ポテトグラタン
08 Salads and Sides

Au Gratin Potatoes ポテトグラタン

 グラタンは日本でもお馴染みのフランスの料理ですが、アメリカでもたまに作られています。じゃがいもを使ったグラタンは、普通のマッシュポテトよりも、少しおしゃれな感じがする、サイドディッシュという感じです。

ポテトグラタン

 材料はとてもシンプルですが、作り方は日本の一般的なグラタンのレシピとは少し違っています。簡単ですが、ジャガイモ本来の素材が生きているので、非常に美味しく、サイドディッシュにしておくのはもったいないくらいです。チーズは今回はチェダーとパルメジャーノを使っていますが、ナチュラルチーズなら何でもいいと思います。アメリカでは、このようなフランス風のレシピは、チェダーではなく、グリュイエールなど、スイスチーズが使われることが多いです。

 まず、ルーを作ります。バターを溶かして、小麦粉を加えます。

ポテトグラタン

 ルーがだまにならないようにするこつは、中力粉か強力粉を使うことと、最初に溶かしたバターと小麦粉をよく混ぜておくことです。その後、牛乳を徐々に加えていきます。とろっとしてきたら、生クリームと、チーズを加え、塩、胡椒、ナツメグで味を整えます。チーズはトッピング用に少し残しておます。

ポテトグラタン

 じゃがいもは皮をむいて、スライサーで薄く切ります。皮の食感が気にならなければ、皮ごとスライスしてもかまいません。スライスしたじゃがいもはキャセロールに並べます。こつは、じゃがいもは出来るだけ縦にして並べることです。横で水平方向に重ねるより、ソースが絡みやすくなり、火も通りやすくなります。

ポテトグラタン

 じゃがいもの上から、ルーを流しいれます。完全にじゃがいもがルーに浸るようにします。

ポテトグラタン

 アルミホイルでカバーをして、じゃがいもが柔らかくなるまで、オーブンで焼きます。

ポテトグラタン

 じゃがいもが柔らかくなったら、アルミホイルをはずして、残りのチーズをのせます。さらにオーブンで焼いて、チーズが溶けたら出来上がりです。好みでチャイブなどのハーブを飾り付けてもいいです。

ポテトグラタン

Prep: 20 minutes
Bake: 70-80 minutes
Serves: 4-6

  • じゃがいも(中) 8
  • バター 大匙 3
  • 中力粉 大匙 3
  • 牛乳 475 ml
  • 生クリーム 120 ml
  • チーズ(細かくしたもの) 225 g
  • 塩 小匙 ½
  • 白胡椒 小匙 ¼
  • ナツメグ(粉) 小匙 ¼
  1. オーブンを400F°(205C°)に温める。
  2. ルーを作る。大きめのソースパン にバターを入れて中火にかける。すぐに小麦粉を入れて、へらでかき混ぜながら、滑らかなクリーム状にする。
  3. 3.に牛乳を徐々に入れて、ソースをのばす。とろっとした状態になったら、生クリームを加える。さらにチーズの3分の2の量を加えて溶かす。塩、胡椒、ナツメグで味をつけて、火をとめる。
  4. じゃがいもは皮をむいて、スライサーで薄切りにする。キャセロールディッシュにジャガイモを並べる。
  5. じゃがいもを入れたキャセロールに、3.のルーを流し入れる。
  6. アルミホイルでしっかりとカバーをして、温めておいたオーブンで、1時間程度、じゃがいもが柔らなくなるまで焼く。
  7. ホイルをはずして、残りのチーズを上からかける。さらにチーズが溶けるまで、オーブンで10分程度焼く。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です