08 サラダと副菜

Orange Glazed Carrots 人参のグラッセオレンジ風味

オレンジの風味と蜂蜜を加えて作った、人参のグラッセです。オレンジの酸味と甘酸っぱい香りは人参ととてもよく合います。アメリカでも人参のグラッセは、マッシュポテトと並んで、メインディッシュの付け合わせとして、よく作られるサイドディッシュです。グラッセはフランス語なので、Glazed Carrots もしくは、Candied Carrots などと呼ばれています。フランス語の グラッセ (glacées) は 艶を出すという意味なので、英語の glazed と同じです。

人参のグラッセの作り方は、生の人参をフライパンやソースパンで火を通す場合と、人参を下茹でしてから、味付けしたバターを絡める方法があります。アメリカのレシピでは予め火を通した人参を、最後にバターを絡めて艶を出す、という方法が多くとられています。実際にこの方法が簡単で、火を通している間にバターが焦げてしまうこともなく、少ないバターの量で、短時間で効率的にできるように思います。最初にフライパンを使って、人参を下茹でしておくと、一つのフライパンで料理することができるので、洗い物も減らすことができるので楽に調理することができます。

人参のグラッセはシンプルにバターを砂糖だけで仕上げてもよいですが、好みで人参に色々な風味をつけることも出来ます。今回は、オレンジの風味を利かせて作っていますが、付け合わせるお料理に合わせて、黒砂糖を使ったり、生姜を加えたり、ハーブを使ったりすると、色々なバリエーションを楽しめます。

人参は、食べやすい大きさに切りそろえます。オレンジは皮の部分をゼスターで摩り下ろして、果汁を絞っておきます。イタリアンパセリやミントなどのハーブは、歯の部分を微塵切りにします。

人参を下茹でします。フライパンに水と塩、人参を入れて、中火にかけます。沸騰したら火を弱めて、人参が軟らかくなるまで茹でます。

茹で上がったら笊にあけて、水気を切ります。

フライパンの水分をふき取ってから、茹で上がった人参とバターを入れて、忠義にかけます。バターを溶かしながら、人参に絡めるようにします。

オレンジの果汁と蜂蜜を入れて、煮汁を人参に絡めるようにしながら、オレンジの果汁を煮詰めていきます。

煮汁が少なくなったら、火を止めて、塩と黒胡椒で味を調えます。

最後に微塵切りにしたハーブを加えて、混ぜ合わせます。

Orange Glazed Carrots 人参のグラッセオレンジ風味
準備時間 : 10分
加熱時間 :ガスコンロの上で25分
難易度★☆☆
【 材料 4 人前 】
人参 ————————————– 670 g
オレンジ —————————— 1個
バター ———————————- 大匙 3
蜂蜜 ————————————– 大匙 1 ½
—————————————- 小匙 1
黒胡椒 ———————————- 小匙 ¼
イタリアンパセリ 又は ミント (微塵切り) 大匙 2
【 作り方 】
人参は食べやすい大きさに切る。オランジは皮を摩り下ろし、果汁を絞っておく。ハーブは微塵切りにする。
大きめの鍋に水と塩を入れ、人参を加えて、軟らかくなるまでゆでる。
フライパンを中火にかけ、バター、人参を入れて、バターを人参にからめる。バターが溶けたら、オレンジの果汁、蜂蜜、摩り下ろした皮加える。
沸騰したら火を弱めて、煮汁を煮詰めながら、人参に絡める。煮汁が少なくなったら、火を止める。塩、黒胡椒で味を調えて、最後に刻んだハーブを加えて、軽く混ぜ合わせる。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。