アメリカ南部風ビスケット
11 Biscuits and Scones,  30 アメリカ南部料理

Southern Biscuits アメリカ南部風ビスケット

イギリスのスコーンがアメリカの南部では新たに形を変えて発展し、ビスケットと呼ばれて親しまれています。伝統的にはバターミルクを使い、スコーンよりも軽く、ふんわりとした焼き上がりが特徴的です。

Prep: 20 minutes
Bake: 12-15 minutes
Makes: 8-12 pieces

  • 薄力粉 260 g
  • ベーキングパウダー 小匙 3
  • 重曹 小匙 ½
  • 塩 小匙 ¼
  • バター 大匙 3
  • ショートニング又は ラード 大匙 2
  • プレーンヨーグルト 60 ml
  • 牛乳 120 ml
  1. 小麦粉、ベーキングパウダー、重曹、塩、をよくまぜあわせる.
  2. 1.の粉類と細かく刻んだバター、ショートニングを生地がしっとりした感じになるまでよく混ぜ合わせる。
  3. オーブンを425F°(220C°)に温める。
  4. 牛乳とヨーグルトとよく混ぜ合わせて、2.の生地に加え、軽く混ぜ合わせてひとつにまとめる。
  5. 4.の生地をラップにはさんで、半インチ(1.2mm)の厚さにのばした後、粉をつけたビスケット型でくりぬくか、好みの大きさに切る。
  6. 5.をパラフィン紙を敷いた鉄板に並べ、軽く焦げ目が付くまで、12分~15分焼く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です