白身魚のフィッシュケーキ
04 Fish and Shellfish

Cod Fish Cakes with Tartar Sauce 白身魚のフィッシュケーキ

英語のケーキ (cake) というのは固形状の固めたものをいうので、甘いお菓子とは限りません。とくに魚介類を使って、コロッケ状にしたものには、フィッシュケーキ (fish cake) やクラブケーキ (crab cake)など、様々なレシピがあります。今回作ったのは、鱈を使い、つなぎとしてじゃが芋を入れたフィッシュケーキです。鱈以外の、白身の魚でも、同じように作ることができます。少し大きめに作れば、ボリューム感のあるメインディッシュになるし、お酒のおつまみにも最適なスナックにもなります。魚介とよくあう、タルタルソースとレモンを添えて頂きます。

白身魚のフィッシュケーキ

じゃが芋は小さめのものを2つ使います。皮をよく洗って、くし型に切って、水を少し多めに入れて、中火にかけます。

白身魚のフィッシュケーキ

沸騰したら火を弱めて、3分程度煮ます。じゃが芋に半分程度火が通ったら、鱈を入れて、同じ鍋で火を通します。鱈は切り身を4切れほど使いました。

白身魚のフィッシュケーキ

じゃが芋は水気を切り、粗熱をとって冷まします。皮をむいて、フォークやマッシャーなどを使って、つぶしておきます。

白身魚のフィッシュケーキ
白身魚のフィッシュケーキ

鱈は骨と皮を取り除きます。

白身魚のフィッシュケーキ

軽く身をほぐしておきます。

白身魚のフィッシュケーキ

ボールにじゃが芋、鱈、微塵切りにしたハーブ、卵、塩、黒胡椒を入れて、全体を混ぜ合わせます。

白身魚のフィッシュケーキ
白身魚のフィッシュケーキ

パン粉をまぶしながら、平たい小判型に形成します。

白身魚のフィッシュケーキ
白身魚のフィッシュケーキ

油をひいたフライパンで、両面に軽く焦げ目がつくまで焼きます。

白身魚のフィッシュケーキ
白身魚のフィッシュケーキ

タルタルソースを作ります。ボールにマヨネーズ、プレーンヨーグルト、ディジョンマスタード、レモン汁、ウースターソース、微塵切りにしたハーブ、スィートレリッシュ、ケッパー、塩、黒胡椒を入れて、よく混ぜ合わせます。

白身魚のフィッシュケーキ
白身魚のフィッシュケーキ

器にもり、タルタルソースとくし型に切ったレモンを添えます。

白身魚のフィッシュケーキ
【 材料 10-12 個分
  • じゃがいも 2
  • 鱈の切り身 445 g
  • パセリ又は青ネギ(微塵切り) 大匙 2
  • 卵 3
  • 塩 小匙 ½
  • 黒胡椒 小匙 ½
  • パン粉 120 ml
  • 植物油 60 ml

タルタルソース

  • プレーンヨーグルト 60 ml
  • マヨネーズ(ビン詰のもの又は自家製) 80 ml
  • レモン汁 大匙 1
  • ディジョン マスタード 小匙 1

    Dijon Mustard: 酸味が強いフランス風のマスタード。黒いマスタード シードを原料にしている。サラダのドレッシングに加えられることが多い。

  • スウィート レリッシュ 大匙 1

    Sweet Relish : きゅうりのピクルスを微塵切りにしたもの。タルタルソースやポテトサラダに加えて使う。サラダ用に少し大きめに刻んだタイプのものの市販されている。

  • ケッパー 大匙 1
  • ウースターソース 小匙 1

    Worcestershire Sauce: アメリカのウースターソースは、日本のものと比べると濃度と甘味が少なく、香りが強く酸味がきいている。ソースとしてそのまま使うのではなく、料理の味付けに使うことが多い。Lea & Perrins (リーペリン)と呼ばれるイギリス産のソースが、日本で手に入るものととしては最も近い。

  • パセリ又はディル(微塵切り) 大匙 2
  • 塩 適宜 
  • 黒胡椒 適宜 
【 作り方 】
  1. じゃがいもと水を入れてゆでる。じゃがいもに半分程度火がとおったら、さらに鱈も同じ鍋に入れて火をとおす。
  2. 茹で上がったジャガイモは皮をむいてマッシュする。鱈は粗熱がとれたら、皮と骨をとりのぞいて身をほぐしておく。
  3. じゃがいもと鱈、卵、みじん切りにしたパセリ、塩、黒胡椒を加えてよく混ぜ合わせる。
  4. 3. にパン粉をまぶしながら、小判型に形成する。
  5. フライパンに油を入れて中火にかける。4. の両面に軽く焦げ目がつくように焼く。
  6. ソールを作る。ヨーグルト、マヨネーズ、ディジョンマスタード、ウースターソース、レモン汁、みじん切りにしたハーブ、ケッパーを混ぜ合わせる。塩と黒胡椒で味を調える。
Homemade Mayonnaise 自家製マヨネーズ
  • 植物油 235 ml
  • 卵黄 1
  • 卵 1
  • りんご酢 大匙 1
  • ディジョン マスタード 小匙 1

    Dijon Mustard: 酸味が強いフランス風のマスタード。黒いマスタード シードを原料にしている。サラダのドレッシングに加えられることが多い。

  • 塩 適宜 
【 作り方 】
  1. 全卵と卵黄、マスタード、りんご酢をボールに入れて軽く混ぜる。
  2. 植物油を大匙一杯程度加えながら、泡立て器で攪拌する。焼くまぜったら、さらに植物油を大匙一杯程度いれて、しっかりとまぜる。この作業を繰り返しながら、卵を乳化させ、全体が白っぽくとろみがつくようにする。
  3. 最後に塩で味を軽く調える。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です