08 Salads and Sides

Orange Glazed Carrots 人参のグラッセオレンジ風味

 人参のグラッセは、マッシュポテトと並んで、メインディッシュの付け合わせとして、よく作られるサイドディッシュです。グラッセはフランス語なので、Glazed Carrots もしくは、Candied Carrots などと呼ばれています。フランス語の グラッセ (glacées) は 艶を出すという意味なので、英語の glazed と同じです。

 一般的な人参のグラッセの作り方は、日本では、人参を下茹でせず、生の人参をフライパンやソースパンで火を通す方法が主流なのですが、アメリカのレシピでは予め火を通した人参を、最後にバターを絡めて艶を出す、という方法が多くとられています。実際にこの方法が簡単で、火を通している間にバターが焦げてしまうこともなく、少ないバターの量で、短時間で効率的にできるように思います。下茹でをするのが面倒だという場合は、あらかじめ電子レンジで人参に火を通しておくと簡単です。

 人参のグラッセはシンプルにバターを砂糖だけで仕上げてもよいですが、好みで人参に色々な風味をつけることも出来ます。付け合わせるお料理に合わせて、黒砂糖を使ったり、生姜を加えたり、ハーブを使ったりします。今回は、オレンジの風味を利かせて作ってみました。

人参のグラッセ

 人参は食べやすい大きさに切ります。大きさがそろっていれば、大きくても小さくてもかまいません。

人参のグラッセ

 鍋に水を入れて、下茹でしてもいいですが、今回は電子レンジを使いました。人参が軟らかくなるまで、10程度温めます。

人参のグラッセ

  フライパンにバター、砂糖、蜂蜜、摩り下ろしたオレンジの皮とジュースを入れて、バターを溶かします。バターが溶けたら、火を通した人参を入れて、よく絡めます。

人参のグラッセ

 最後に塩で味を調えて、刻んだハーブを加えます。

人参のグラッセ

Prep: 10 minutes
Cook: 25 minutes
Serves: 4-6

  • 人参 890 g
  • オレンジ 1
  • バター 大匙 2
  • 蜂蜜 大匙 1
  • 砂糖 大匙 2
  • 塩 小匙 ¼
  • ミント 又は タイムの葉(微塵切り) 大匙 3
  1. 人参を一口大に切る。大きめの鍋に水と塩(分量外)を入れ、柔らかくなるまで人参をゆでる。
  2. オランジは皮を摩り下ろし、ジュースを絞っておく。
  3. ソースパンを中火にかけ、バター、砂糖、蜂蜜、オレンジのジュース、摩り下ろした皮よく混ぜる。
  4. 砂糖が溶けたら、1.の人参を入れて混ぜ合わせる。塩をふって味を調え、微塵切りにしたハーブを加える。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です