08 サラダと副菜,  40 アメリカ南部料理

Candied Sweet Potatoes キャンディードスイートポテト

オレンジ色をしたさつま芋を、黒砂糖とバターで作る、キャラメル風のソースであえた、キャンディードスイートポテト (candied sweet potatoes)です。オレンジ色をしたアメリカのさつま芋は、ヤム (yam) と呼ばれて、秋の味覚を象徴する野菜の一つであり、感謝祭の食卓に欠かせない食材の一つです。このキャンディードスイートポテトは、アメリカ南部の代表的な家庭料理の一つでもあり、缶詰になったキャンディードヤムや、スーパーのデリのお惣菜などとして、よく売られています。さつま芋だけで作ることが多いですが、ナッツやドライフルーツなどをトッピングしても美味しいです。

日本でオレンジ色のさつま芋を入手することは、少し難しいので、黄色いさつま芋で、同じような手順で作ることができます。今回使ったのは、皮が赤色だけど、中がほのかにオレンジ色のハロウィーンスイーツという品種です。中くらいのサイズのものを4本程度使います。

キャンディードスイートポテトの作り方には、オーブンでさつま芋を焼く方法や、生のさつま芋をキャラメルソースで絡めながら、長時間かけて火を通す方法など、いろいろなレシピがあります。日本のさつま芋は、灰汁が強いことがあるので、一度下茹でして、灰汁を取り除いて料理するのが、調理しやすいと思います。

さつま芋は、皮をむいて、十分な量の水とともに鍋に入れます。沸騰したら火を弱めて、さつま芋に火が通るまで、さらに5分程度茹でます。

茹ですぎると煮崩れてしまうので、火が通ったら、笊にあけて、水気を切ります。

胡桃やピーカンなどのナッツは、微塵切りにして、フライパンでさっと乾煎りします。

ドライクランベリーはぬるま湯で戻しておきます。ドライレーズンでも大丈夫です。

フライパンにバターを入れて、中火にかけます。

バターが溶けたら、少し火を弱めて、黒砂糖、メープルシロップ、シナモン、ナツメグ、クローブを加えて、かき混ぜます。砂糖がとけて、キャラメル状になるまで、弱火で火を通します。

下茹でしたさつま芋をフライパンに入れて、キャラメルソースを絡めます。

最後に、ナッツと水気をきったクランベリーを入れて、軽く混ぜ合わせます。

Candied Sweet Potatoes キャンディードスイートポテト
準備時間 : 35分
加熱時間 :ガスコンロの上で5-10分
難易度★★☆
【 材料 4-6 人前 】
さつま芋 (オレンジ色) ——– 1000 g
バター ———————————- 大匙 3
黒砂糖 ———————————- 大匙 1
メープルシロップ —————- 大匙 1
シナモン (粉) ———————- 小匙 ½
ナツメグ (粉) ———————- 小匙 ¼
クローブ (粉) ———————- 小匙 ¼
ピーカン 又は 胡桃 (みじん切り) 大匙 2
クランベリー(乾燥) ———— 大匙 2
【 作り方 】
さつま芋は皮をむいて、食べやすい大きさに切る。鍋にさつま芋と水を入れて、中火にかける。沸騰したら火を弱めて、さつま芋に火が通るまで、5分程度茹でる。
ナッツは微塵切りにして、フライパンで乾煎りする。クランベリーはぬるま湯に浸して、ふやかしておく。
フライパンを中火にかけて、バターを溶かす。黒砂糖、シナモン、ナツメグ、クローブ、メープルシロップを入れて、飴状になるまで、3分程度煮る。
さつま芋をフライパンに入れて、ソースをよくからめる。乾煎りしたナッツ、水気をきったクランベリーを加えて、軽く混ぜ合わせる。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。