11 パン,  53 イタリア料理

Pizza Margherita ピザマルゲリータ

トマトソースとフレッシュなモッツァレラチーズ、バジルの葉とトッピングした、とても有名なナポリピザ、マルゲリータ (Margherita) です。19世紀、イタリアのウンベルト1世に嫁いだ、マルゲリータ王妃にちなんで命名され、緑と赤、白のイタリアの国旗の色を象徴しているとされています。とてもシンプルな材料で簡単に作れるピザなので、自宅でピザを焼いてみるのなら、まず最初に作ってみたいピザの一つです。

ピザ生地は、ホシノの天然酵母で作ります。ホシノ天然酵母25グラムを、予め生地起こししておきます。この生種と、摂氏35度程度のぬるま湯をまぜて、400mlになるように、調整しておきます。生地起こしの方法は、こちらを参考にしてください。

強力粉450グラムと塩をボールに入れて軽くかき混ぜます。

ぬるま湯を加えて、分量を調整した生種を加えて、全体を混ぜます。

生地が一つにまとまったら、スタンドミキサーにセットします。

表面がなめらかな状態になるまで、よくこねます。

だんだんと、生地がボールにつかなくなり、まとまってきます。生地が軟らかすぎるようだったら、強力粉を大匙1杯程度、少しずつ加えながら、硬さを調節します。

十分にこねあがったら、形を整えてボールにいれて、発酵させます。生地が乾燥しないように、霧吹きで水を軽くかけておきます。

2倍ぐらいに膨らんだら、発酵終了です。

発酵させている間にマリナラソースを作ります。

マリナラソースは、市販のものを使ってもいいし、自宅でも簡単に作れます。トマトピューレを使ったり、トマトの水煮缶を使ったり、色々な方法がありますが、今回は、フレッシュなトマトから、マリナラソースを作りました。トマトピューレを使うレシピは、こちらを参考にしてください。

フレッシュなトマトで作るマリナラソースは、トマトと、ニンニク、ハーブを使います。ニンニクは微塵切りにします。トマトは小さめの角切りにします。ハーブはフレッシュなバジルとタイムを少量加えます。フレッシュなトマトの代わりに、400グラムの水煮缶を使っても作れます。

フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて、中火にかけます。

ニンニクに火が通ったら、トマトを加えます。

沸々と沸騰してきたら、火を弱めます。バジルの微塵切り、タイムの葉、塩を加えて、かき混ぜます。余分な水分が蒸発して、全体にとろみが出て切るまで、5分から10分程度弱火で煮ます。トマトの水煮缶を使う場合は、予めトマトが煮込んである状態であるため、短時間で仕上げます。

その他の材料を用意します。チーズは、フレッシュなモッツレラチーズと、パルメジャーノチーズを使います。バジルの葉とマリナラソースを使います。

一次発酵が終わった生地は、生地を押しつぶすようにして、空気を抜いてから、4当分にします。打ち粉を使いながら、生地を丸く成形します。発酵直後の生地は成形しにくいので、このまま、乾燥しないように注意しながら、20分程度おいておきます。

なお、ピザ生地は、冷凍保存が可能なので、すぐに使わない場合は、ラップに包んで、ジップロックに入れて、冷凍しておくと便利です。使うときは、自然解凍させて、室温にもどしてから使用します。

