レモンポピーシードスコーン
11 Biscuits and Scones

Lemon Poppy Seed Scones レモンポピーシードスコーン

レモンとケシの実を乾燥させたポピーシード (poppy seed) は、アメリカでは鉄板の組み合わせで、様々なベーキングに使われます。レモンの酸味とポピーシードの苦みはとてもよい相性で、ポピーシードのプチプチとした食感が、いいアクセントになります。今回作ったのは、レモンとポピーシードを入れたアメリカ式のスコーンです。表面にレモンの果汁を加えたアイシングをトッピングしています。ほのかな甘みと酸味が楽しめる、とてもやさしい味のスコーンです。好みで、ラズベリーやストロベリーなど、酸味とよく合うベリー系のジャムを添えても美味しいです。

レモンポピーシードスコーン

アメリカ式のスコーンの作り方は、まず、小麦粉などの乾燥した材料をボールに入れて、よく混ぜ合わせます。小麦粉、ベーキングパウダー、塩、砂糖、摩り下ろしたレモンの皮、ポピーシードーをボールに入れます。レモンは、ゼスターと呼ばわれる、専用の道具を使って、黄色い部分だけを摩り下ろして加えます。 ポピーシード は、日本では、ブルーポピーシードと呼ばれる、黒いケシの実を使います。

レモンポピーシードスコーン

小麦粉や塩の塊がなくなるように、泡立て器などで軽く混ぜ合わせます。

レモンポピーシードスコーン

細かく切った、無塩バターを加えます。泡立て器やマッシャーなどを使って、バターを粉類に練りこんでいくようにします。

レモンポピーシードスコーン

バターの塊がなくなって、全体がパサパサとした感じになればOKです。

レモンポピーシードスコーン

別の器に、卵、レモンの果汁、牛乳を入れて、軽く混ぜ合わせます。

レモンポピーシードスコーン
レモンポピーシードスコーン

混ぜ合わせた卵液を、粉類を入れたボールに徐々に加えて、生地を一つにまとめます。

レモンポピーシードスコーン

生地を業務用の大きめのラップでくるんで、丸く成型します。

レモンポピーシードスコーン

厚さが1.5センチ程度の平たい円盤型にします。

レモンポピーシードスコーン

生地を放射状に8等分します。

レモンポピーシードスコーン

ベーキングシートなどを敷いた鉄板に、均等に間隔をあけて並べます。

レモンポピーシードスコーン

摂氏200度に温めたオーブンで、軽く焦げ目がつくまで焼きます。焼き上がったら、ラックの上にのせて、冷ましておきます。

レモンポピーシードスコーン

アイシング用の粉砂糖に、レモンの果汁を入れて混ぜ合わせて、アイシングを作ります。

レモンポピーシードスコーン

スコーンが冷めてから、アイシングを表面にのせます。

レモンポピーシードスコーン

好みで、アイシングの上に、ポピーシードを少量飾り付けます。

レモンポピーシードスコーン
レモンポピーシードスコーン
【 材料 8 個分
  • 薄力粉 295 g 又は 中力粉 270 g
  • 砂糖 大匙 2 1/2
  • ベーキングパウダー 小匙 2
  • 塩 少々 
  • 無塩バター 75 g
  • ブルー ポピーシード(麻の実) 大匙 1
  • レモンの皮(摩り下ろす) 小匙 1
  • レモン汁 大匙 2
  • 牛乳 60 ml
  • 卵 1

アイシング

  • 粉砂糖(アイシング用) 70 g
  • レモン汁 大匙 1 1/2
【 作り方 】
  1. 小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩、摩り下ろしたレモンの皮、ポピーシードをボールに入れて、よく混ぜ合わせる。
  2. 1. の粉類に、細かく刻んだ無塩バターを、バターの塊がなくなるまで練りこむようにして混ぜ合わせる。
  3. オーブンを摂氏200度に温める。
  4. 別の器に、卵、レモンの果汁、牛乳を入れて、軽くかき混ぜる。
  5. 2. の粉類に、4. の卵液を徐々に加えながら、生地を一つにまとめる。
  6. 生地をラップにはさんで、厚さ1.5 センチ程度の円盤状に成形してから、放射状に8等分にする。
  7. スコーンをベーキング用の紙を敷いた鉄板に並べ、軽く焦げ目が付くまで、15分~20分焼く。 焼き上がったら、ラックの上で冷ましておく。
  8. 粉砂糖とレモン汁を混ぜ合わせて、アイシングを作る。スコーンが完全に冷めてから、スコーンの表面にアイシングを塗り、好みでポピーシードをトッピングする。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です