13 Pies, Tarts, and Quiche

Sour Cream Apple Pie サワークリームアップルパイ

林檎を入れた焼いたカスタードに、クランブルトッピングをして焼いた、アップルパイです。サワークリームを使って焼くことが多いので、一般的にサワークリームアップルパイと呼ばれますが、サワークリームの代わりに、ヨーグルトを使っても同様に作れます。林檎の甘酸っぱさとカスタードがよく合って、とても食べやすいアップルパイです。

最初にパイ生地を作ります。フランス語で、パートブリーゼ(pâte brisée)と呼ばれ、日本で所謂練りこみ式パイと言われる、アメリカの一般的なシングルパイクラストです。小麦粉に細かく切った無塩バターとラードを加えて、泡立て器などを使って、油脂を小麦粉に練りこんでいきます。バターやラードが溶けないように、よく冷やしておくことがポイントです。

全体がパサパサとした感じなれはOKです。

氷を入れて冷やした、冷水を一回に大匙一杯ずつくらい加えて加えながら、少しずつ混ぜていきます。粉っぽさがなくなってきたらOKです。

生地を業務用の大きめのラップで包み、丸くまとめます。

このまま、冷蔵庫で30分程度冷やします。

冷蔵庫で冷やした生地を、パイ皿より、一回り大きな円形にあわせるように、形成します。2枚のラップに挟むようにして、麺棒で円形に伸ばすようにすると楽です。

片方の面のラップをはがして、パイ皿に生地をかぶせるようにして、パイ皿になじませます。

周囲の余った生地を中に折り込むようにして、パイ皿の形に合わせて成型します。

好みで、淵を波型にして、飾り付けます。

フォークで穴をあけて、パイ生地をパイ皿の間の空気を抜くようにします。ラップをして、冷蔵庫で冷やしておきます。

林檎を用意します。林檎の種をとって、皮をむき、いちょう切りにします。中くらいの林檎を4個使いました。

フィリングのカスタード液を作ります。卵、ヨーグルト、砂糖、小麦粉、バニラエクストラクトを加えて、混ぜ合わせます。バニラエクストラクトは入れなくも構いません。

クランブルトッピングを作ります。三温糖、小麦粉、シナモンをボールに入れて混ぜます。

無塩バターを細かく切って、練りこんでいきます。

全体がパサパサとした感じになればOKです。クランブルトッピングには、好みで、刻んだ胡桃やピーカン、アーモンドなどのナッツを加えても美味しいです。

用意しておいたパイ皿に、林檎を入れて、表面を平にならします。

カスタード液を上から、注ぎます。

クランブルトッピングをのせます。

摂氏200度に温めたオーブンで、表面に軽く焦げ目がつき、カスタード液が固まるまで焼きます。中まで火が通ったかどうかは、爪楊枝を刺して確認します。途中で様子をみて、表面が焦げているのに、中が固まっていない場合は、アルミホイルで覆いをしてから、再度加熱します。

焼き上がった直後のパイは崩れやすいので、冷めてから、切り分けるようにします。

【 材料 9-inch (23cm) パイ皿
  • シングルパイ クラスト 1

    Single Crust Pastry: パイ型の下層部だけにパイ生地を敷き詰めて焼くタイプのパイ生地。フィーリングを詰める前に完全にパイを焼いておくもの、パイを半焼きの状態にしてから、フィーリングを詰めて再び焼くもの、生の生地にフィーリングを詰めて、パイ生地とフィーリングを同時に焼き上げるものがある。

  • りんご(中) 4
  • 砂糖 60 g
  • 薄力粉 大匙 3
  • プレーンヨーグルト 400 ml
  • 卵 2
  • バニラエクストラクト 

トッピング

  • 薄力粉 45 g 又は 中力粉 40 g
  • 砂糖 65 g
  • シナモン(粉) 小匙 1
  • 無塩バター 大匙 3
【 作り方 】
  1. オーブンを摂氏200度に温める。
  2. 林檎は皮をむいて、芯をとり、一口サイズに切っておく。
  3. フィリングを作る。ボールにヨーグルト、卵、バニラエクストラクトをよく混ぜ合わせる。さらに砂糖、小麦粉を加えてよく混ぜ合わせる。
  4. トッピングを作る。ボールに小麦粉と砂糖、シナモンを混ぜ合わせる。細かく切ったバターを加え、フォークなどを使って、バターの塊がなくなるように混ぜる。
  5. 用意しておいたパイ生地に林檎を万遍なく入れる。その上から3. のフィリングを注ぎ入れる。表面ができるだけ平らになるようにして、最後に4. のトッピングを表面にのせる。
  6. 温めたオーヴンでフィーリングが固まって、表面に軽く焦げ目がつくまで、45分~50分程度、加熱する。 途中で様子をみて、表面があまりにも焦げ付きそうだったら、アルミホイルをかぶせてから、中まで火が通るまで加熱する。
Single Pie Crust シングルパイ クラスト
  • 薄力粉 165 g
  • 無塩バター 大匙 4 ½
  • ショートニング又は ラード 大匙 1 ½
  • 冷水 
【 作り方 】
  1. 小麦粉に細かく刻んだバター、ショートニングを加え、バターの塊がなくなるまで、フォークで押さえつけるようにして、混ぜ合わせる。
  2. 1.に氷で冷やした水(約 大匙 2-4杯)を、生地全体がしっとりとまとまるまで、少しずつ加えながら混ぜる。
  3. 生地をラップにつつんで一時間程度冷蔵庫で冷やす。
  4. 生地を二枚のラップにはさんで、パイ皿より少々大き目の円形にのばし、片方のラップをとって、油を敷いたパイ皿になじませる。パイ生地が膨らまないよう、パイ生地の底にフォークで穴をあける。縁はパイ皿の大きさに合わせて成型 飾りつける。
  5. 表面をラップで覆い、焼き上げるまで冷蔵庫もしくは冷凍庫で、パイ皿ごとしっかりと冷やす。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です