クランベリーブレッド
10 Muffins and Quick Breads

Cranberry Bread クランベリーブレッド

 バナナブレッドやクランベリーブレッドなど、砂糖を入れて甘めの味付けにして、ローフ型に入れて焼き上げるものは、総じてブレッドと呼ばれることが多いです。パウンドケーキと呼ばれるものよりは、お砂糖も油脂も少なめのレシピが多いです。フレッシュなクランベリーを使った、クランベリーブレッドは、色鮮やかな赤色と独特な酸味が特徴です。林檎が入っているので、クランベリーの酸味がやわらぎ、食べやすいです。

クランベリーブレッド

 バターの量は少ないですが、作り方はパウンドケーキと同じです。最初にバターとお砂糖をクリーム状にすることから始めます。バターは室温で戻しておくと楽です。

クランベリーブレッド

 さらに卵を加えて混ぜ合わせます。

クランベリーブレッド

 続いてオレンジの汁を加えます。

クランベリーブレッド

 別のボールに篩った粉類を入れて、よく混ぜ合わせます。さらに、刻んだクランベリーと林檎を加えて混ぜます。

クランベリーブレッド
クランベリーブレッド

 練り合わせたバターに、フルーツと混ぜ合わせた粉類を少しずつ加えていきます。

クランベリーブレッド
クランベリーブレッド

 焼き型にバターを敷いて、ベーキング用の紙を敷いておきます。

クランベリーブレッド

 型に生地を流し入れます。摂氏180度に温めたオーブンで50分程度、中まで火が通るまで焼いたら出来上がりです。

クランベリーブレッド
クランベリーブレッド

Prep: 25 minutes
Bake: 50-55minutes
Makes: 1 loaf

  • バター 55 g
  • 砂糖 60 g
  • 卵 1
  • オレンジ ジュース 60 ml
  • オレンジの皮(摩り下ろす) 小匙 1
  • 薄力粉 260 g 又は 中力粉 240 g
  • ベーキングパウダー 小匙 1 ½
  • 重曹 小匙 ½
  • りんご(小) 1
  • クランベリー 160 g

    Cranberries: 小さなサクランボーのような外見をした、酸味の強い果実。そのままマフィンやクイックブレッドに混ぜて使用されたり、生の果実を煮詰めてソースを作り、感謝祭の七面鳥の付け合せに添えられる。

  1. オーブンを350F°(180C°)に温める。
  2. ローフ型にバター(分量外)をぬり、ベーキング用の紙を切って敷いておくか、軽く小麦粉をふっておく。
  3. バターは室温に戻しておくか、細かく切ってからレンジで15秒ほど加熱して軟らかくしておく。バターと砂糖を泡だて器で混ぜ合わせてクリーム状にする。
  4. 3. に卵を加えてよく混ぜる。さらにオレンジジュースを加えてよく混ぜる。
  5. 別のボールに小麦粉、ベーキングパウダー、重曹、オレンジの皮をよくまぜあわせる。
  6. りんごとクランベリーを荒めの微塵切りにして、4.の粉類に混ぜ合わせる。
  7. 4. に6. の粉類とフルーツを少しずつわけながら加えて、一つにまとめ、焼型に流しいれる。
  8. 6.を温めておいたオーブンで、50分程度、中まで火が通るまで焼き上げる。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です