マカロニアンドチーズ
08 Salads and Sides,  30 アメリカ南部料理

Macaroni and Cheese マカロニアンドチーズ

 マカロニアンドチーズは、アメリカ料理を知る日本人にもっとも人気がある料理のうちの一つです。茹でたマカロニとチーズがたっぷりはいったクリームベースのソースを混ぜたシンプルな料理ですが、両若男女を問わず、誰からも好かれる料理です。ボックス入りのインスタントのタイプも、多く売られていますが、ぜひフレッシュなチーズを使って、手作りしたい料理の一つでもあります。

 パスタが主体でボリュームのある一品なので、主食のようにも考えられますが、どちらかというとメインディッシュに添えられるサイドディッシュという存在です。

マカロニアンドチーズ

 マカロニアンドチーズの作り方は、いろいろな方法があるのですが、今回はベシャメルソースを使って作る、最もオーソドックスな方法をご紹介します。いろいろなレシピを試してみましたが、やはり、基本に忠実な一般的なレシピは間違いがないという気がします。

 使うチーズも、最もアメリカでポピュラーなチェダーチーズをメインに使います。トッピング用に、摩り下ろしたパルメジャーノチーズとパン粉を用意します。

マカロニアンドチーズ

 まず、マカロニを用意します。マカロニアンドチーズに使われるマカロニは、小さめのエルボーマカロニが最も多いです。パスタのアルデンテを重要視する人には異論があるかもしれませんが、マカロニアンドチーズをドライアウトさせないで、クリーミーに仕上げるこつは、マカロニを柔ら目に茹でることです。硬めにゆでると、オーブンで焼いている間に、マカロニが水分を吸ってしまい、パサパサとした出来上がりになってしまいます。またマカロニを茹でるときにオリーブオイルを鍋にいれておくと、くっつきにくくなります。

マカロニアンドチーズ

 マカロニを茹でている間にルーを作ります。ベシャメルソースがだまにならないようにするこつは、中力粉か強力粉を使うこと、牛乳を入れる前にバターを小麦粉をよく混ぜておくことです。

マカロニアンドチーズ

 ベシャメルソースが出来たら、チーズの3分の1量をまず加えて混ぜます。さらに、水気をよく切ったマカロニを混ぜます。その後にチーズの3分の1量を加えます。チーズは何度かに分けて加え、最後に加えたチーズが溶けないままにしておくくらいが丁度よいです。

マカロニアンドチーズ

 ベイキングディッシュにマカロニを加えたチーズクリーム流しいれます。さらにトッピングとして、残りのチーズ、摩り下ろしたパルメジャーノチーズ、パン粉をふりかけて、最後にオリーブオイルをかけます。

マカロニアンドチーズ

 やや高めのオーブンでさっと焦げ目がつくまで焼きます。

マカロニアンドチーズ

Prep: 20 minutes
Bake: 20-30 minutes
Serves: 4-6

  • スナッブ マカロニ 225 g
  • バター 大匙 2
  • 中力粉 大匙 2
  • 牛乳 475 ml
  • チェダーチーズ(細かくしたもの) 300 g

    Cheddar Cheese: アメリカで最もポピュラーなチーズのうちの一つ。熟成が進んだシャープなものからマイルドなものまで、幅広い品種がそろっている。オレンジ色をしたレッドチェダーとクリーム色をしたイエローチェダーがあるが、色が人工的に着色されているだけで、味には大差はない。

  • 塩 小匙 ½
  • 白胡椒 小匙 ½
  • ナツメグ(粉) 小匙 ½
  • パン粉 大匙 4
  • パルメジャーノチーズ(摩り下ろす) 大匙 3

    Parmigiano Reggiano: ハードタイプのイタリアのチーズ。摩り下ろしてパスタに添えるたり、用途は幅広い。

  • オリーブ オイル 大匙 2
  1. オーブンを400F°(205C°)に温める。
  2. パッケージの指示に従って、マカロニを柔らかめに茹でる。
  3. ルーを作る。大きめのソースパン または フライパンにバターを入れて中火にかける。すぐに小麦粉を入れて、へらでかき混ぜながら、滑らかなクリーム状にする。
  4. 3.に牛乳を徐々に入れて、ソースをのばす。とろっとした状態になったら、チーズの3分の1の量を加えて溶かす。塩、胡椒、ナツメグで味をつけて、火をとめる。
  5. 水気を切ったマカロニと、チーズの3分の1量を4.のルーに加えてさっと混ぜる。
  6. ベーキング ディッシュに、5.のマカロニを流し入れる。さらに、チーズの3分の1量と、摩り下ろしたパルメジャーノチーズをふりかける。その上からパン粉をふりかけて、最後にオリーブオイルを上からかける。
  7. 温めておいたオーブンで軽く焦げ目がつくまで焼く。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です