13 Pies, Tarts, and Quiche,  30 アメリカ南部料理

Pecan Pie

Prep: 15 minutes
Bake: 55-60 minutes
Serves: 9-inch (23cm) pie shell

  • シングルパイ クラスト 1

    Single Crust Pastry: パイ型の下層部だけにパイ生地を敷き詰めて焼くタイプのパイ生地。フィリングを詰める前に完全にパイを焼いておくもの、パイを半焼きの状態にしてから、フィリングを詰めて再び焼くもの、生の生地にフィリングを詰めて、パイ生地とフィリングを同時に焼き上げるものがある。

  • ピーカン 375 g

    Pecans: アメリカ南部に広く自生している、ピーカンパイをはじめ、南部料理に幅広く利用されているナッツ。味は胡桃に似ているが、胡桃よりはややさっぱりとしている。

  • 無塩バター 大匙 4
  • 黒砂糖 105 g
  • コーンシロップ 180 ml

    Corn Syrup: とうもろこしから作ったシロップで、ダークなものと白いものがあり、 Karoというメーカーのものが有名。パンケーキのシロップとして、又ピーカンパイを作るとき材料としてよく使われる。

  • 卵 3
  • ヴァニラ エクストラクト(ヴァニラ オイル 又はヴァニラ エッセンス) 適宜 
  1. オーブンを425F°(220C°)に温める。
  2. ピーカンは全体の5分の1量程度を、粗めの微塵切りにする。
  3. 鍋に無塩バター、黒砂糖、コーンシロップを加えて、飴状になるまで弱火で焦がさないように煮詰める。
  4. バターが溶けたら、火からおろして粗熱をとる。
  5. パイを半焼きにする。温めておいたオーヴンで、パイにアルミホイルを敷いて米などで重石をし、パイを12~15分程度焼く。重石をとってさらに7~10分程度焼く。途中で様子をみて、必要に応じて縁にアルミホイルをかける。
  6. 5.に割りほぐした卵、ピーカン、ヴァニラオイル(ヴァニラ・エクストラクト)を加えてよく混ぜ合わせて、半焼きにしたパイに敷き詰める。
  7. 6.をオーヴンで10分程度加熱したのち、温度を325F°(165C°)まで下げて、中のフィーリングが固まるまで30分程度加熱する。
  8. 十分に冷ましてから、切り分ける。
Single Crust Pastry シングルパイ クラスト

Prep: 20 minutes
Chill: 60 minutes
Makes: 9-inch (23cm) pie shell

  • 薄力粉 165 g
  • 無塩バター 大匙 4 ½
  • ショートニング又は ラード 大匙 1 ½
  • 冷水 
  1. 小麦粉に細かく刻んだバター、ショートニングを加え、バターの塊がなくなるまで、フォークで押さえつけるようにして、混ぜ合わせる。
  2. 1.に氷で冷やした水(約 大匙 2-4杯)を、生地全体がしっとりとまとまるまで、少しずつ加えながら混ぜる。
  3. 生地をラップにつつんで一時間程度冷蔵庫で冷やす。
  4. 生地を二枚のラップにはさんで、パイ皿より少々大き目の円形にのばし、片方のラップをとって、油を敷いたパイ皿になじませる。パイ生地が膨らまないよう、パイ生地の底にフォークで穴をあける。縁はパイ皿の大きさに合わせて成型 飾りつける。
  5. 表面をラップで覆い、焼き上げるまで冷蔵庫もしくは冷凍庫で、パイ皿ごとしっかりと冷やす。
  6. パイを完全に焼く場合、オーブンを425F°(220C°)に温める。
  7. 温めておいたオーヴンで、パイにアルミホイルを敷いて米などで重石をし、パイを12~15分程度焼く。
  8. オーヴンの温度を375F°(190C°)に下げて、重石をとってさらに20-30分程度、パイに軽く焦げ目がつくまで焼く。途中で様子を見て、縁に焦げ目がついているようだったら、オーヴンから出し、縁をアルミフォイルで覆う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です