鉄板に上には、コーンミールやセモリナ粉をうすく、ひいておくと、生地がつかなくなるし、ぱりっと仕上がります。

丸く成形した生地は、一度平たく押さえて、余分な生地を抜きます。ピザ生地は伸びやすいので、軽くストレッチしながら、丸い円形に伸ばします。

マリナラソースを薄く塗った後、パルメジャーノチーズを振りかけます。

フレッシュなモッツレラをのせます。

バジルの葉をのせて、オリーブオイルをかけます。摂氏220度の高温に温めたオーブンで、10分程度、生地に火が通るまで焼きます。

Pizza Margherita ピザマルゲリータ
準備時間 : 10分
加熱時間 :摂氏 220度のオーブンで 5-10分
難易度★☆☆
【 材料 直径 9-inch (23 cm) ピザ 】
ピザ生地 (M サイズ) ——– 1 枚
コーンミール ———————— 大匙 2
マリナラソース☆☆ 又は フレッシュトマトのマリナラソース☆☆☆ 60 ml
フレッシュモッツアレラ ——- 90 g
パルメジャーノチーズ (粉) 適宜
バジルの葉 ————————— 適宜
オリーブ オイル —————– 適宜
【 作り方 】
オーブンを摂氏220度に温める。
鉄板の上にコーンミールを薄くひき。ピザ生地を引き延ばすようにしながら、丸く整形して、鉄板にのせる。
マリナラソースを満遍なく塗る。パルメジャーノチーズをふりかけ、モッツアレラチーズを並べる。バジルの葉を散らして、オリーブオイルをトッピングする。
温めたオーブンで5軽く焦げ目がつくまで、7分程度焼く。
Homemade Pizza Dough ホシノ天然酵母で作るピザ生地
準備時間 : 15分
難易度★★☆
【 材料 4 Medium サイズピザ生地 】
ホシノ天然酵母(生種起こしをしたもの) 25 g
—————————————- 300 ml
蜂蜜 ————————————– 小匙 1
強力粉 ———————————- 450 g
—————————————- 小匙 1
【 作り方 】
生種起こしをしたホシノ天然酵母に、35度に温めた水を加えて、400ml になるように調整する。さらに、蜂蜜を加えてよく混ぜ合わせる。
強力粉と塩をよく混ぜ合わせ、1の生種を少しずつ加える。
粘り気が出るまで、よく混ぜ合わせる。生地が軟らかすぎるようだったら、大匙1杯程度の小麦粉を少しずつ加えて、混ぜ合わせる。
生地がなめらかな状態になり、ボールや手につかないようになるまで、力強くこねる。
生地を丸く整えたら、軽く霧吹で水をかけて、ボールにラップをする。温かい室内において、生地の容量が焼く2倍になるまで、発酵させる。
発酵した生地をおしつぶして、空気を抜く。生地を4当分にして丸めて、20分ほどねかせる。
☆☆ Marinara Sauce マリナラソース
準備時間 : 15分
調理時間 :ガスコンロの上で12-15分
難易度★☆☆
【 材料 240 ml 】
トマトピューレ ——————- 240 ml
—————————————- 120 ml
オリーブオイル ——————- 60 ml
ニンニク —————————— 3 片
オレガノ —————————— 大匙 1
タイム(乾燥) ———————— 大匙 1
—————————————- 小匙 ½
【 作り方 】
ニンニクを微塵切りにする。
オリーブオイルを鍋にひいて、微塵切りにしたニンニクを入れ、中火にかける。ニンニクの香りがたってきたら、トマトピューレと水を加える。塩、タイム、オレガノを入れて、軽くかき混ぜながら、中火で2分ほど火を通す。
☆☆☆ Fresh Tomato Marinara Sauce フレッシュトマトのマリナラソース
準備時間 : 15分
調理時間 :ガスコンロの上で15-20分
難易度★☆☆
【 材料 200 ml 】
トマト (中) ————————– 4 個
オリーブオイル ——————- 大匙 2
ニンニク —————————— 2 片
タイムの葉 ————————— 小匙 1
バジルの葉 ————————— 15 g
—————————————- 小匙 ½
【 作り方 】
ニンニクを微塵切りにする。トマトは細かい角切りにする。バジルは葉の部分を微塵切りにする。
オリーブオイルを鍋にひいて、微塵切りにしたニンニクを入れ、中火にかける。ニンニクの香りがたってきたら、トマトを加える。沸騰したら、火を弱める。
塩、タイムの葉、バジルを入れて、軽くかき混ぜる。余分な水分が蒸発して、適度な濃度になるまで、弱火で5分程度煮る。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。