ティアンドレギュム
08 サラダと副菜,  51 フランス料理

Tian de Légumes ティアンドレギュム

ティアンドレギュムとは、野菜を薄切りにして、ベーキングディッシュに並べて、ハーブをふんだんに使ってオーブンで焼いたシンプルなプロバンス地方の料理です。ティアン (tian) というのは、より分かりやすくいうと、蓋がないタジン鍋です。英語でいう、キャセロールのような耐熱皿ですが、キャセロールよりも、底がや薄いものが多いです。レギュム (légumes) は野菜です。トマトを中心に、ズッキーニや茄子など、夏野菜を中心に作られることが多いですが、かぼちゃやスイートポテトなどの根菜を使って、作ることもあります。パルメジャーノやフェタチーズをトッピングしたりもします。今回作ったのは、トマト、茄子、ズッキーニを薄切りにして焼いた、王道レシピです。もし手に入れば、黄色いズッキーニを使うと、より彩も鮮やかになります。

ティアンドレギュム

野菜は、出来るだけ薄く切った方が、火が通りやすく、食べやすいです。また様々な味の野菜がまざりあって、味に深みがでます。切った野菜が、器に並べやすくなり、見た目も美しいです。ズッキーニや玉ねぎなど、硬い野菜は、スライサーを使うと上手くいきます。トマト、茄子など、軟らかい野菜は、包丁で薄切りにします。出来るだけ、大きさをそろえた方が並べやすいので、トマトやナスの大きさを、ズッキーニに合わせて小さめものを選ぶといいでしょう。

ティアンドレギュム

今回は、陶器製のキッシュ皿を使っています。食卓にそのまま出せるような、耐熱性の器ならなんでもいいと思います。四角いキャセロールディッシュでも、もちろん大丈夫です。

最初に、オリーブオイルをひいて、微塵切りにしたニンニクと、薄切りにした玉ねぎを底に並べます。

ティアンドレギュム
ティアンドレギュム

続いて、薄切りにした茄子、ズッキーニ、トマトを並べていきます。円形の器を使う場合、外側から円を描くように、四角形の器を使う場合は、器に沿って、平行方向に並べていきます。

ティアンドレギュム
ティアンドレギュム
ティアンドレギュム

最後に、塩、黒胡椒、ハーブの葉を散らします。ハーブは、オレガノ、ローズマリー、タイムなど、手元にあるものや好みのものを組わせて使います。

ティアンドレギュム

摂氏180度に温めたオーブンで、30分程度、野菜に火が通るまで焼きます。

ティアンドレギュム

食べる直前に、バジルなどのフレッシュなハーブを散らします。

ティアンドレギュム
Tian de Legumes ティアンドレギュム
準備時間 : 20分
加熱時間 :摂氏 180度のオーブンで 25-30分
難易度★★☆
【 材料 4 人前 】
トマト (小) ————————– 5 個
玉ねぎ (小) ————————– ½ 個
ズッキーニ ————————— 1 本
茄子 ————————————– 2 個
ニンニクの微塵切り ———— 大匙 1
オリーブオイル ——————- 60 ml
—————————————- 小匙 ½
黒胡椒 ———————————- 小匙 ½
オレガノ —————————— 小匙 ½
ローズマリー ———————— 1 枝
タイムの葉 ————————— 2 枝
バジルの葉 ————————— 3 枚
【 作り方 】
トマト、茄子、ズッキーニは薄い輪切りにする。玉ねぎも半分に切って、薄切りにする。ニンニクは微塵切りにする。
オーブンを摂氏180度に温める。
ベーキングディッシュにオリーブオイルの半量をひいて、ニンニクの微塵切り、玉ねぎの薄切りを並べる。
薄切りにした茄子、ズッキーニ、トマトを重ねながら、 の表面に並べていく。最後に塩、黒胡椒、オレガノ、ローズマリーとタイムの葉を散らして、オリーブオイルをかける。
温めておいたオーブンで、野菜に火が通るまで、30分程度焼く。
食べる直前に、細かく刻んだ、バジルの葉を散らす。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。