03 前菜とおつまみ,  31 テックスメックス

Quesadilla ケサディーヤ

ケサディーヤ (quesadilla) は、トルティーヤにチーズや肉、野菜などの具材を挟んで、フライパンでかりっと焼いた、メキシコ料理です。メキシコでは、コーントルティーヤで作ることが多いのですが、アメリカでは、フラワートルティーヤで代用することもあります。スペイン語で、ケーソ (queso) というのはチーズを意味するので、チーズが入っているものが一般的です。トロっとしたチーズとパリッとしたトルティーヤとの組み合わせが絶妙です。ケサディーヤには十分味がついているので、そのままでも美味しいですが、サルサやワカモレなどのディッピングソースを添えて頂くことも多いです。中に挟む具材によって、朝食から、軽いおつまみや軽食、メインディッシュになり、とても応用範囲が広いのもケサディーヤのいいところです。

ケセティーヤに使われるチーズは、スペインのマンチェーゴや、アメリカのチェダーやモントレージャックなどです。チーズはグレイターで摩り下ろして、トルティーヤの半面に漫勉なくのせます。チーズだけでもいいですが、好みで、香菜の微塵切りや、種を取って、微塵切りにした青唐辛子などをのせます。

トルティーヤを半分に折って、軽く押さえます。

フライパンにバターを入れて溶かし、軽く熱します。

半分に折ったトルティーヤを入れて、上から軽く押さえます。トルティーヤの表面にも、溶かしたバターを刷毛で塗ると、パリッと仕上がります。

軽く焦げ目がついたら、裏返して、反対側も焼きます。

包丁で、食べやすい大きさに切れば出来上がりです。

Carnitas Quesadilla カルニタスケサディーヤ

メキシコ版のプルドポーク、ポークカルニタスを使ったケサディーヤです。その他、炒めた牛ひき肉や、カリッと焼いたベーコンやハムなど、好みの具材を使って、ケサディーヤを作ることができます。

カルニタスをトルティーヤの半面にのせます。

続いてチーズ、香菜や青唐辛子をのせます。

半分に折って、バターをひいたフライパンで焼きます。途中で裏返して、両面に焦げ目がつくまで、かりっと焼けば出来上がりです。

Quesadilla ケサディーヤ
準備時間 : 10分
加熱時間 :ガスコンロの上で15-20分
難易度★☆☆
【 材料 2-4 人前 】
フラワートルティーヤ 又は コーントルティーヤ 2 枚
チーズ (細かくしたもの) —– 100 g
ハラペーノ (青唐辛子) ——– 1 本
香菜(微塵切り) ——————- 大匙 1
溶かしバター ———————— 大匙 1 ½

ディップ
サルサ☆☆ —————————— 適宜
ワカモレ☆☆☆ ———————— 適宜
サワークリーム ——————- 適宜
【 作り方 】
香菜は微塵切りにする。青唐辛子は、種を取って、微塵切りにする。
トルティーヤの半分に、細かくしたチーズをのせ、その上に、微塵切りにした香菜、青唐辛子をのせる。トルティーヤを半分におって、軽く抑える。
フライパンを熱して、フライパンに溶かしバターを少量ひく。半分に折ったトルティーヤをフライパンに入れて、軽く上から抑えながら、焦げ目をつけるようにして焼く。軽く焦げ目がついたら、刷毛で溶かしバターを、トルティーヤの上に塗ってから、上下をひっくり返して、反対側にも焦げ目をつける。
食べやすい大きさに包丁で切る。好みで、サワークリーム、ワカモレ、サルサなどを添える。
Carnitas Quesadilla カルニタスケサディーヤ
準備時間 : 10分
加熱時間 :ガスコンロの上で15-20分
難易度★☆☆
【 材料 2-4 人前 】
フラワートルティーヤ 又は コーントルティーヤ 2 枚
ポークカルニタス ———— 160 g
チーズ (細かくしたもの) —– 75 g
ハラペーノ (青唐辛子) ——– 1 本
香菜(微塵切り) ——————- 大匙 1
溶かしバター ———————— 大匙 1 ½

