02 朝食とブランチ,  23 自家製加工肉,  30 アメリカ料理

Breakfast Sausage ブレックファストソーセージ

ブレックファストソーセージ (breakfast sausage) は、その名のとおり、朝食用のソーセージです。ソーセージは通常、豚や羊の腸からつくられるケーシングに、スパイスと塩で味をつけた挽肉をつめたものです。しかし、実際には、ケーシングをしていない、ソーセージの中身だけを使ったレシピが多くあり、ブレックファストソーセージも、ケーシングしていない、中身だけのソーセージ、ということが多いです。腸詰のソーセージのように、スティック状に形成する場合もありますが、家庭で作る場合、薄いパテのような形にして焼くことが一般的です。ケーシングがなくても、ソーセージの味は変わらないので、この作り方は、とても合理的だと思います。

ブレックファストソーセージは、パテのように形成しないで、挽肉にスパイスと塩で味をつけたものを、多めに作って保存しておくと、イタリアンソーセージの代用品として、色々な料理に使えるので、とても重宝します。アメリカ南部の代表的な朝食メニューである、ソーセージアンドグレービーでも、ブレックファストソーセージを使って作ることができます。

材料はとてもシンプルで、豚ひき肉、塩、好みのスパイスとハーブです。ソーセージでよく使われることが多い、代表的なスパイスとハーブは、だいたい以下のような感じです。これらのスパイスやハーブのうち、代替5種類程度をを組み合わせて使う場合が多いような思います。ソーセージのスパイスは、これが正解、というようなものないので、手元にあるものを上手く利用して、いろいろ工夫してみるといいと思います。

  • 黒胡椒
  • 白胡椒
  • コリアンダーシード
  • フェンネル
  • パプリカ
  • レッドペッパー
  • カイエンヌペッパー
  • オニオンパウダー
  • ガーリックパウダー
  • タイム
  • オレガノ
  • マジョラム
  • ローズマリー
  • セージ
  • パセリ

どれを入れていいか分からないという人は、黒胡椒とガーリックパウダーに、タイムやオレガノなど、ドライ系のハーブを二種類ぐらいいれてみれば、十分だと思います。ニンニクが好きな人は、餃子のように、生のニンニクを摩り下ろしていれてみてもいいです。黒胡椒やコリアンダーシードなど、粒状のスパイスは、フードプロセッサーで攪拌してから加えます。コリアンダーシードとフェンネルは、豚肉に合うスパイスで、この二つを合わせて使うことが多いです。辛いものが好きな人は、レッドペッパーやカイエンヌペッパーを多めにいれます。タイムやオレガノなど、ドライハーブは、数種類混ぜ合わせて使うと、マイルドで食べやすくなります。オレガノのように、ドライの方が香りが強いハーブは、ドライのものを使いますが、タイムやパセリ、セージなどは、フレッシュなものを刻んだ加えてもいいです。

ソーセージに加える、塩の分量は、肉の総重量に対して、1パーセントぐらいが目安です。肉1キロに対して、10グラム、つまり小匙1杯程度です。ソーセージはもともと保存食なので、塩分は高めです。ミネラルが豊富な自然塩がお薦めです。

ひき肉と塩、スパイス、水をボールに入れて、手でよく混ぜ合わせます。

約30グラムから40グラム程度を手にとり、団子状に丸めてから、平たくして、パテのように形成します。

オリーブオイルを薄くひいたフライパンで、両面に軽く焦げ目がつき、中まで火が通るまで焼きます。

Breakfast Sausage ブレックファストソーセージ
準備時間 : 30分
調理時間 :ガスコンロの上で20-30分
難易度★★☆
【 材料 10-12 個分 】
豚挽肉 ———————————- 445 g
ガーリックパウダー ———— 小匙 1
黒胡椒 ———————————- 小匙 ½
ガーリックパウダー ———— 小匙 1
オニオンパウダー —————- 小匙 1
パプリカ —————————— 小匙 1 ½
タイム(乾燥) ————————– 小匙 1
オレガノ —————————— 小匙 1
パセリ(乾燥) ————————– 小匙 2
—————————————- 小匙 ½
冷水 ————————————– 大匙 1
植物油 ———————————- 大匙 2
【 作り方 】
挽肉と塩、スパイス類をよく混ぜ合わせる。粘りがでてきたら、水を加えてさらによく混ぜる。
を団子状に丸め、さらに平たく円形の伸ばしてパテを作る。
のパテを、油を敷いたフライパンで、両面が狐色になるまで焼く。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。