08 サラダと副菜,  51 フランス料理

Potato Tomato Gratin じゃが芋とトマトのグラタン

薄切りにしたじゃが芋とトマトをベーキングディッシュに敷き詰めて焼き上げる、トマトとじゃが芋のグラタンです。野菜を薄切りにしてオーブンで焼き上げる、ティアンドレギュムと、薄切りにしたじゃが芋をクリームソースとともに焼く、ポテトグラタンの中間のよう一品です。グラタンではありますが、クリームやチーズは使わないで、ハーブとニンニク、アンチョビの風味をきかせて、プロバンス風に仕上げています。クリームベースのグラタンと比べると、ずっとあっさりとした軽い仕上がりなので、食べやすいです。アンチョビは少しくせがあるので、苦手な人はいれなくてもいいと思います。合わせるメインディッシュがシーフードの場合は、アンチョビの風味との相性はとても素晴らしいです。

主な材料はトマトと、じゃが芋、ニンニク、玉ねぎ、ハーブ、アンチョビです。トマトと玉ねぎは包丁で薄切りに、じゃが芋は皮をむいて、スライサーで薄切りにします。ニンニクは微塵切り、アンチョビも微塵切りにします。ハーブは、手持ちのものや好みのものを組み合わせて使います。オレガノ、セージ、ローズマリー、タイムは、野菜と一緒にオーブンで焼きます。一方、バジル、イタリアンパセリ、ディルなどは、焼き上がってから、微塵切りにして、散らすようにします。

タルト型やキッシュ型など、底が浅いタイプの耐熱容器を使うと、作業がしやすいです。ベーキングディッシュにオリーブオイルをひいて、ニンニクとアンチョビの微塵切りに入れます。軽くかき混ぜて、耐熱容器の底面に、漫勉なくオリーブオイルがいきわたるようにします。

薄切りにした玉ねぎを敷き詰めます。さらに、セージやタイムなどのハーブ、黒胡椒、塩をふりかけます。

薄切りにしたじゃが芋とトマトを、交互に重ねながら、並べていきます。

最後に塩、黒胡椒、ハーブの葉を散らして、オリーブオイルを振りかけます。

じゃが芋は火が通りにくいので、最初はアルミホイルでカバーをして、水分が飛ばないようにして、焼きます。摂氏180度に温めたオーブンに入れて、じゃが芋が軟らかくなるまで、40分程度焼きます。

じゃが芋が軟らかくなったら、アルミオイルを外して、軽く焦げ目がつくまで、10分程度焼きます。好みで、チーズなどをトッピングしたい場合は、このタイミングでチーズをのせます。

焼き上がったら、バジルやイタリアンパセリなどの、ハーブの微塵切りを散らします。

Potato Tomato Gratin じゃが芋とトマトのグラタン
準備時間 : 20分
加熱時間 :摂氏 180度のオーブンで 45-50分
難易度★★☆
【 材料 4 人前 】
トマト (小) ————————– 5 個
玉ねぎ (小) ————————– ½ 個
じゃがいも ————————— 4 個
ニンニクの微塵切り ———— 大匙 1
オリーブオイル ——————- 60 ml
—————————————- 小匙 ½
黒胡椒 ———————————- 小匙 ½
アンチョビフィレ —————- 1枚
フレッシュハーブ、セージ、タイム、ローズマリーなど 適宜
バジルの葉 ————————— 3 枚
【 作り方 】
トマトは薄い輪切りにする。玉ねぎも半分に切って、薄切りにする。ニンニクは微塵切りにする。アンチョビは微塵切りにする。じゃが芋は皮をむいて、スライサーで薄切りにする。
オーブンを摂氏180度に温める。
ベーキングディッシュにオリーブオイルの半量をひいて、ニンニクの微塵切り、アンチョビを混ぜ合わせる。さらに玉ねぎを加えて、薄く敷き詰める。軽く、タイムやセージなどのハーブと塩、黒胡椒をふりかける。
薄切りにした、じゃが芋とトマトを重ねながら、 の表面に並べていく。最後に塩、黒胡椒、ローズマリーやタイムの葉を散らして、オリーブオイルをかける。
ベーキングディッシュに、アルミホイルをかぶせてから、温めておいたオーブンで、じゃが芋に火が通るまで、40分程度焼く。
じゃが芋に火が通ったら、アルミホイルを外して、表面に軽く焦げ目がつくまで、さらに10分程度焼く。食べる直前に、細かく刻んだ、バジルの葉を散らす。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。