11 パン

Whole Wheat English Muffins 全粒粉のイングリッシュマフィン

全粒粉を使ったイングリッシュマフィンです。イングリッシュマフィンは、エッグベネディクトや朝食用のサンドイッチに欠かすことができないフラット型のイーストブレッドです。イングリッシュマフィンは、オーブンで焼く前に、軽くフライパンで両面を焼いて、焦げ目をつけることが特徴です。平たい形で火が通りやすく、発酵時間も短いので、家庭で作りやすいパンの一つです。

全粒粉を使ったイングリッシュマフィンは、全粒粉と小麦粉を同量程度混ぜ合わせて、通常のイングリッシュマフィンと同様の方法で作ります。好みの具材を挟んでサンドイッチするのはもちろん、軽くトーストして、好みのジャムや蜂蜜などを添えても美味しいです。

私はいつもパンを作るときにホシノの天然酵母を使っているので、今回もホシノ天然酵母を使って、イングリッシュマフィンを作ります。

ホシノ天然酵母は、25グラム分を生地起こしして使用します。生地起こしの方法は、こちらを参照してください。生地起こししたホシノ天然酵母を35度から40度のぬるま湯を加えて、300mlに調整します。さらに蜂蜜を少量加えて、混ぜ合わせます。

ボールに強力粉、全粒粉、塩を入れて、全体を混ぜ合わせます。

天然酵母を混ぜ合わせたぬるま湯を加えて、生地を一つに混ぜ合わせます。

生地が一つにまとまったら、バターを加えて混ぜ合わせます。バターは室温で軟らかくしておくと楽です。

スタンドミキサーにセットして、生地の表面がなめらかになるまで、捏ねます。

生地を調えて、丸く形成します。生地の表面が乾かないように、軽く霧吹きで水をかけてから、ラップをしておきます。

温かい室温において、一次発酵させます。二倍くらいに膨らんだら、一次発酵は完了です。

生地の空気を抜いてから、8等分にして、丸めます。生地がひっつかないように、コーンミールを軽くまぶしながら、作業をします。

生地を平たい円盤に整形します。丸い型抜きを使うと、形が均等になります。整形したあと、軽くコーン見る―をまぶして、10分程度おいて、軽く発酵させます。

フライパンを中火にかけて、マフィンの両面に軽く焦げ目がつくまで、焼きます。

摂氏200度に温めたオーブンで、中まで火がとおるまで、15分程度焼きます。

焼き上がったら、ラックの上で冷まします。

Whole Wheat English Muffins 全粒粉のイングリッシュマフィン
準備時間 : 15分
加熱時間 :ガスコンロの上で12-15分 + 摂氏 180度のオーブンで 12-15分
難易度★★☆
【 材料 8 個分 】
ホシノ天然酵母(生種起こしをしたもの) 25 g
—————————————- 180 ml
蜂蜜 ————————————– 大匙
強力粉 ———————————- 230 g
全粒粉 ———————————- 240 g
バター ———————————- 大匙 2
—————————————- 小匙 1
コーンミール(黄) —————- 30 g
【 作り方 】
生種起こしをしたホシノ天然酵母に、35度に温めた水を加えて、300 mlになるように調整する。蜂蜜を加えて、よく混ぜ合わせる。
強力粉、全粒粉、塩をよく混ぜ合わせ、 の生種を加えて混ぜ合わせる。粘り気が出るまで、よく混ぜ合わせる。生地が一つにまとまったら、バターを加えて、さらによくこねる。
生地がなめらかな状態になり、ボールや手につかないようになったら、生地を丸く整える。軽く霧吹で水をかけて、ボールにラップをする。温かい室内において、生地の容量が焼く2倍になるまで、発酵させる。
発酵した生地をおしつぶして、空気を抜く。生地を8等分にして丸め、20分ほどねかせる。
分割した生地を平たい円形に整形して、コーンミールをしいた鉄板に十分な間隔をあけて並べる。両面に軽くコーンミールをまぶし、温かい室内に15分程度おいて、発酵させる。
オーブンを摂氏200度に温める。
温めたオーブンで、15分程度、中まで火が通るまで焼く。焼きあがったら、ラックの上で冷ます。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。