07 豆と穀物とパスタ,  53 イタリア料理

Pasta e Ceci ひよこ豆とトマトのパスタ

ひよこ豆とトマトをいれたソースで煮込んだ、とても簡単なイタリアのパスタ料理です。ひよこ豆の大きさに合わせた、小さめのショートパスタで作ることが多いです。一つの鍋で、パスタをトマトソースとともに煮込んで作るので、とても簡単に出来ます。

トマトとひよこ豆の他に、玉ねぎ、セロリ、人参を加えることもあります。今回は玉ねぎだけを使っています。フレッシュなローズマリーで風味をつけることが、多いです。たまにアンチョビを使うレシピもあります。

最初に鍋にオリーブオイル、刻んだニンニク、フレッシュなローズマリーを入れて、火にかけます。ニンニクの香りがたってくるまで、軽く炒めます。

微塵切りにした玉ねぎを加えます。セロリと人参を加える場合も、微塵切りにして、このタイミングで加えます。

玉ねぎがしんなりとしたら、トマトの水煮缶を加えます。

水を加えて、塩、黒胡椒、オレガノを加えて、軽く味をつけます。中火で、軽く沸騰してくるまで、蓋をして煮込みます。

ショートパスタを生のまま加えます。今回使ったのは、ディタリーニというリング状の小さなパスタです。小さなショートパスタの方が火が通りやすいのでお勧めですが、ペンネなど、他のショートパスタでも構いません。パスタに8割程度火が通るまで、時々かき混ぜながら、煮込みます。

ひよこ豆は、缶詰のものなど、予め火がとおしてあるものを、水気を切って使います。400グラムの缶詰を水気を切ると、実際の重さは、おおよそ250グラム程度になると思います。そのうちの4分の一程度を器に入れて、フォークなので、軽くつぶしておきます。

パスタが軟らかくなったら、水気を切ったひよこ豆と、ペースト状につぶしたひよこ豆を入れます。軽くかき混ぜて、トマトソースと味をなじませます。もし、パスタが水分を吸収して、水気が足りないようだったら、足してください。

最後に、塩と黒胡椒で味を調えます。

Pasta e Ceci ひよこ豆とトマトのパスタ
準備時間 : 10分
調理時間 :ガスコンロの上で15-20分
難易度★★☆
【 材料 4 人前 】
ひよこ豆(缶詰) —————- 400 g
トマト水煮缶 ————————- 400 g
玉ねぎ(小) ————————- 1個
ニンニクの微塵切り ———— 大匙 1
ローズマリー ————————- 1 枝
オリーブ オイル ——————- 大匙 2
—————————————- 400 ml
ショートパスタ (ディタリーニ) 225 g
オレガノ —————————- 小匙 1
—————————————- 適宜
黒胡椒 ———————————- 適宜
【 作り方 】
玉ねぎは微塵切りにする。ニンニクも細かい微塵切りにする。
ひよこ豆の缶詰は、ざるにかえて、水気をきっておく。60グラム程度を、マッシャーなどでつぶして、ペースト状にしておく。
鍋にオリーブオイル、ニンニク、ローズマリーを入れて、中火にかける。ニンニクの香りがたってきたら、玉ねぎを入れて、しんなりとするまで炒める。
トマトの水煮缶と水を加えて、軽くかき混ぜる。オレガノ、塩、黒胡椒を加えて、軽く沸騰するまで、中火で煮込む。
パスタを加えて、柔らくなるまで、弱火で煮込む。
ひよこ豆とひよこ豆のペーストを加えて、軽くかき混ぜる。最後に、塩と黒胡椒で味を整える。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/






Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。