グリーンビーンキッシュ
30 アメリカ南部料理

Green Bean Quiche グリーンビーンキッシュ

キッシュ (Quiche) は、フランス語で pâte brisée(パートブリーゼ)と呼ばれる生地に、卵とチーズをベースにした具材で作る、セイボリーなタルトです。ベーコンを使ったキッシュロレーヌ (Lorraine)と呼ばれる、フランスのロレーヌ地方のキッシュが有名です。キッシュは、ベーコン以外の様々な具材を自由自在に組み合わせて使えます。これはインゲン豆とベーコンを入れて焼いたキッシュです。

グリーンビーンキッシュ

 ベーコンは細切りにして、最初にフライパンで焼いておきます。

グリーンビーンキッシュ

 キッシュに使うパートブリーゼは、実質的にはアメリカの一般的な練りこみ式パイ生地と同じものです。パイ生地は、冷蔵庫で30分ほどねかせた後、円形にのばします。

グリーンビーンキッシュ

 キッシュに使うタルト型は、深さがある程度あった方が使いやすいですが、ない場合は、9インチ(23センチ)のタルト型を使います。タルト型に生地を入れて、淵を整えて、フォークで穴をあけます。

グリーンビーンキッシュ

 焼いている間に底が膨らまないように、ベーキング用の紙を敷いて、お米などで重石をします。この状態で一度摂氏200度のオーブンに入れて、半焼きにします。

グリーンビーンキッシュ

 半焼きにしたタルト型に、茹でたインゲン豆とベーコンを入れます。インゲン豆は冷凍のものを解凍して使ってもOKです。

グリーンビーンキッシュ

 摩り下ろしたチーズは、トッピングの分を残して、3分の2量程度をふりかけます。キッシュなど、卵料理に使うチーズはグリエールなどのスイスチーズが好んで使われることが多いです。

グリーンビーンキッシュ

 ボールに卵、生クリーム、クリームチーズを入れて混ぜ合わせます。塩、胡椒、ナツメグで軽く味をつけておきます。

キッシュ

 生クリーム、クリームチーズを加えた卵液を流しいれます。残りのチーズをトッピングします。オーブンの温度を摂氏180度に下げて、卵液が固まるまで焼きます。

グリーンビーンキッシュ
グリーンビーンキッシュ

Prep: 20 minutes
Cook: 35 minutes
Serves: 9-inch (23 cm) tart pan

  • シングルパイ クラスト 1

    Single Crust Pastry: パイ型の下層部だけにパイ生地を敷き詰めて焼くタイプのパイ生地。フィリングを詰める前に完全にパイを焼いておくもの、パイを半焼きの状態にしてから、フィリングを詰めて再び焼くもの、生の生地にフィリングを詰めて、パイ生地とフィリングを同時に焼き上げるものがある。

  • ベーコン 6
  • インゲン豆 150 g
  • チーズ(細かくしたもの) 150 g
  • 生クリーム 160 ml
  • クリームチーズ 大匙 3
  • 卵 4
  • 塩 小匙 ½
  • 黒胡椒 小匙 ½
  • ナツメグ(粉) 小匙
  1. オーブンを400F(205C)に温める。タルト型にバター(分量外)を塗っておく。
  2. ベーコンを細切りにする。インゲン豆はゆでで、適当な大きさに切っておく。
  3. フライパンでベーコンをかりかりにいためる。
  4. パイ生地を薄く伸ばして、タルト型に敷き詰める。底にフォークで穴を開けて、その上にアルミホイルを敷いて米などで重石をする。
  5. 温めておいたオーブンで、パイ生地を半焼きにする。最初に12~15分程度焼いて、オーブンから出し、重石をとる。
  6. ボールに卵、生クリーム、クリームチーズを入れて混ぜ合わせ、塩、胡椒、ナツメグで味を調のえておく。
  7. 5.のタルト型に、インゲン豆、ベーコン、摩り下ろしたチーズの3分の2量をタルト型に並べる。さらに、6. の卵液を流し入れて、残りのチーズをトッピングする。オーブンの温度を摂氏180度に下げて、タルト型をオーブンに入れて、卵か固まるまで焼く。
Single Pie Crust シングルパイ クラスト

Prep: 20 minutes
Chill: 60 minutes
Makes: 9-inch (23cm) pie shell

  • 薄力粉 165 g
  • 無塩バター 大匙 4 ½
  • ショートニング又は ラード 大匙 1 ½
  • 冷水 
  1. 小麦粉に細かく刻んだバター、ショートニングを加え、バターの塊がなくなるまで、フォークで押さえつけるようにして、混ぜ合わせる。
  2. 1.に氷で冷やした水(約 大匙 2-4杯)を、生地全体がしっとりとまとまるまで、少しずつ加えながら混ぜる。
  3. 生地をラップにつつんで一時間程度冷蔵庫で冷やす。
  4. 生地を二枚のラップにはさんで、パイ皿より少々大き目の円形にのばし、片方のラップをとって、油を敷いたパイ皿になじませる。パイ生地が膨らまないよう、パイ生地の底にフォークで穴をあける。縁はパイ皿の大きさに合わせて成型 飾りつける。
  5. 表面をラップで覆い、焼き上げるまで冷蔵庫もしくは冷凍庫で、パイ皿ごとしっかりと冷やす。
  6. パイを完全に焼く場合、オーブンを425F°(220C°)に温める。
  7. 温めておいたオーブンで、パイにアルミホイルかパラフィン紙を敷いて米などで重石をし、パイを12~15分程度焼く。
  8. オーブンの温度を375Fに下げて、重石をとってさらに20-30分程度、パイに軽く焦げ目がつくまで焼く。途中で様子を見て、縁に焦げ目がついているようだったら、オーブンから出し、縁をホイルで覆う。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です