ディップ
サルサ☆☆ ————————— 適宜
ワカモレ☆☆☆ ——————- 適宜
サワークリーム ——————- 適宜
【 作り方 】
香菜は微塵切りにする。青唐辛子は、種を取って、微塵切りにする。
トルティーヤの半分に、カルニタス、細かくしたチーズをのせ、その上に、微塵切りにした香菜、青唐辛子をのせる。トルティーヤを半分におって、軽く抑える。
フライパンを熱して、フライパンに溶かしバターを少量ひく。半分に折ったトルティーヤをフライパンに入れて、軽く上から抑えながら、焦げ目をつけるようにして焼く。軽く焦げ目がついたら、刷毛で溶かしバターを、トルティーヤの上に塗ってから、上下をひっくり返して、反対側にも焦げ目をつける。
食べやすい大きさに包丁で切る。好みで、サワークリーム、ワカモレ、サルサなどを添える。
Pork Carnitas ポークカルニタス
準備時間 : 10分
調理時間 :ガスコンロの上で2-3時間 + 摂氏 200度のオーブンで 20-30分
難易度★★☆
【 材料 4 人前 】
豚肩ロース肉 (ブロック) —– 780 g
—————————————- 小匙 1
クミン (粉) ————————– 大匙 1
オレガノ —————————— 大匙 1
ハラペーノ (青唐辛子) ——– 1 本
玉ねぎ (中) ————————– 1 個
ニンニク —————————— 2 片
オレンジ —————————— 1個
ビール ———————————- 350 ml
香菜の微塵切り ——————- 適宜
玉ねぎ (微塵切り) ———— 大匙 1
ライムのくし切り —————- 適宜
フラワートルティーヤ 又は コーントルティーヤ 8 枚
【 作り方 】
塩とオレガノとクミンを器に入れて、よく混ぜ合わせてから、豚肉の表面によくなじませておく。
オーブンを摂氏180度に温めておく。
玉ねぎは薄切り、ニンニクは細かい微塵切りにしておく。青唐辛子は種をとって、微塵切りにする。オレンジは果汁を絞っておく。
鍋に の豚肉、玉ねぎ、ニンニク、青唐辛子を入れて、ビールとオレンジの果汁を注ぐ。
に蓋をして、温めておいたオーブンに入れて、豚肉が軟らかくなるまで、2時間程度焼く。途中で様子をみて、水分が蒸発してしわないように、水分を足す。
豚肉が軟らかくなったら、フォークで細かく肉をほぐす。耐熱容器に、豚肉を入れて、煮汁を半量程度加える。
オーブンを温度を摂氏200度に上げる。 をオーブンに入れて、表面に軽く焦げ目がつくまで、20分程度焼く。
微塵切りにした玉ねぎ、香菜、ライムを添えて、トルティーヤに包む。
☆☆ Salsa サルサ
準備時間 : 10分
冷却時間 :2-3時間
難易度★☆☆
【 材料 700 ml 】
トマト (中) ————————– 5 個
ニンニク —————————— 2 片
ライムの果汁 ———————— 大匙 2
玉ねぎ (小) ————————– ¼ 個
ハラペーノ (青唐辛子) ——– 1 本
香菜 ————————————– 3 枝
クミン (粉) ————————– 小匙 ½
—————————————- 適宜
カイエンヌペッパー ———— 適宜
【 作り方 】
トマトは蔕と種をとって、くし型に切る。玉ねぎもフードプロセッサーにかけやすいように、適当な大きさに切る。
ニンニクと玉ねぎは細かいみじん切りにする。青唐辛子は半分に切って、種をとっておく。
フードプロセッサーにトマトの半量を入れて、ピューレ状に粉砕する。
残りの材料をフードプロセッサーに入れて、微塵切りになるまで、粉砕する。
塩、ライムの果汁、カイエンヌペッパーで味を調える。冷蔵庫でよく冷やす。
☆☆☆ Guacamole ワカモレ
準備時間 : 10分
難易度★★☆
【 材料 4 人前 】
アボカド —————————— 3個
玉ねぎ (中) ————————– ¼ 個
ニンニク —————————— 1片
ハラペーノ (青唐辛子) ——– 1本
香菜 ————————————– 2 枝
ミニトマト ————————— 115 g
ライムの果汁 ———————— 大匙 2
—————————————- 小匙 1
【 作り方 】
玉ねぎとニンニクは細かい微塵りする。ハラペーニョは2つに切り、種をとってから、微塵切りに、香菜は葉の部分だけを微塵切りにする。トマトは荒いみじん切りにしておく。。
アボカドは2つに割り、種をとって皮をむいて、適当な大きさに切って、ライムジュースをふってから、マッシャーなどで粗くつぶす。
のアボカドに、全ての材料を入れて、かるく混ぜ合わせる。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。