16 ブラウニーとクッキー,  35 アメリカのお菓子

Coconut Matcha Mochi Brownies ココナッツ抹茶餅ブラウニー

餅ブラウニー (mochi brownies) は、小麦粉を使わないで、日本のもち粉を使って焼いたブラウニーです。餅ケーキ (mochi cakes) とか、ブラウニー餅 (brownie mochi) とか、ブロッチ (brochi) と呼ばれることもあります。そもそも、ブラウニーは、餅のように軟らかな食感が好まれるので、もち粉との相性がよかったのだと思います。ブラウニーを軟らかな食感に仕上げるには、お砂糖や油脂の量をかなり増やす必要がありますが、もち粉を使うと、少ない油脂や砂糖の量でも、とても食べ応えのある食感になります。なんたって、お餅なのですから。ブラウニーと同様に、チョコレートを使うのが一般的ですが、チョコレートの他にも、様々な食材と組み合わせて、自由な餅ブラウニーを作ることができます。この抹茶とココナッツを使って焼いた、この抹茶餅ブラウニーは、抹茶と餅、というとても親しみやすい組み合わせなので、誰にも好かれる餅ブラウニーだと思います。

日本の食材である、もち粉を使うといっても、作り方はさすがにアメリカのベーキングと言う感じで、とても簡単です。最初に粉状の材料、もち粉、ベーキングパウダー、製菓用の抹茶、砂糖をボールに入れて混ぜ合わせます。砂糖や抹茶の塊がなくなるようにするのが、ポイントです。

別のボールに、液体の材料を混ぜます。ココナッツミルク、牛乳、卵、電子レンジで溶かした無塩バターを軽く混ぜ合わせます。

混ぜ合わせた液体の材料を、粉類を入れたボールに入れて、全体を一つにまとめます。

焼き型に軽くベーキング用の紙を敷いて、バター (分量外) を全体に塗っておきます。

表面にココナッツをトッピングします。

摂氏180度に温めたオーブンで、軽く表面に焦げ目がつくまで、45分から50分程度焼きます。

型に入れたまま、手で触れる程度に冷ました後、好みの大きさに切り分けます。お餅なので、焼き上がっても生地は軟らかいです。無理に型から出そうとすると、形が崩れるので、型に入れたまま、包丁できりわけるのがポイントです。

餅ブラウニーは、冷蔵庫で保存すると、硬くなります。室温で、乾燥しないように、ラップで包んで、密封容器で保存し、早めに食べるようにします。長期間保存する場合、冷凍庫で保存して、室温で自然解凍させます。

Coconut Matcha Mochi Brownies ココナッツ抹茶餅ブラウニー
準備時間 : 10分
調理時間 :摂氏 180度のオーブンで 45-60分
難易度★★☆
【 材料 9-inch (23 cm) スクエアベーキングディッシュ 】
もち粉 ———————————- 330 g
砂糖 ————————————– 80 g
ベーキングパウダー ———— 小匙 1 1/2
製菓用抹茶 ————————— 30 g
無塩バター(溶かす) ———— 大匙 3
ココナッツミルク —————- 400 ml
—————————————- 3個
牛乳 ————————————– 120 ml
ココナッツフレーク ———— 70 g
【 作り方 】
無塩バターは溶かしておく。焼型にベーキング用の紙を敷いて、バター(分量外)を塗っておく。
オーブンを摂氏180度に温める。
ボールにもち粉、ベーキングパウダー、砂糖、抹茶を入れて、良くかき混ぜる。
別のボールに卵を割りいれて、ココナッツミルク、牛乳、溶かしバターを加えて、全体を混ぜ合わせる。
に、 のカスタード液を加えて、混ぜ合わせる。
焼型に を流し入れて、表面を平にならす。ココナッツを表面に満遍なく散らす。温めたオーブンで、軽く表面に焦げ目がつくまで、45分程度焼く。
手で触れる程度に冷めてから、包丁で好みの大きさに切り分ける。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。