17 コブラとプディング

Jamaican Bread Pudding ジャマイカンブレッドプッディング

ジャマイカンブレッドプッディング(Jamaican Bread Pudding) は、ラム酒につけたレーズンを使って作る、洋酒の風味がきいた、大人向けのブレッドプディングです。ブレッドプッディングは、パンをカスタード液に浸してから、耐熱容器に入れて、オーブンで焼いて作る、パンのリメイク料理です。その土地や文化の特徴を反映した、様々なブレッドプッディングのレシピがありますが、ラム酒などの洋酒を使い、シナモンやナツメグなどの様々なスパイスを効かせて焼くことが、ジャマイカのブレッドプディングの特徴です。洋酒漬けに使ったラム酒も、ソースとして使います。

レーズンは、洋酒につけておく時間が長ければ長いほど、風味が増します。軽くお湯で表面を洗ってから、笊にあけて水気をきります。その後、レーズンが浸るくらいのラム酒を注ぎ、容器に入れて保存します。

使うときは、笊にあけて、軽く洋酒を切ってから使います。残ったラム酒は、ソースにして再利用するので、とっておきます。

耐熱容器にバター (分量外) を塗ります。

パンを1.5センチ程度の角切りにしてから、耐熱容器に入れます。使うパンは、食パンでもフランスパンでも何でもいいです。残ったパンを冷凍庫で保存しておき、解凍してから、使うようにすると無駄がありません。

洋酒をきった、レーズンをパンの上に並べます。

カスタード液を作ります。卵、牛乳、三温糖、シナモン、オールスパイス、ナツメグ、クローブをボールに入れて、軽くかき混ぜます。

耐熱容器に、カスタード液を注ぎ、表面を軽く調えながら、パンにカスタード液を吸収させます。

摂氏180度に温めたオーブンで、軽く表面に焦げ目がつくまで、40分程度焼きます。

ラムソースを作ります。無塩バター、生クリーム、三温糖、ラム酒付けに使ったラム酒を鍋に入れて、中火にかけます。

バターが溶けて、沸騰してきたら、弱火にします。

全体がとろっとするまで、少し煮詰めながら、アルコールを飛ばします。

器にもって、ラムソースをかけます。

Jamaican Bread Pudding ジャマイカンブレッドプッディング
準備時間 : 20分
加熱時間 :摂氏 180度のオーブンで 45-50分
難易度★★☆
【 材料 11 x 7-inch (28 x 18 cm) べイキングディッシュ 】
—————————————- 4 個
三温糖 ———————————- 45 g
牛乳 ————————————– 475 ml
バニラエクストラクト ——– 小匙 1
シナモン (粉) ———————- 小匙 1
ナツメグ (粉) ———————- 小匙 ¼
オールスパイス ——————- 小匙 ¼
クローブ (粉) ———————- 小匙 ¼
フランスパン、ブリオッシュ、食パンなど 200 g

ラムレーズン
干し葡萄 —————————— 大匙 4
ダークラム ————————— 160 ml

ラムソース
無塩バター ————————— 55 g
三温糖 ———————————- 45 g
生クリーム ————————— 120 ml
【 作り方 】
干し葡萄はお湯で軽く表面を洗ってから水気を切る。その後、干し葡萄とラム酒を容器に入れて、3時間以上ねかす。
オーブンを摂氏180度に温める。
耐熱容器にバター (分量外)を塗り、パンを1.5センチ程度の角切りにして入れる。
ラム酒につけた干し葡萄の水分を笊にあけてきってから、 の表面に干し葡萄を散らす。ソースに使うので、干し葡萄をつけたラム酒はとっておく。
大きめのボールに卵を割り、牛乳、三温糖、バニラエクストラクト、シナモン、ナツメグ、オールスパイス、クローブを加え、よく混ぜ合わせる。
の耐熱容器に、 のカスタードを流し入れて、軽く表面を抑えるようにして、パンにカスタード液を吸収させる。
温めておいてオーブンで、40分程度、軽く表面に焦げ目がつくまで焼く。
ラムソースを作る。 で残しておいたラム酒と、無塩バター、三温糖、生クリームを鍋に入れて、中火にかける。バターが溶けたら、火を弱めて、とろっとした感じになるまで、5分程度煮詰める。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。