40 アメリカ南部料理

Cornbread Casserole コーンブレッドキャセロール

玉ねぎやコーンなどの具材を豊富に使い、キャセロールディッシュで焼き上げる、コーンブレッドキャセロール (Cornbread Casserole) です。具材を入れない、シンプルなコーンブレッドと、焼き上がったコーンブレッドをブレッドプディング風に焼く、コーンブレッドスタッフィングとの、中間的な存在です。主食して食べられるコーンブレッドよりも、一つのサイドディッシュとして食べられるような位置づけです。加える具材は、自由にカスタマイズすることが可能なので、冷蔵庫に余っている野菜や、好みのものを使うことが出来ます。今回使ったのは、玉ねぎとピーマン、冷凍のコーンですが、トマトやブロッコリーやアスパラガス、炒めたひき肉やベーコンやハム、好みのチーズを加えてみてもいいでしょう。

最初に、加える野菜を準備します。玉ねぎ、ピーマン、イタリアンパセリなどのハーブをそれぞれ微塵切りにします。鷹の爪、青唐辛子は種をとって、微塵切りにします。チーズはグレイターで細かくしておきます。

粉類をボールに入れます。小麦粉、黄色いコーンミール、ベーキングパウダー、重曹、塩、パプリカ、黒胡椒、ガーリックパウダーをボールに入れます。

泡立て器などを使って、よく混ぜ合わせます。

具材を加えます。チーズ、ハーブ、青唐辛子、鷹の爪はトッピング用に少量残しておきます。

粉類と合わせます。

別のボールに、液体の材料を入れて混ぜ合わせます。卵、プレーンヨーグルト、牛乳を入れます。牛乳の代わりに、缶詰のクリームコーンを使うと、よりコーンの風味が強くなります。

粉類を混ぜ合わせたボールに、液体の材料を入れて、混ぜ合わせます。

最後に、溶かしたバターを加えます。

キャセロールディッシュには、溶かしバターを塗っておきます。

生地を流し入れて、表面を平にします。

トッピング用に残しておいた、チーズ、ハーブ、青唐辛子、鷹の爪を散らします。摂氏200度に温めておいたオーブンで、表面に軽く焦げ目がつくまで、30分程度焼きます。

Cornbread Casserole コーンブレッドキャセロール
準備時間 : 20分
加熱時間 :摂氏 200度のオーブンで 30分
難易度★☆☆
【 材料 9-inch (23 cm) スクエアベーキングディッシュ 】
コーンミール(黄) —————- 230 g
薄力粉 ———————————- 100 g
—- 又は 中力粉 ———————— 90 g
ベーキングパウダー ———— 小匙 1 ½
重曹 ————————————– 小匙 ¼
—————————————- 小匙 ½
黒胡椒 ———————————- 小匙 ¼
ガーリックパウダー ———— 小匙 ½
パプリカ —————————— 小匙 1
赤唐辛子 (鷹の爪) ————– 小匙 ½
玉ねぎ (中) ————————– ½ 個
ピーマン —————————— 3 個
ハラペーノ 又は 青唐辛子 (微塵切り) 大匙 1
ナチュラルチーズ (細かくしたもの) 60 g
コーン (缶詰 又は 冷凍) —– 150 g
—————————————- 3個
プレーンヨーグルト ———— 大匙 2
牛乳 ————————————– 200 ml
溶かしバター ———————— 大匙 4
フレッシュハーブ、イタリアンパセリ、香菜、青ネギなど(微塵切り) 大匙 3
【 作り方 】
オーブンを摂氏200度に温める。
焼型にバター(分量外)をぬっておく。
玉ねぎ、ピーマン、唐辛子、ハーブ、鷹の爪はそれぞれ微塵切りにしておく。
大きめのボールに、小麦粉、コーンミール、塩、ベーキングパウダー、重曹、パプリカ、ガーリックパウダー、黒胡椒を、よく混ぜ合わせておく。
玉ねぎ、ピーマン、コーン、チーズ、ハーブ、唐辛子、刻んだ鷹の爪を入れて、粉類とよく混ぜ合わせる。チーズと鷹の爪、唐辛子、ハーブは、少量をトッピング用に残しておく。
別のボールに、卵を割りいれ、ヨーグルトを混ぜあわせてから、 の粉類に加える。最後に溶かしバターと刻んだ青ねぎを加え、さっと混ぜる。
用意しておいた焼型に生地を流しいれる。残しておいた、チーズ、唐辛子、鷹の爪、ハーブを表面にちらす。25-30分程度、竹串に生地がくっつかなくなるまでオーブンで焼く。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。