ストロベリースコーン
11 Biscuits and Scones

Strawberry Scones ストロベリースコーン

アメリカのスコーンには、数えきれないほどのレシピといろいろなバリエーションがあるのですが、この苺を使ったストロベリースコーンは、私が最も好きなスコーンの一つです。フレッシュな苺をそのままスコーンに加えているので、苺の甘酸っぱさがそのまま感じることができる、みずみずしいスコーンです。ドライフルーツを使ったスコーンと比べると、やや水分量を調節するのが難しいので、状況に応じて、硬さを調節しながら作るのがポイントになります。

そのままでも美味しいですが、今回はクランベリージュースを使ったピンク色のアイシングとチョコレートをトッピングしています。レモン汁や牛乳を使って、シンプルなアイシングを使っても、相性がいいはずです。

ストロベリースコーン

苺は蔕をとり、1センチ程度の角切りにしておきます。ペーパータオルで余分な水気をとっておきます。

ストロベリースコーン

通常のスコーンと同様に、小麦粉、塩、ベーキングパウダー、砂糖を軽く混ぜ合わせた後、刻んたバターを練りこんでいきます。今回は、フードプロセッサーで行いました。

ストロベリースコーン

バターの塊がなくなればOKです。

ストロベリースコーン

ボールにあけて、用意した苺と軽く混ぜ合わせます。

ストロベリースコーン
ストロベリースコーン

別の容器に、卵と牛乳を入れて混ぜておきます。

ストロベリースコーン
ストロベリースコーン

混ぜ合わせた卵液を加え、生地がしっとりとするまで混ぜます。

ストロベリースコーン

混ぜすぎると、苺から水分がでて、生地が軟らかくなってしまうので注意します。多少、硬めの方が、その後の整形がしやすいです。

ストロベリースコーン

2枚のラップにはさみながら、円形に整形します。生地が軟らかすぎるようだったら、軽くラップの上に小麦粉をふりかけてから作業します。

ストロベリースコーン

直径20センチぐらいの円形にしたら、放射状に8等分します。

ストロベリースコーン

ベーキングシートを敷いた鉄板に間隔をあけて並べます。摂氏200度に温めたオーブンで。約20分程度、軽く焦げ目がつくくらいまで焼きます。

ストロベリースコーン

焼き上がったら、ラックの上で冷まします。

ストロベリースコーン

アイシングを作ります。粉砂糖にクランベリージュースを少しずつ加えてかき混ぜていきます。クランベリージュースの代わりに、レモンジュースや牛乳でも構いません。硬さをみながら、小匙1杯ずつ液体を粉砂糖に加えていきます。

ストロベリースコーン
ストロベリースコーン

泡立て器から、アイシングをたらすようにして、スコーンにトッピングします。

ストロベリースコーン

チョコレート牛乳を耐熱容器にいれて、電子レンジに20秒ほどかけます。

ストロベリースコーン

溶けたチョコレートと牛乳を混ぜ合わせます。

ストロベリースコーン

チョコレートが硬すぎるようだったら、少し牛乳を足していきます。

ストロベリースコーン

アイシングが固まってきたら、続いてチョコレートを同じようにトッピングします。

ストロベリースコーン
【 材料 8 個分
  • 苺 115 g
  • 薄力粉 295 g 又は 中力粉 270 g
  • 砂糖 大匙 2
  • ベーキングパウダー 小匙 2 ½
  • 塩 小匙 ¼
  • バター 大匙 5 ½
  • 牛乳 大匙 2
  • 卵 1
  • 粉砂糖(アイシング用) 大匙 3
  • クランベリージュース 大匙 1
  • 製菓用チョコレート 15 g
  • 牛乳 大匙 1
【 作り方 】
  1. 苺は角切りにして、ペーパータオルで水気をとっておく。
  2. 小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩をよくまぜあわせる。
  3. 2.の粉類と細かく刻んだバターを、生地がしっとりした感じになるまでよく混ぜ合わせる。
  4. 3.に1.の苺を混ぜる。 さらに牛乳、卵を加え、生地を一つにまとめる。
  5. オーブンを摂氏200度に温める。
  6. 4.の生地をラップにはさんで、直径約8インチ(20.32cm)の円形に整形した後、よく切れる包丁で8等分にする。
  7. 6.をベーキングシートなどを敷いた鉄板に並べ、軽く焦げ目が付くまで、20分~30分程度焼く。焼き上がったら、ラックの上で冷ます。
  8. 粉砂糖にクランべリージュースを加えて、よく混ぜ合わせる。
  9. チョコレートと牛乳を器に入れて、電子レンジにかけてチョコレートをとかす。
  10. 焼き上がったスコーンが冷めてから、8.のアイシングと9. のチョコレートをトッピングする。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありあがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です