】
オリーブオイル ——————- 大匙 2
トマト水煮缶 ———————— 300 g
—————————————- 2 個
タイム(乾燥) ———————— 小匙 ½
オレガノ —————————— 小匙 ½
—————————————- 適宜
黒胡椒 ———————————- 適宜
イタリアンパセリ 又は バジル (微塵切り) 適宜
パルメジャーノチーズ (粉) 適宜
【 作り方 】
ニンニクを微塵切りにする。ハーブは葉の部分を微塵切りにする。
フライパンにオリーブオイルを入れて、中火にかける。微塵切りにしたニンニクを加えて、香りがたつまで軽く炒める。
トマトの水煮缶を入れて、軽くかき混ぜる。さらに、タイム、オレガノ、塩、黒胡椒を加えて、混ぜ合わせる。
トマトソースに、直径3センチ程度のくぼみをつくって、卵を割り入れる。白身が固まりだしたら、火をとめて、予熱で火を通す。
刻んだハーブと、細かくしたパルメジャーノチーズをふりかける。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。