パイナップルココナッツスコーン
11 Biscuits and Scones

Pineapple Coconut Scones パイナップルココナッツスコーン

パイナップルココナッツマフィンと同じ材料で、スコーンを作ってみました。マフィン同様、トロピカルな甘い香りがするスコーンです。軽く、アイシングでお化粧していますが、シンプルに何もなくても美味しいです。

パイナップルココナッツスコーン

スコーンはビスケットと同様に、小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩などの粉類を、バターを練りこんでいきながら、生地を作ります。ビスケットは、軽い仕上がりにしたいので、薄力粉を使うことをおすすめしますが、スコーンは、ビスケットより重量感がある仕上がりにするので、どちらかと言えば、中力粉の方が向いています。しかし、小麦粉の量を調整して使えば、薄力粉で作っても、それはそれで美味しいと思います。

粉類をボールに入れて、泡立て器で軽く混ぜ合わせた後、細かく切った無塩バターを加えます。

金柑スコーン

泡立て器でバターをつぶすようにして、小麦粉に練りこんできます。フードプロセッサーを使うと、この作業はもっと楽に出来ます。

パイナップルココナッツスコーン

ココナッツフレークと、細かくした缶詰のパイナップルを加えて、軽く混ぜ合わせます。

パイナップルココナッツスコーン

別のボールに、卵と牛乳を入れて混ぜ合わせます。

パイナップルココナッツスコーン
パイナップルココナッツスコーン

混ぜ合わせた卵液を、粉類に加えて、全体を一つにまとめます。

パイナップルココナッツスコーン

あまり混ぜすぎると、パイナップルから水分がでてきて、生地が軟らかくなってしまうので、少し粉っぽさが残る程度で大丈夫です。

パイナップルココナッツスコーン

生地をラップの上にのせて、整形していきます。業務用の大きめのラップを使うと便利です。

パイナップルココナッツスコーン

おおよそ、直径20セン円形に整形します。

パイナップルココナッツスコーン

さらに、放射線状に8等分します。

パイナップルココナッツスコーン

ベーキングシートなどを敷いた鉄板にスコーンを並べます。摂氏200度のオーブンで、軽く焦げ目がつくまで、20分程度焼きます。

パイナップルココナッツスコーン

焼きあがったスコーンは、ラックに上にのせて冷ましておきます。

パイナップルココナッツスコーン

アイシングを作ります。アイシング用の粉砂糖と、牛乳もしくはココナッツミルクをボールに入れてよく混ぜ合わせます。アイシングが軟らかくなりすぎないように、硬さを調節しながら、少しずつ加えるのがポイントです。

パイナップルココナッツスコーン

アイシングは小さめの丸口金をつけた絞り袋に入れて、スコーンにトッピングします。

パイナップルココナッツスコーン
【 材料 8 個分
  • 薄力粉 295 g 又は 中力粉 270 g
  • 砂糖 大匙 3
  • ベーキングパウダー 小匙 1
  • 重曹 小匙 ½
  • 塩 少々 
  • 無塩バター 75 g
  • ココナッツ フレーク 60 g
  • パイナップル缶詰 225 g
  • 卵 1
  • 牛乳 60 ml

アイシング

  • 粉砂糖(アイシング用) 45 g
  • 牛乳 大匙 2
【 作り方 】
  1. 小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、スパイス、塩をよくまぜあわせる。
  2. 1. の粉類と細かく刻んだバターを、生地がしっとりした感じになるまでよく混ぜ合わせる。
  3. パイナップルは粗い微塵切りにして、ココナッツとともに、2.の粉類に混ぜ合わせる。
  4. オーブンを摂氏200度に温める。
  5. 別のボールに、牛乳、卵を入れてよく混ぜ合わせる。
  6. 3. に5. の卵液を加え、生地を一つにまとめる。
  7. 6. の生地をラップにはさんで、直径約20センチの円形に整形した後、よく切れる包丁で8等分にする。
  8. 7. をベーキングシートなどを敷いた鉄板に並べ、軽く焦げ目が付くまで、15分~20分焼く。
  9. 焼きあがったスコーンは、ラックなどの上において、よく冷ましておく。
  10. アイシングの材料をボールに入れてよく混ぜ合わせる。スコーンが冷めたら、アイシングをトッピングする。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありあがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です